記事詳細

転職活動でも企業研究は大切! 入社後のミスマッチを防ぐための企業研究の進め方とポイントとは?
転職ノウハウ
転職活動においても企業研究は大切です。事前に企業への理解を深めることで選考の通過率も変わってきます。 今回はミスマッチを減らし、納得度の高い転職活動を進められるように企業研究のポイントについてご紹介します。

目次

  • 企業研究は転職においてもやるべき
  • 企業研究ってどの程度までやればよい?
  • 企業研究の具体的な方法とは
  • 企業研究を転職で生かすポイント
  • まとめ  

企業研究は転職においてもやるべき

転職活動においても企業研究は不可欠です。企業研究の有無は採否に大きく影響するほか、入社後のミスマッチを防ぐためにも重要です。また、転職活動で企業研究を行った人とそうでない人では将来的な働き方やキャリアの満足度にも差がつくといえるでしょう。

採用担当者は応募者が自社や業界についてきちんと調べているかどうかも採否の判断基準にしています。準備不足のまま応募し「企業研究をしていない」「自社について興味がないだろう」と判断されてしまった場合、その企業に採用されることは難しいと考えてもよいでしょう。また、十分な企業研究をしないまま新たな転職先に入社できたとしても、働き始めてからミスマッチを感じて退職し、再び転職活動を始めるというケースも少なくありません。

とはいえ、転職希望者のなかには「大学生のときに就職活動で企業研究を行った」「新卒のときと同じ企業や業界を受けるから、企業研究を行う必要はない」と考える人もいるでしょう。就職活動と転職活動では企業研究における着目ポイントは異なるため、就職活動時に企業研究を行った人も、転職活動時に企業研究を改めて行うことをおすすめします。

転職活動を行う理由は人により異なりますが、現状より給与や待遇をよくすることのほか、キャリアアップさせることなどがあげられます。そのため、求人へ応募する際には、給与、待遇、勤務条件などを現職と比較検討する必要があります。 また、現職に感じている不満や改善したい点を整理し、転職先でも同じことがないかどうかも確認しておかなければなりません。

企業研究を行うことで、その企業の強みやほかの企業との違い、あるいは自身とのマッチ度などが明らかになります。転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも企業研究はしっかりと行うようにしましょう。

企業研究ってどの程度までやればよい?

転職活動をこれから始めようという人のなかには「企業研究はどの程度までやればよいか?」といった疑問を抱えている人もいるでしょう。結論をいうと、応募する企業や業界について深く理解できるようになるまで行う必要があります。

企業研究は、一般的に以下の目的で行います。企業研究を始める前の心構えとして、あらかじめその目的を明確にしておきましょう。

  • 自分が求めるものや希望に合う企業と出会うため
  • 選考における通過率をアップさせるため
  • 入社後のミスマッチをなくすため

  企業研究をきちんとした心構えで行うことによって、選考の際に有利に働くだけでなく、入社後のギャップを軽減することもできます。

転職活動において、企業研究を行うタイミングは3段階に分けられます。

  • 応募前
  • 選考中(面接を受ける前)
  • 内定後

  応募の際には、履歴書、職務経歴書に加えて志望動機の提出を求められることがほとんどです。そのため、応募する企業に関して全般的に理解していることが前提になります。応募前に行う企業研究では、応募先の状況と自分の希望にミスマッチがないかも忘れずに検討しましょう。 応募後に書類選考を通過し、面接を受ける前にも企業研究を行います。この段階では、応募時よりも企業や業界についてさらに深く調べ、面接に向けて準備する必要があります。企業の基本情報、事業内容だけでなく、ニューストピック、IR情報なども含めてより詳しく企業研究をしておくことで、面接時に話す内容に厚みが出るほか、面接官からの質問にも対応できるようになります。 また、事前に調べても分からないことをまとめておくと、面接の際にスムーズに質問ができます。

内定が出た後の、入社の意思決定の段階でも企業研究を行います。この段階では「業務内容にミスマッチはないか?」「福利厚生や給与は満足できるか?」といったことを中心に最終検討します。それまでにまとめた情報とともにネット上の口コミや転職サイトなどでの評判もあわせてチェックしておくとよいでしょう。ネット上には入社前に知っておくべきコメントのほかにもネガティブなコメントや主観的な意見も多いため、記載されている内容をうのみにしないことが大切です。気になる点があれば、採用担当者を通じて、実際に働いている社員との面談の場を改めて設定してもらうなど、自分自身でしっかりと確認し納得したうえで最終判断することをおすすめします。

企業研究の具体的な方法とは

限られた時間で効率的に企業研究を行う方法として3C分析がおすすめです。3C分析は「Company(自社)」「Competitor(競合)」「Customer(顧客)」の頭文字をとった言葉で、企業研究において有効な分析手法といわれています。

ここからは企業研究の方法について具体的に説明していきます。企業研究は正しい方法で行うことが成果を出すうえで重要になりますので参考にしてみてください。

情報を集めて企業を知る

応募する企業に関する情報を収集します。以下についてはチェックするようにしましょう。

  • 設立年月日
  • 社員数
  • 営業所の数
  • 勤務地
  • 売り上げ、利益
  • サービス・商品の内容
  • 社会に提供している価値

  企業研究ではコーポレートサイトをはじめとするWebサイト、「会社四季報」「会社四季報 業界地図」といった書籍、新聞を活用します。

コーポレートサイトでは、事業内容、企業理念、IR情報、ニュースリリースといったページをチェックしておくようにしましょう。また、転職活動の場合でも新卒採用ページを活用できます。新卒採用ページは大学生を対象にしているため、重要なことが分かりやすく説明されています。

「会社四季報」や「会社四季報 業界地図」は就職活動でもよく活用される書籍です。応募する企業に関連する情報を入手できるほか、応募先と競合他社との違いなどについても理解できるでしょう。書籍以外にも、各地方紙や経済新聞などもおすすめです。

また気になる企業をより詳しく知るために、会社説明会に参加する方法もあります。会社説明会に参加することで、求人の情報では見えにくい職場の雰囲気や社員の本音といった「現場のリアル」を知ることができます。今はオンラインで開催されているものが多く、在住エリアを問わず気軽に参加しやすいのが特徴です。キャリトレであなたが気になる企業の説明会の開催予定があるかチェックしてみましょう。

キャリトレで会社説明会を探すにはこちらから ※記事のページ遷移は、Webのみ可能です。

顧客・市場について知る

顧客や市場について調べる際は、以下について確認するようにしてください。

  • どのような企業や個人を顧客にしているのか
  • どの層を主なターゲットにしているのか
  • 顧客から選ばれている理由
  • 市場の規模はどれくらいあるか
  • 今後の市場の成長性はどれくらいか  

顧客については企業なのか個人なのか、あるいは両方であるのかを確認しておきます。個人が顧客の場合は、主な属性などについても把握しておくとよいでしょう。

また、数ある企業のなかで応募する企業が顧客から選ばれる理由について理解しておくことも重要です。

競合について調べる

競合他社について調べる際は、以下について確認するようにしてください。

  • 企業名(競合他社)
  • 応募する企業と競合他社の強みと弱み
  • 応募する企業と競合他社の違い

  どのような企業が応募する企業の競合なのかを知っておく必要があります。そのうえで、応募する企業と競合他社との違いなどについて分析しましょう。

企業研究を転職活動で生かすポイント

企業研究は「職種」「業界」「企業」の3つの観点から行います。応募する企業に限定して行うのではなく、その企業が属している業界や、自身が希望する職種全体についても調べます。業界全体の給与や働き方などを理解したうえで、応募する企業の待遇や勤務条件について確認しましょう。

せっかく時間を割いて企業研究を行っても、実際の転職活動で生かせなければ、行う意味がありません。 応募する企業の情報を入手したら、志望動機や将来の展望、あるいは希望する待遇にマッチしているかを判断していきます。転職条件を全て満たす企業に出会うことは簡単ではないですが、自身の希望と著しくかけ離れている場合は入社後にミスマッチを起こす可能性があるので再検討が必要です。

企業研究で得た情報をもとに検討し、選考に進むことを決めたら、企業研究で得た情報を志望動機や自己PRにつなげていきます。企業の特徴、競合他社との違い、自身と企業のマッチ度などを志望動機や自己PRにうまく含めていきましょう。

まとめ

転職活動における企業研究の方法について説明してきました。転職活動における企業研究は選考に大きく関わるだけでなく、自分に合った企業に出会うためにも重要です。

企業研究ではコーポレートサイトや「会社四季報」などを参考にするのが一般的ですが、ほかにもインターネット上の口コミを参照するとリアルな声を知ることができます。 企業研究を行っても解消されない疑問や、直接聞いてみたい内容は、面接などの選考過程で確認することも可能です。ただし、質問の仕方によっては企業研究を怠っているというイメージを抱かれる場合もあるので注意しましょう。

また、企業訪問や面接は時間に限りがあります。企業研究だけでは分からない、職場の雰囲気やリアルな情報を得る貴重なチャンスであるため、確認したい内容は事前にまとめておき、双方にとって有意義な時間にすることが、ミスマッチを防ぎ転職を成功させる鍵になります。

キャリトレでは、約10万件の求人が掲載されています(2021年6月現在)。実際に求人情報を見ながら、まずは興味を持った企業の情報収集や企業分析を始めてみてはいかがでしょうか。

キャリトレの掲載求人を確認するにはこちら ※記事のページ遷移は、Webのみ可能です。