記事詳細

面接での上手な転職理由の伝え方!【回答例付き】
転職ノウハウ
採用面接では必ずといってよいほど転職理由に関する質問をされます。面接でより良い印象を得るためにも、企業が転職理由を質問する意図をよく理解して明確に回答できるようにする必要があります。ここでは面接における転職理由の上手な伝え方とポイントを回答例とともに紹介します。

目次

  • 企業が面接で転職理由を質問する理由
  • 退職理由と転職理由の違いを知る
  • 転職理由をうまくまとめるポイント4点
  • 転職理由ごとの回答例
  • 転職理由を伝える際に押さえておきたいポイント
  • 転職理由をうまくまとめて「企業が求める」人物像になる

  

企業が面接で転職理由を質問する理由

中途採用の面接で、ほぼ必ず聞かれること。それが「転職理由」です。

「なぜ転職しようと思ったのですか」

志望動機と並んで、定番中の定番ともいえる質問ですが、そこにはもちろん意図があります。この問いを通して面接官は、2つの重要なポイントを見定めようとしているのです。その重要なポイントとは「入社後すぐに辞めてしまわないか」「入社後に活躍してくれる人物か」という2点です。

入社後にすぐに辞めてしまわないか見極めるため

企業は採用活動に手間も時間もコストもかけています。せっかく採用してもすぐに辞められてしまっては大きな痛手。当然、面接の段階から、長く働いてもらえそうかチェックします。その際の判断材料が転職理由というわけです。

もし応募者が「コミュニケーションが苦手で、現在の職場になじめなくて…」と答えたら、面接官はどう感じるでしょうか。入社後にまた同じ状況に直面し、同じ理由で辞めてしまうんじゃないかと身構えることは容易に想像できます。

また、転職回数が多い場合や、短期間で退職したことのある応募者は特に、入社後すぐに辞めるのではないかと思われやすいでしょう。過去の転職理由についても、安心材料を織り込みつつ話す必要があります。

入社後に活躍してくれる人物か見極めるため

企業側はあくまで、事業成長、売り上げ最大化に向けて、入社後早期に自社で活躍してくれる人材を迎え入れたいと考えています。企業理念や文化、社風、スキルなどのミスマッチによる早期退職だけでなく、入社後の現場への定着の遅れは、即戦力を求める職場ではリスクともなりえます。 想定よりも、活躍までに時間や育成コストがかかってしまうことも避けたいため、入社前に、どれくらいの能力があり、どれくらいで活躍してもらえそうな人なのかも見極める必要があります。

退職理由と転職理由の違いを知る

退職理由とは、「今の会社を辞めたい理由」、もしくは「前職の会社を辞めた理由」を指します。例えば、給与が低い、人間関係が良くない、やりたい仕事ができないなど、何かしらの不満に根ざしたケースが多いでしょう。

一方の転職理由とは、「別の会社で働きたい理由」を指します。つまり、転職理由について尋ねるとき面接官は、辞める理由だけを知りたいわけではありません。今の会社で感じている不満をどのように解消し、そのうえでどんなキャリアを実現したいかまで聞いているのです。問われているのは、今後どうなりたいかというポジティブかつ建設的な姿勢です。

そのため、転職理由を聞かれたときに退職理由ばかりを語るのは得策ではありません。できるだけポジティブな印象を残せるよう、「今後どうなりたいか」にまでを視野に入れた「転職理由」を話すようにしましょう。

転職理由をうまくまとめるポイント4点

面接時にどんな転職理由を口にするかはとても重要です。面接官もそこを詳しく掘り下げたいと考えていますから、その場のウソやごまかしは通用しません。しっかりと論理立てて説明できるよう、入念に準備しておきましょう。

基本的には、正直に事実を話すことです。ただ、ネガティブな印象を与えがちな退職理由については、どうポジティブな表現に変換するかがカギになります。ありのままストレートに伝えた結果、面接官の心象を悪くする。そんなもったいない事態は避けたいところです。ここからは4つのポイントに分けて、転職理由のまとめ方について解説します。

1. 退職したいと思った理由を書き出す

退職理由にはどうしても、ネガティブな面があるものです。ひとつずつ書き出す作業はゆううつかもしれません。それでも、自分自身ですらうまく言語化できていないホンネを、より深く知るチャンスでもあります。思いつくだけ書き出してみましょう。

「長時間残業を強いられて、自分の時間が持てない」などのケースなら、会社側に問題があるといえるでしょう。一方、「スキル不足により成果を上げられず、社内に居場所がない」といったケースは、自分にも問題があるかもしれません。まずはそれらを客観的な視点で棚卸ししていきましょう。

書き出していくうちに、自分の仕事観やキャリアビジョンが整理されていきます。どんな点に不満を感じているのか、働くうえで何が大切なのか、意外な気づきが得られるかもしれません。

2. 書き出した内容をポジティブな表現に言い換える

書き出した退職理由のリストを改めて見返してみてください。会社に対する不満や愚痴といったネガティブなものの場合、そのまま面接官へ伝えても当然良い印象は得られません。ここから、ポジティブな表現に言い換えていきます。事実としては同じ内容でも、表現ひとつで印象は大きく変わります。

退職理由についてよく言われるのは、「減点方式」で見られているという点です。誰がどんな退職理由を話そうとも、評価がプラスになることはない。いかにマイナスを抑えられるかにかかっている、という考え方です。

退職の背景に、今の会社に対する不満が多かれ少なかれある以上、どうしてもネガティブな印象をともなうのは仕方のないこと。志望動機が「加点方式」であることとは対照的です。だからこそ、この「減点」をできるだけ回避するには、ポジティブな言い回しがとても重要なのです。具体的には――

  • 不満に感じていることを解消するため、努力を講じたこと
  • それにもかかわらず、状況を改善するのが困難だったこと
  • 自分が望むキャリアを実現するには、もはや環境を変えるほかないこと   

これらの点を盛り込むと、転職の必然性が面接官の目から見てもくっきりと浮かび上がり、退職理由について回るネガティブな印象は軽減されるでしょう。

3. 転職後にどのようになりたいかを考える

すでに述べた通り、退職理由のネガティブな面ばかりを話すのは得策ではありません。「転職後にどのようになりたいか」もセットにして、面接官に伝える必要があります。転職は、今後のキャリアプランをかなえるために行うものですから、自然と未来を見据えたポジティブな話へ展開できます。

その際、「どうなりたいか」の部分に、「その会社にどう貢献するか」が織り込まれているのが望ましいでしょう。

4. 退職理由と志望動機をつなげる

仕上げとして意識したいのは、退職理由と志望動機に一貫性を持たせることです。「不満を解消し、自分が望むキャリアを実現できる場所=応募企業」という図式を意識してみるとよいでしょう。

また、志望動機を作成する際はこちらの記事も参考にしてみてください。

■志望動機に記載すべき大事なポイント ※記事のページ遷移は、Webのみ可能です。

転職理由ごとの回答例

ここでは実際に、転職理由を聞かれたときの回答例を紹介します。ネガティブな要素のある退職理由をどうポジティブに言い換えればよいか、参考にしてみてください。

【退職理由1】希望職種へのキャリアチェンジができない

「現在、ハウスメーカーで住宅営業を担当しています。営業所では、モデルハウスへの来場キャンペーンやSNSを活用した集客施策を兼任し、マーケティングの面白さや奥深さに魅了されました。もっと専門的なスキルを身につけたいという思いから、独学でマーケティングを学びつつ、販売促進部への異動希望を3年連続で提出し続けました。その間、営業成績はトップクラスでした。ただ、販売促進部では人員削減を進めていたため、異動することはかなわず、転職することを決意しました」

【退職理由2】給与が低い

「営業としてのやりがいのひとつが、成果を適正に評価してもらうことだと思います。その点、今の会社は年功序列の給与体系のため、どんなに営業成績が良くてもほとんど報酬に反映してもらえません。いざ自分がトップセールスになったとき、モチベーションを保つのが難しいと痛感しました。実力主義の世界で勝負したいという思いから、転職を選びました」

【退職理由3】残業時間が⾧い

「繁忙期になると、月70時間以上の残業が半年近く続きます。実務を通して得られる学びはとてもありがたいのですが、資格の勉強など自己研鑽に充てる時間はありませんでした。状況を改善するため、業務の効率化にも取り組みました。その努力が実り、一時的に残業時間を半分ほどに抑えられましたが、すぐに上司から新たな業務を任され、また元の状態に戻ってしまいました。メリハリのある働き方を実現するため、転職を決意しました」

【退職理由4】仕事と育児の両立が難しい

「SEの仕事にやりがいを感じています。ただ、今の会社では原則、SEはお客様先での常駐勤務となり、自分の希望で休みを取りづらい状況です。将来の結婚や出産を考えると、現状のまま長く働くのは難しいと感じています。そこで将来を見据えて、キャリアと育児を両立できる環境に身を置こうと考え、転職することに決めました」

転職理由を伝える際に押さえておきたいポイント

・ウソは言わないようにする

ウソを織り交ぜると、どこかでつじつまが合わなくなります。急に質問されたとき言葉に詰まったり、とっさに答えた内容に不自然な点が出てきたりします。また、面接官もたくさんの応募者の話を聞いているため、ウソには敏感です。あくまで事実を、ポジティブな表現で伝えましょう。

・伝えない内容を決めておく

最初に書き出した「退職したいと思った理由」のすべてを伝える必要はありません。そのうちのいくつかは、応募先企業で解決できない可能性があるからです。また、不平不満だらけの人物と思われるリスクもあります。あくまで、転職理由の柱になる要素に絞って話すのが賢明でしょう。

・できるだけ具体的な説明をする

例えば、「残業がとても多い」ではなく「月70時間以上の残業」と言ったほうが、大変さがイメージできるので、より共感を得ることができます。具体的な数字や固有名詞を交えて話すようにしましょう。

・根拠となる理由やエピソードを添える

応募者が話す内容は基本的に、本人視点のものです。その信頼性を、面接官は確認しようがありません。それでも、根拠となる理由について筋道を立てて説明し、エピソードを交えることで断然、「説得力」が増します。

・不満や愚痴だけの説明にならないようにする

転職する必然性を証明しようとするあまり、不満や愚痴を過度に強調してしまうと逆効果です。何か思い通りにいかないとすぐ環境のせいにする、「他責思考」の人物と受け止められかねません。必要最低限にとどめておきましょう。

転職理由をうまくまとめて「企業が求める」人物像になる

転職理由を伝える場面では、「すぐ辞めてしまわないか」「入社後に活躍してくれそうか」などをチェックされるため、どう伝えるかが重要です。退職理由について回るネガティブな印象を、いかにポジティブな表現に言い換えるかがカギになります。

また、具体例やエピソードを交えることで、リアリティーの欠ける「よくありがちな転職理由」との差別化も意識するとよいでしょう。転職理由をうまく伝えることは、企業側が求める人物像に近づくこと。転職活動を有利に進め、目指すキャリアを実現しましょう。