記事詳細

20代の転職事情からみる、その特徴とベストな転職のタイミング
転職関連情報
転職が当たり前になりつつあるものの、どのタイミングで転職すればよいのか迷い焦っている人も多いはず。今回は20代の転職における事情と特徴から転職のタイミングを考えていきます。

目次

  • 20代の転職の特徴とポイント
  • 20代で転職するメリット
  • 20代における転職のタイミングの考え方
  • 20代の転職で求められるスキルと経験
  • まとめ   

20代の転職の特徴とポイント

一般に年齢を重ねるほど、転職の難度は上がります。その点、20代の転職は比較的ハードルが低く、選択肢も豊富です。厚生労働省の調査「新規学卒就職者の離職状況」によると、大卒の約3割が3年以内に離職しており、20代の転職はより一般的なものになりつつあります。

企業側においても、新卒採用の激化にともない、第二新卒を中心とした中途採用に活路を見いだそうという動きがみられます。また、少子高齢化によって慢性的な人手不足が続いている業界も少なくありません。

本記事では、そんな20代の転職に着目し、どんなメリットがあるのか、どんなタイミングが適切かについて解説します。

20代で転職するメリット

20代の転職に関して、最大のメリットは「多様な選択肢がある」ことです。即戦力としてそのまま現在のキャリアを生かす道もあれば、業種も職種も異なる全く別の道も選べます。幅広い選択肢を持てるのが20代の転職です。求人数も30代以降に比べて多く、自分に合った仕事や会社を見つけやすいでしょう。

特に、キャリアチェンジという選択をするなら、圧倒的に20代のうちが有利です。30代以降の転職では即戦力採用が中心となるからです。

また、長い仕事人生において、20代はまだ序盤戦にすぎません。失敗をおそれず自由に挑戦できるのも、この時期に転職するメリット。仮に会社選びに失敗したとしても、まだいくらでも挽回のチャンスはあります。 ただし、20代の転職にはデメリットもあります。目指すキャリアと現在地との間にスキルや経験などにおいて大きな乖離があると、転職を成功させるのは難しいでしょう。その場合、20代のうちは必要なスキルを磨くことに専念するという考え方も有効です。

20代における転職のタイミングの考え方

20代の時期は、文字通り「あっという間」に過ぎていきます。「気づいたらベストな転職タイミングを逃していた…」と後悔しないよう、戦略的に取り組む必要があります。では、どんなタイミングで転職するのが良いのでしょうか。

業界や職種、目指すキャリアの方向性によって異なりますが、ここでは勤務年数や年齢を基準に、一般的な転職事情について解説します。20代の転職タイミングは、大きく3つに分けられるでしょう。

1. キャリアチェンジしやすい「第二新卒」

一般的に新卒入社1~3年目までに転職する方を第二新卒と呼び、近年はこの時期における転職が増加傾向にあります。一昔前までは、1社目の会社を早期に辞めて新たなキャリアを築くことに対して、「こらえ性がない」「どうせまたすぐに辞める」などネガティブな印象を持たれがちでした。それが今では、企業との相性などから、やむを得ない事情もあるものと理解を示してもらえるケースが増えつつあります。

第二新卒の転職ではポテンシャルが重視される傾向があります。たとえスキルや経験が不足していても、今後の伸びしろに期待してもらえます。また、前職の風土にまだ染まりきっておらず、新たな環境に適応する素直さや柔軟さを備えていることも、企業側からするとプラスのポイントに。さらに、ビジネスマナーや社会人としての一般常識があるため、ある程度のサポートがあれば自走できる点も好材料。現在の業種や職種とは異なる求人に応募するなら、このタイミングが良いでしょう。

2. キャリアアップが狙える「社会人4~5年目」

担当業務に習熟し、コミュニケーション力や問題解決力など仕事全般に共通する汎用的なスキルが向上。さらにその業界や職種に関する専門スキルも獲得。社会人4~5年目は、上司のサポートがなくてもひとりでプロジェクトを推進するなど、一人前のビジネスパーソンとして自信を深める時期でもあります。

即戦力としての活躍が期待できるうえ、まだまだ伸びしろもあるため、転職市場における評価も高い傾向にあります。そのため、前職のスキルを生かしてキャリアアップするには格好のタイミングといえるでしょう。

3. 節目を控えた「28~29歳」

30歳はビジネスパーソンとしても節目の年齢。ただの数字とはいえ、やはり20代と30代では企業側の見る目も変わるもの。中堅の手前、ぎりぎり「若手」として扱われる年齢が28~29歳ではないでしょうか。そのため、キャリアチェンジなど思いきった挑戦に踏み切れる「ラストチャンス」と捉える方も多いでしょう。

また、専門性の高さや担当者としての実績だけで十分にキャリアアップを狙える点も、28~29歳の利点です。30代の転職のように、マネジメント経験まで問われるケースはそこまで多くありません。裏を返せば、この年齢ですでにマネジメント経験を積んでいるようなら、大きなアピールポイントになるでしょう。

20代の転職で求められるスキルと経験

20代の転職ではポテンシャル重視の傾向があるとはいえ、面接で見られるポイントは新卒採用と大きく異なります。数年の社会人経験を通して得たスキルや経験が問われるのです。そのスキルや経験が具体的に何を指すのか説明します。

20代前半の転職で求められるスキル・経験

20代前半は一番転職しやすい時期です。特に新卒1~3年目の「第二新卒」と呼ばれる期間は求人数が多く、業種や職種を超えて挑戦しやすいです。 20代前半の転職で重視されるスキルや経験は以下の3つです。

  • ポテンシャル
  • 仕事へのスタンス
  • ポータブルスキル それぞれ詳しく紹介します。

ポテンシャル

主に潜在能力を指します。具体的には基礎学力や素養、職務遂行能力といった、基礎的な能力です。ポテンシャルは筆記試験や学歴などから判断されることが多いです。

仕事へのスタンス

仕事に対する価値観や考え方です。向上心が強いか、能動的に行動できるかなどが評価されます。仕事へのスタンスは主に職務経歴書や面接での受け答えで判断されます。

ポータブルスキル

業界問わず生かせる仕事の強みです。具体的には、コミュニケーション能力や論理的思考など、汎用性が高いスキルが該当します。 こういった能力はさまざまな分野で活躍するのはもちろん、専門スキルを身に付ける際にも役立つことが多いため、若いうちから積極的に磨いておきましょう。

20代後半の転職で求められるスキル・経験

20代後半も前半と同じく「ポテンシャル」「仕事へのスタンス」「ポータブルスキル」など今後の伸びしろが重視されます。

ただ、それだけでは未経験の転職は難しい場合が多いです。なぜなら、一から教育が必要な人材を採用するなら、なるべく若い20代前半から選んだほうが良いからです。 20代後半で転職するなら、今後の伸びしろに加えて、より具体的なスキルや経験をアピールしなければいけません。そのためには「テクニカルスキル」が重要です。

テクニカルスキル

テクニカルスキルは、業務を進めるうえで必要な専門スキルです。例えば以下のような能力を指します。

  • 接客業…商品知識、観察力、接客技術など

  • 事務職…パソコンスキル、事務処理能力、資料作成力など

  • IT系…プログラミング言語の知識、プログラムの設計力など 20代後半では上記のような即戦力として活躍できるスキルがあると有利です。そのため、職種は固定し、業界のみを変えての転職活動をすると成功しやすくなるでしょう。

まとめ

一口に20代の転職といっても、業種や職種によって難度は異なります。とはいえ全体として、転職市場において20代の求職者が有利であることに変わりはありません。特に、未経験の業種・職種にキャリアチェンジする場合、ポテンシャル重視の採用が行われる20代前半のうちが、転職するベストなタイミングといえるでしょう。また、キャリアアップを目指すなら、社会人4~5年目が理想的です。

いずれにしろ、20代前半と後半では必要とされるスキル・経験が異なり、年齢とともに次第に変化していきます。まずは自分のキャリアビジョンを明確にしてみることから始めてみましょう。

また、20代で未経験キャリアチェンジを考えている方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

■20代で未経験転職は可能? オススメの職種や注意点を解説 ※記事のページ遷移は、Webのみ可能です。