記事詳細

職場に嫌いな人や苦手な人がいる…対処法や解決法は?
転職関連情報
職場に嫌いな人や苦手な人がいる場合、どうすればよいのでしょうか。職場の人間関係は厄介で、頭を抱えている人も多いでしょう。今回は、嫌いな人や苦手な人の対処法や解決法をご紹介します。また、人間関係によって異動や転職を考えたほうがよいパターンについても解説します。人間関係に悩んでいるのであれば対処法や解決法を確認し、改善できるか試してみましょう。

目次

  • 職場に嫌いな人や苦手な人がいる場合
  • 職場の嫌いな人や苦手な人への対処法
  • 転職や異動を考えたほうがよい場合
  • まとめ

職場に嫌いな人や苦手な人がいる場合

職場に嫌いな人や苦手な人はいませんか? もしそのような人がいても、職場には行かなければなりません。顔も見たくないと思っても、行かなければ仕事はできません。場合によってはコミュニケーションを取りながら仕事をしなければならないかもしれません。学校や友人関係と異なり、仕事では相手を選べませんので、人間関係にストレスを感じることもあるでしょう。状況によっては、異動や転職などにより環境を変えなければならないこともあるかもしれません。

職場の嫌いな人や苦手な人への対処法

どんな人でも、嫌いな人や苦手な人は存在するものです。どのように対処すればよいのか、4つの方法をご紹介します。

適切な距離感をつかむ

仕事に必要な距離を保つよう心がけましょう。「仲良くしなければいけない」という意識が働いているかもしれません。しかし、仲良くなれたほうがいいと無理に思う必要はありません。仕事をするのに必要な最低限の距離で接することで、スムーズに仕事ができればよいのです。会社は、多くの人が集まって仕事をする場所ですので、さまざまなタイプの人がいます。必ずしも仲良くなる必要はありませんし、なかには苦手と感じられるような人がいることは自然なことといえるでしょう。

それぞれが、何かしらの我慢をしながら仕事を行う場所が会社であると考え、スムーズに進められる距離感をつかみ、自分への被害を最小限にして快適に過ごせるようにしましょう。苦手な相手にはビジネスライクに接し、あまり深入りをしないことを心がけ、最低限のマナーを守り、仕事の話は割り切って話してみましょう。

苦手と思い込んでいないか確認する

「この人、苦手…」と感じてしまうと、避けたくなってしまうものです。しかし、いつも大声で話す上司や、キツい言い方をしてくる同僚などを苦手と思っているのは、あなたの勝手な苦手意識からきているかもしれません。

たとえば、いつも大声で話す上司は、裏を返せば部下への指導に熱意を持っていると考えることもできます。また、冷静に考えれば自分以外の人にも大声で話しているため、別に怒っているわけではなく、「コミュニケーションとしてこういうスタイルなのだ」と考えることもできるでしょう。

キツい言い方をしてくる同僚も、端的かつ的確に仕事について話してくれる人と捉えることもできます。言葉が多く結局何を言いたいのか分からない人よりも、シンプルで無駄がなく、考え方によっては仕事が的確に進むことがあるかもしれません。

自身の味方を増やす

たとえ、一人もしくは二人、苦手と感じる人がいたとしても、他の大勢が自分の味方であれば気にならなくなる可能性もあります。自分の仕事を認めてくれて、何か困ったときに助けてくれる人を増やすことで、苦手な人の存在が薄らいでいきます。

味方を増やすためには、あいさつやコミュニケーションを取ることが大切です。何か困っているように見える人がいたら手を差し伸べてみる、自分の作成した資料が役立ちそうであれば提供する、取引先の情報を共有するなど、「与えられる人」になりましょう。同僚から「いつも助けてくれる人」「チームに貢献している人」と感じてもらえれば、何かあったときでもきっとあなたの味方になってくれるでしょう。

目的にこだわる

本当の意味で仕事ができる人というのは、どんな人とでも業務を遂行し、達成できる人です。苦手な人がいることにこだわり、仕事に集中できないのであれば、仕事内容も中途半端になってしまうかもしれません。そうなれば、上司や同僚からの目もあまりよいものとならないでしょう。

何のために職場に来ているかといえば、仕事をするためです。仕事の本来の目的を意識し、目標を達成しましょう。そのために何をしなければならないのかを考えれば、感情に振り回されることなく業務に集中していくことで、人間関係のトラブルも感じにくくなるでしょう。

もちろん、仕事上コミュニケーションを取らなければならないこともありますが、業務を進めるうえでの最小限のコミュニケーションに留めることも重要です。

転職や異動を考えたほうがよい場合

どうしても嫌いな人や苦手な人とは仕事ができない、これ以上この人間関係の職場で仕事ができないなどの理由で、転職や異動願の提出を考えることもあるかもしれません。 転職や異動願の提出は、どのようなパターンのときに考えたほうがよいのでしょうか。

体調不良になる

人間関係のトラブルから、体調不良になるようであれば、転職や異動を考えたほうがよいでしょう。毎日、職場に行くと思うと胃が痛くなるなど、過度のストレスがかかっているようでは、長く仕事をしていくことは難しくなります。

また、体調不良はメンタル面の不調からくることもます。苦手な人に、またいつ嫌なことを言われるかと考えると憂鬱になってしまう、いつもビクビクしながら仕事をしているなどの精神状態は、病気の原因になる恐れもあるでしょう。我慢し続けて病気になってしまえば、休職や退職をしなければならない状態まで進んでしまうこともあります。

このままでは病気になってしまうかも、と思われるほど人間関係にストレスを感じるのであれば、転職や異動願の提出を検討するとよいでしょう。

ハラスメントを受けている

ハラスメントを受けている場合には、会社の人事部やハラスメント相談窓口に相談しましょう。周りに相談することで、パワハラを行っている本人が自らの行為に気づく場合もあります。また会社としても改善に向けた対応をしてくれるでしょう。パワハラをする人が部署からいなくなることもありますが、自らの行為を反省し改め、同じ部署で働き続ける可能性もあります。改善したとはいえ、一緒に働いていることが憂鬱であるという場合は、他の部署への移動願を提出することを考えても良いでしょう。従業員の人数が少なく異動などの人の動きもあまりなく改善が見込めないという場合は、思い切って転職をすることで人間関係がリセットでき、仕事に集中できる環境を作れるかもしれません。

人間関係を理由に転職する際のポイントはこちら

※記事のページ遷移は、Webのみ可能です。

まとめ

職場での人間関係についてご紹介しました。職場に嫌いな人や苦手な人がいるという場合もあるでしょう。職場の人間関係に何一つ不満がない、という人のほうが珍しいかもしれません。

職場は仕事をする場です。嫌いな人や苦手な人と無理に仲良くなる必要はないと、まずは肩の力を抜きましょう。年代もバックグラウンドも異なるさまざまな人がいる場だと考え、たとえ苦手と感じても、仕事に必要な最低限のコミュニケーションを取りながら適切な距離感をつかむよう心がけてみてください。

しかし、悩みの原因となり得る人間関係がハラスメントに当たるような内容であれば、人事部に相談するなどアクションを起こす必要があります。体調やメンタル面に悪い影響を与えるレベルであれば、異動願を出すことや、場合によっては転職を検討したほうがよいこともあるでしょう。

▼この記事を読んだ方にオススメの記事

転職での自己分析のやり方とポイント。転職する? しない?社会に出て変化した自分の価値観を踏まえて考えよう

初めて転職する方におすすめ!転職の流れを徹底解説