© キャリトレブログ All rights reserved.

転職インタビュー: 最初にレコメンドされたのは、驚くほどピッタリの求人情報でした

プロフィール

上野 智さん(28歳)

 大学4年生から、先輩に紹介してもらった編集プロダクションでアシスタントを始める。卒業後は、同プロダクションでキャリアをスタート。株やFXなどマネー、ビジネスに関する記事を中心にライティングの経験を積む。現在は株式会社カカクコムで編集・ライターの仕事に携わる。

20代最後の3年間は、新たな経験を

 もともとは出版社で働きたいという希望があり、編集プロダクションでライターをしていました。一応、転職サイトには登録して「いい求人があったら転職したいなぁ」とは思いつつも日々の仕事の忙しさを言い訳になかなか転職活動には踏み切れませんでした。入社から5年がたち、27歳になったとき、「20代最後の3年間では、新たな経験を積みたい」と考えるようになりました。

 転職活動を開始するにあたって、さらに追加でさまざまな転職サイトに登録。もともと編集プロダクションの仕事で転職やビジネスに関する企画記事を書いていたので、転職活動に関する基礎知識があったのは幸いでした。転職活動を成功させるには、職務経歴書をしっかりと書き、こまめにブラッシュアップして、いろいろな転職サイトで、出版やWeb業界の「編集」や「ライター」というキーワードを検索。求人票を見るのは苦ではなかったので、調べて気になる会社には月1~2社程度積極的に応募しました。

求めていたWeb業界の編集の仕事がレコメンドで届いた!

 転職活動中に、「キャリアトレック」とは出合いました。あまりガツガツと応募と転職をすすめるサービスは好きではないのですが、ひとまずキャリアトレックがどんなサイトなのか、試しに登録してみたんです。すると、最初にキャリアトレックからレコメンドされた求人情報が、現在の株式会社カカクコム。自分の希望していた『編集の仕事かつWeb企業』で、加えて今まで自分が書いていた金融の知識も役立てる点までマッチングしてくれたのです。内容を見て、「え! こんなのがあったんだ!」と驚きましたね。求人はそれなりの数を見ていましたが、事業会社にライターの仕事があると思っていなかったですし、自力では見つけられなかったのです。

 とりあえず「お気に入り」に入れて、即応募。後日、面接では、「記事を書けて、編集ができる人、そのなかでも雑誌での経験があり、硬い内容になりがちなマネーの話題をかみ砕いて伝えられる人が欲しい」と言われ、自信を持って受け答えができたことを覚えています。初回の面接中に「次の面接に進んでいただきます」と言われ、スピードが速いことに、驚く半面あまりにもとんとん拍子だったので少し怖い感じもしました(笑)。最終面接を終え、応募から2週間程度で内定をいただきました。こんなに早く、そしてこれほど希望とマッチした会社に出合えるとは想像もしていませんでした。

 他にもキャリアトレックでレコメンドされた出版社やWebメディアの運営会社に応募していましたが、レコメンドされる求人は、どれも自分にとって興味がわくものばかり。自分に合わないと思う求人は、ほとんどありませんでしたね。

 カカクコムには、2014年4月に入社。他にも中途入社者がいて、同期ができたのはうれしかったです。編集プロダクションで働いていたときには同期はおろか年の近い社員もいなかったので。今は前職の知識を生かしながら、コンテンツの企画や編集、ライティングをしています。カカクコムに入社してからは、Webの知識が増えたことはもちろん、各チャンネルからの流入や売り上げを社員が共有しているので、KPIを気にするようにもなりました。自分が作ったものに対する結果や効果がわかるようになり、これまでの業務だけでは経験できなかったビジネスの感覚が身についてきたと思います。

転職を考えている人へのメッセージ

 今の時代、いつ状況が変わるか読みきれませんし、終身雇用も幻想だと思っています。むしろ、自分を商品だと思って、市場に出し、自分の価値を試してみたほうがよいと思うのです。自分の実力がはっきり出てしまうので怖いと感じる人もいるかもしれませんが、僕は自分を市場に出すことに抵抗はありません。自分自身のパフォーマンスを一番出せる場所や、どういう仕事をやっていきたいかを考えてキャリアを築きたいと思っています。変わることを恐れない方が働くことの選択肢が増えるような気がするので、ひとまず僕の直近の目標は、紙でもWebでも媒体を問わず編集・ライティングができる人材になることです。

 今回の転職は、自分がやりたいこと、できること、会社から求められることがうまく重なったと思います。この3種類のマッチングが上手くいけばいい形で転職ができると思っています。正直、自分が専門的にやってきたマネーの知識が社会でここまで求められているとは思いませんでした。それをうまく察知して、仕事をレコメンドしてくれるのがキャリアトレック。だから、キャリアトレックの職務経歴書には、自分の経歴を細かく書くことをおすすめします。意外と自分が長所と思っていないところを企業は見てくれている可能性は十分あります。タグ付けされ、驚くほどマッチした求人情報がレコメンドされるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Google Chromeで閲覧中ページのシェア数を簡単に確認できます![日刊キャリアトレック公式Chrome拡張]

日刊キャリアトレック からChrome拡張機能が公開されました。 閲覧中ページのシェア数を表示したり、ソーシャルボタンを置いていないペ…

転職インタビュー:登録のきっかけは、部下に市場価値を知ってもらうため。自分の転職はまったく考えていなかったものの、スカウトメールが届いて……

プロフィール 佐久間さん(27歳)  大阪府出身。IT企業に入社し、営業職を経験後、コールセンターの部署に異動。4年後、同部署の…

【PCサイト新機能】マイページをリニューアルしました!

20代のためのレコメンド型転職サイト「careertrek」(キャリアトレック)がマイページをリニューアルしました。 今回はこの、新しくな…

転職インタビュー:30代半ばで5度目の転職――。自分の強みと企業を選ぶ軸を明確に持ったことが功を奏し、理想の会社と出合う

プロフィール 大野さん(仮名)、35歳  大分県出身。岡山大学卒業後、岡山県の小売業でデータベースマーケティングを担当。5年間の…

書類通過率が上がる!職務経歴書の書き方〜営業系〜

転職活動に必要な職務経歴書。 具体的に何を書けばいいのか分からず悩んでいる方も多いはず。 (筆者も転職時に「職務経歴書 書き方」で検索し…

ページ上部へ戻る