ユナイテッド株式会社

  • 企業情報

企業概要

ビジョン:「日本を代表するインターネット企業になる」
ミッション:「挑戦の連続により新しい価値を生み出し、社会に貢献する」

インターネットは既にビジネスや生活に欠かせない社会基盤として定着し、スマートフォンの普及やソーシャルメディアが活性化する今、新たな成長段階を迎えています。

当社は、この変革期を事業拡大の好機と捉え、スマートフォン向け広告をはじめ、コンテンツ、ソリューションの提供を通じて、世界のインターネットの、インターネット上におけるアクティビティの起点となることを目指しています。

当社の事業拡大に向け、”インターネットの未来”を共に創造していく志ある方を募集いたします。

会社名 ユナイテッド株式会社
設立 1998年 2月
代表者 代表取締役社長COO 金子 陽三
業種
  • WEB・インターネットサービス
募集職種
  • 法務・コンプライアンス
  • システムエンジニア(SE)
  • プログラマー(PG)・コーダー
資本金 2,922,000,000円
従業員数 300人~1,000人未満
特徴
  • ベンチャー企業
  • 上場企業
  • 女性が活躍
  • グローバル展開中
事業内容

成長著しいIT業界の中でも、最も成長性の高いスマートフォン領域で、最新のアドテクノロジーで広告の概念を変える「スマートフォン広告事業」と、生活を豊かにするアプリ開発を行う「スマートフォンメディア事業」を展開しています。

・スマートフォン広告事業
インターネット広告の中でも、最先端の手法と言われているRTB広告。スマートフォン特化型のRTB広告プラットフォームを業界に先駆けて開始したことにより、現在では国内最大級のサービスと成長し、スマートフォンRTB広告市場においてリーディングポジションを獲得しています。

・スマートフォンメディア事業
スマートフォンのきせかえアプリ『CocoPPa』は、世界3,500万ダウンロード(2015年1月末日時点)を突破し、日本発のアプリでは珍しい、海外比率が85%といった特徴を備えています。『CocoPPa』にとどまらず、世界中の人々の生活を豊かにしたり、驚きを与えるようなスマートフォンサービスを今後も展開していきます。

本社所在地 〒150-0002
東京都 東京都渋谷区渋谷1丁目2番5号 MFPR渋谷ビル 9F受付
沿革
2012年
12月:モーションビート株式会社と株式会社スパイアが合併し、ユナイテッド株式会社に商号変更(存続会社:モーションビート株式会社)

2013年
6月:フォッグ株式会社を子会社として設立

2014年
3月:きせかえアバターアプリ「CocoPPa Play」リリース

2015年
4月:トレイス株式会社を新設分割
5月:株式会社ヒッポスラボを子会社化
7月:ネイティブソーシャルゲーム「クラッシュフィーバー」リリース(投資先であるワンダープラネット株式会社との共同事業)

2016年
2月:キラメックス株式会社、株式会社Smarpriseを子会社化
9月:ゴロー株式会社を子会社化

代表者紹介

金子 陽三

金子 陽三代表取締役社長COO

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、リーマン・ブラザーズ証券会社投資銀行本部にて金融機関の資金調達や事業法人のM&Aに従事。
その後、米国シリコンバレーのVCドレーパー・フィッシャー・ジャーベットソンを経て、2002年、インキュベーション・オフィスを運営する株式会社アップステアーズを設立し代表取締役に就任。
2004年に同社をネットエイジキャピタルパートナーズ株式会社(現ユナイテッド株式会社)へ売却。
2007年、モーションビート株式会社(現ユナイテッド株式会社)取締役兼執行役COO兼投資事業本部長に就任。
2009年2月より当社代表執行役社長を経て、2012年12月、スパイアと合併し、
ユナイテッド株式会社代表取締役社長COOに就任(現任)。

ユナイテッド株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ