株式会社フィードフォース

  • 企業情報

企業概要

「働く」を豊かにする。~B2B SaaS領域でイノベーションを起こし続ける~

私たちは、過去10年にわたってマーケティングや広告領域で消費者と企業をつなぐソリューションやサービスを提供してきました。
データフィードやソーシャルログインの分野で多くの実績を積み重ね、その結果として、スマートフォン時代のプロモーション/広告自動化市場をテクノロジーでリードする存在となることができました。

その延長線上で、今後私たちが取り組んでいきたいと考えているのは、「B2Bの領域でSaaSとAIを使って、効率化/自動化できる分野に次々と取り組むこと」です。

企業の中の様々なビジネスワークフローには、まだまだ改善の余地があり、SaaSやAI、IoTといった、新しいテクノロジーを使うことで、劇的に生産性を向上できると考えています。
また、そうすることで、その業務を行っている人が、今までのオペレーショナルな仕事から解放され、本来時間を使うべき仕事・・つまり人間が得意な領域や創造性を発揮して行うべき仕事に時間を使えるようになると考えています。

「働く」ことは本来とても楽しく、創造性にあふれ、まさに人生の大半を賭けるに相応しいものだと思っています。それを実現するために、これからもB2B SaaS領域で市場に先駆けたプロダクトを生み出し続けます。
興味を持ってくださったら、是非ご応募ください。私たちのこと、将来のビジョンのこと、キャリアのことなど、色々なことをお話ししましょう。

会社名 株式会社フィードフォース
設立 2006年 8月
代表者 代表取締役 塚田 耕司
業種
  • WEB・インターネットサービス
募集職種
  • WEBマーケティング
  • システムエンジニア(SE)
  • 法人営業
資本金 100,000,000円
従業員数 30人~100人未満
特徴
  • ベンチャー企業
  • 売上成長率130%以上
  • 中途入社者50%以上
  • 女性が活躍
事業内容

私たちフィードフォースは、各業界のトップ企業を中心に500社を超える企業のデジタルマーケティングを支援するITベンチャーです。
中でもアドテクノロジーに強みを持ち、企業が生活者に効果的に情報を伝えるお手伝いを、LINE やFacebook、Instagram、Google、Criteo といったプラットフォームを通じて行っています。

これまでデータフィードサービスとダイナミック広告運用の領域では、多くの実績と知名度を誇り、様々な顧客の課題解決を行ってきました。各プラットフォーマーとの関係も深く、一般的な代理店と違いAPIなどのテクノロジーを駆使してサービス提供をしているため、ダイナミック広告の新しい取り組みは国内では弊社が最初に行うことも少なくありません。

例えば2014年11月に、当時世界で初めて Facebook のタイムライン上にダイナミック広告を出稿できる Feedmatic というサービスをローンチしています。

本社所在地 〒113-0034
東京都 文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F

代表者紹介

塚田 耕司

塚田 耕司代表取締役

1968年、高松市生まれ。京都大学工学部土木工学科卒。4年間の大手銀行勤務の後、1996年に株式会社ルート・コミュニケーションズを設立。外資系エンタープライズ企業を中心に、オンラインのマーケティング活動全般を支援する。2006年には企業向けマーケティングサービスを提供する株式会社フィードフォースを設立し、現在に至る。
著書に「RSSマーケティングガイド」(インプレス刊)がある。

株式会社フィードフォースが募集しているその他の求人

株式会社フィードフォースが募集しているその他の求人

ページトップへ