株式会社SQUEEZE

  • 企業情報

企業概要

2014年に設立し、急成長を遂げるグローバルなスタートアップ "SQUEEZE"。
私たちは、「価値の詰まった社会を創る」というミッションのもと、「空き家問題解消による地域活性化」と「人材再発掘・活用による働き方改革」に取り組んでいます。

戦後から増え続けた新築住宅の供給と少子高齢化による世帯数減少を受けて、我が国の「住宅余剰」は社会的な課題となっています。一方で消費者のニーズや生活習慣は変化し、今ではテクノロジーの発展により空き家や空きスペースを「宿泊」「短期賃貸」「時間貸し」等と多様な方法で有効利用できるようになりました。

また、時代の変化を捉え、空き家や空きスペースを有効利用することで付加価値を生み出そうとすると直面するのが「労働人口不足」というもう一つの社会的な課題です。こうした人材不足を解消するためには、地域の人々がより柔軟に安心して働くことが出来るプラットフォーム創り、多様な働き方を受け入れていくことが必要であると考えています。

社名の「SQUEEZE」という言葉には「~を詰め込む」という意味があり、これには、世の中にある住宅余剰や人々の空き時間という遊休資産を有効活用する仕組みを創り、あらゆる「空間・時間」に価値を詰めていきたいという思いを込めています。

会社名 株式会社SQUEEZE
設立 2014年 9月
代表者 代表取締役 CEO 舘林 真一
業種
  • WEB・インターネットサービス
募集職種
  • プロジェクトマネージャー(PM)
  • 接客・ホールスタッフ・フロアスタッフ
  • スーパーバイザー(SV)・店舗指導
  • 内部監査・内部統制
  • 事業企画・統括
  • 販促
  • 経理
  • プリセールス・セールスエンジニア
  • 法人営業
資本金 1,317,220,000円
事業内容

SQUEEZEはホテル・旅館・民泊の業務に特化したサービスを提供・運営しております。

【ソリューション事業】
宿泊施設運営事業者向けのクラウドサービス「suitebook」
当社は日本で最も古くから民泊運営代行を行ってきた企業の一つです。
累計1,000件以上の施設運営ノウハウやオペレーション経験に基づく業務支援の豊富な経験から出来上がった宿泊施設運営者様向けのサービスです。
クラウドサービスの導入提案から、導入後の活用支援、サポートまで行っております。

【アセットマネジメント事業】
自社のクラウドサービス「suitebook」のメインユーザーとなりながら
大阪で「Minn」という最初のサービスアパートメントを開業し好評頂き、2018年9月には羽田に「Theatel Haneda」をオープン。
50室以下のホテルにターゲットを絞り、スマートなオペレーションで空間・時間を活用できるホテル運営を目指しています。

インバウンドビジネスが注目を浴びる中、
弊社のサービスは競合優位性、市場の発展性に大きな期待をいただき、2018年3月に国内最大級の不動産サービスデベロッパーと資本業務提携を締結、総額8億円の資金調達を完了いたしました。
ICTの力で地域コミュニティが持つ資産の潜在的な「価値」を活かし、空間と時間の可能性を広げるプラットフォームになるべく邁進していきます。

本社所在地 〒107-0061
東京都 東京都港区北青山3丁目3番7号 第7号一青山ビル3階
その他事業所

【大阪オフィス】532-0024 大阪府大阪市淀川区十三本町1-17-20 ホテルMinn

代表者紹介

舘林 真一

舘林 真一代表取締役 CEO

東海大学政治経済学部卒業後、ゴールドマンサックス証券シンガポール支社に勤務。その後、トリップアドバイザー株式会社シンガポール支社にてディスプレイ広告の運用を担当。2014年9月、株式会社SQUEEZEを創業し代表取締役CEOに就任。

座右の銘は「意志あるところに道はある」

株式会社SQUEEZEが募集しているその他の求人

株式会社SQUEEZEが募集しているその他の求人

ページトップへ