株式会社SQUEEZE

  • 企業情報

企業概要

2014年に設立し、急成長を遂げるグローバルなスタートアップ "SQUEEZE"。日本では、円安や訪日旅行者ビザの緩和などを追い風に、今一番の盛り上がりを見せるインバウンド旅行業界へO2Oモデルをフックに事業を展開する。外国人旅行者の増加に伴い、宿泊施設の供給不足が懸念される中、日本で820万戸ほどある空き家・空き部屋というリソースに注目し、それらを有効活用する運用サポートシステム「mister suite(ミスタースイート)」を提供している。

SQUEEZEの魅力は、近年増えている空きスペースを活用できるCtoCマッチングサイトの利用に付随して発生する業務を細分化し、海外の在宅ワーカーや日本の各エリアにいるクラウドワーカーへアウトソースする「ホスティングインフラ」の開発にある。誰も考え付かないようなアイディアが飛び出すグローバルで勢いのあるスタートアップ"SQUEEZE"。市場を独占できる可能性のあるビジネスに参画しませんか?

会社名 株式会社SQUEEZE
設立 2014年 9月
代表者 代表取締役 CEO 舘林 真一
業種
  • WEB・インターネットサービス
募集職種
  • 法人営業
  • 広報・PR
  • 経営企画・戦略
  • 経理
  • 調査・リサーチ
資本金 519,080,000円
事業内容

SQUEEZEは、訪日旅行者(インバウンド)の受入れ体制整備のために、クラウド人材のマッチングシステムを開発している会社です。主要事業として、ホームシェア(バケーションレンタル・民泊)と呼ばれる業界において、クラウドワーカーによるホスティングサポートシステムの "mister suite" (ミスタースイート)というサービスを提供しております。

システムの活用事例として、不動産会社、旅館、ホテル、不動産オーナー様などのクライアント様に、ホームシェアを通じたインバウンドマーケティング、オペレーションのソリューションとしてご提供しております。mister suite は、インバウンド受入の一連業務が、世界中のオンラインコンシェルジュ、地域ごとのハウスキーパーなどの分業体制に落とし込まれ、そのプロセスが一元管理されたマッチングシステムとなっております。mister suiteのサービスを通じてより多くの方に新たな仕事を創出し、そのバリューチェーンの中で、個人が会社に所属することなく各々のスキルを活かし訪日旅行者を受け入れる「ホスティングインフラ」を創るというビジョンのもと活動しております。

本社所在地 〒107-0061
東京都 東京都港区北青山3丁目3番7号 第7号一青山ビル3階

代表者紹介

舘林 真一

舘林 真一代表取締役 CEO

東海大学政治経済学部卒業後、ゴールドマンサックス証券シンガポール支社に勤務。その後、トリップアドバイザー株式会社シンガポール支社にてディスプレイ広告の運用を担当。2014年9月、株式会社SQUEEZEを創業し代表取締役CEOに就任。

座右の銘は「意志あるところに道はある」

株式会社SQUEEZEが募集しているその他の求人

株式会社SQUEEZEが募集しているその他の求人

ページトップへ