国際航業株式会社

  • 企業情報

企業概要

★日本アジアグループ★地理空間情報技術のリーディングカンパニー!豊富なデータと圧倒的な技術力を駆使し、インフラとして日本の未来を支えていきます。ITの力を使った新規サービスも続々展開中。

【企業理念】
国際航業は、地理空間情報技術のリーディングカンパニーとして
エネルギー、社会インフラ、防災・環境保全のノウハウを活かし
安全で安心なまち「グリーン・コミュニティ」を先導します。

【現在の重点的取り組み(一部)】
◆3次元空間解析クラウドサービス「KKC-3D」
 少しずつ異なる方向から撮影した複数の写真から物体の形状を解析し、リアルな3次元データを生成するサービス。
◆ドローン(UAV)運航・3次元計測スクール
 航空測量のパイオニアである国際航業がこれまでに培ってきた技術を投入し、ドローンの運航方法と3次元データの計測方法を教習する実務者向けスクール。
◆相続土地評価シミュレーション
 相続における土地の価値と相続税の目安が簡単にわかるシミュレーションツール。
など

会社名 国際航業株式会社
設立 1947年 9月
代表者 代表取締役社長 土方 聡
業種
  • その他
募集職種
  • 法人営業
資本金 16,729,000,000円
売上高 300億円~1,000億円未満
従業員数 1,000人~3,000人未満
事業内容

◆空間情報コンサルティング(空間情報技術サービス、建設コンサルタントサービス)
◆RE(Renewable Energy)関連事業
◆防災関連事業
◆環境保全事業
◆社会インフラ事業
◆マーケティングおよび位置情報サービス その他

本社所在地 〒102-0085
東京都 東京都千代田区六番町2番地
その他事業所

◇北海道・東北
東北事業所・東北⽀社・仙台⽀店、北海道⽀店、盛岡⽀店、営業所(7)

◇関東・北陸
東京事業所、丸の内オフィス、千葉⽀店、埼⽟⽀店、神奈川⽀店、新潟⽀店、営業所(9)

◇中部
中部事業所・中部⽀社・名古屋⽀店、静岡⽀店、営業所(4)

◇近畿・中国・四国
関⻄事業所・⻄⽇本⽀社、⼤阪⽀店、京都⽀店、兵庫⽀店、広島⽀店、⾼松⽀店、営業所(11)

◇九州・沖縄
九州事業所・九州⽀社・福岡⽀店、⻑崎⽀店、⿅児島⽀店、営業所(5)

沿革
1947(昭和22)年 9月 三路興業株式会社を設立、資本金800万円
1954(昭和29)年 5月 商号を国際航業株式会社に変更
1958(昭和33)年 2月 本社ビルを東京都千代田区六番町2番地に新築移転
1961(昭和36)年 10月 東京証券取引所市場第二部に上場
1969(昭和44)年 4月 海外部を新設し、海外作業の受注体制を強化
1972(昭和47)年 2月 共立航空撮影株式会社を同業3社で設立
1985(昭和60)年 4月 東京都との共同出資により第三セクター方式の株式会社東京都データシステムズを設立
(現在は国際航業株式会社が100%出資)
1987(昭和62)年 9月 東京証券取引所市場第一部銘柄指定
2000(平成12)年 10月 開発事業本部を除く全社で品質管理・保証の国際規格「ISO9001」の認証を取得
2001(平成13)年 3月 プライバシーマークの使用認定を取得
         10月 全社で環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を取得
2006(平成18)年 11月 都内2箇所の技術所を東京事業所(東京都府中市)へ統合移転
2007(平成19)年 3月 情報セキュリティマネジメントシステム「JIS Q 27001:2006(ISO/IEC27001:2005)」の認証を取得
         10月 株式移転により、純粋持株会社「国際航業ホールディングス株式会社」を設立
2008(平成20)年 1月 不動産事業を「国際ランド&ディベロップメント(株)」に分割
         3月 環境ソリューション事業を「国際環境ソリューションズ(株)」に分割
         4月 文化財発掘調査事業を「国際文化財(株)」に分割。KKCシステムズ(株)、琉球国際航業(株)を設立
2010(平成22)年 2月 「グリーン電力証書発行事業者」登録
         5月 中期経営計画2010~グリーン・インフラ企業への挑戦~「Re-engineering for Green Infrasructure」を国際航業グループとして発表
2011(平成23)年 6月 東日本大震災の直後に設立した復興支援プロジェクトを強化し、復興支援本部を新設。被災地の復興支援事業を本格的に開始
         9月 沖縄県に琉球国際航業データセンターを開設。フルデジタルの空間情報データ生産ラインを整備
         11月 中国現地法人として北京国吉空间信息咨询有限公司を設立
2012(平成24)年 4月 国際航業ホールディングス(株)は株式交換によって日本アジアグループ(株)の完全子会社となる
2013(平成25)年 5月 仙台市であたらしいまち「グリーン・コミュニティ田子西」スマートヴィレッジ街区がオープン
2015(平成27)年 3月 「国際環境ソリューションズ(株)」および「(株)インフラ・イノベーション研究所」を合併
         5月 国際航業株式会社の持株会社である日本アジアグループ株式会社が東京証券取引所市場第一部へ(コード:3751 略称表示:JAG)
2017(平成29)年 2月 「明治コンサルタント(株)」を子会社化

代表者紹介

土方 聡代表取締役社長

1962年、東京都生まれ。1985年東海大学海洋学部を卒業し、国際航業に入社。
海洋調査の現場でキャリアをスタートさせ、その後関西国際空港の建設予定地の海底調査や、港湾の設計・デザインなど、新規の開発に関わった。
防災事業本部長、コンサルタント事業本部長を経て、KOKUSAI EUROPE GmbH(国際ヨーロッパ)Managing Directorとしてドイツへ渡る。帰国後、東日本事業本部副本部長に就任。2013年5月代表取締役社長に就任、現在に至る。

昭和60年4月 国際航業株式会社入社
平成19年4月 同社 執行役員 防災事業本部長
平成19年10月 同社 取締役 執行役員 防災事業本部長
平成20年4月 同社 取締役 執行役員 コンサルタント事業本部長
平成21年7月 KOKUSAI EUROPE GmbH Managing Director
平成24年5月 国際航業株式会社 執行役員 東日本事業本部副本部長
平成25年5月代表取締役社長に就任(現在)

国際航業株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ