株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン

  • 企業情報

企業概要

Leap to the Future 私たちは医療機関が地域の「未来(あした)」をまもるためカイゼンを超えた「Leap(=飛躍)」を支援します。

わたしたちは、急性期病院の「医療の価値」を向上させる4つの事業を展開しています。
1.医療ビッグデータを駆使し、医療の現場を熟知したコンサルタントによる実行支援型のコンサルティング
2.コンサルティングノウハウを凝縮させた経営分析システム
3.医療政策と病院経営に特化したメディア・セミナー
4.国内外の最新情報に基づく学術研究
実証性、専門性、先見性に基づく4つの主力事業で、急性期病院の「医療の価値」を向上させます。

会社名 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン
設立 2004年 3月
代表者 代表取締役社長 渡辺幸子
業種
  • コンサルティング・シンクタンク
募集職種
  • システムエンジニア(SE)
  • 運用・監視・テクニカルサポート・ヘルプデスク
  • 経営・戦略コンサルタント
特徴
  • ベンチャー企業
  • 女性が活躍
事業内容

1.医療ビッグデータを駆使し、医療の現場を熟知したコンサルタントによる実行支援型のコンサルティング
2.コンサルティングノウハウを凝縮させた経営分析システム
3.医療政策と病院経営に特化したメディア・セミナー
4.国内外の最新情報に基づく学術研究

本社所在地 〒160-0022
東京都 新宿区新宿6-27-30  新宿イーストサイドスクエア5階
沿革
1995年 アキよしかわが米国グローバルヘルス・コンサルティング(米国GHC) 設立
2004年 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC-J) 設立
    日本初のベンチマークシステム「DAVE」リリース
2006年  DPC ベンチマーク分析システム「EVE」リリース(MDV社と共同開発)
2007年  DPCコスト分析システム「コストマトリックス(MDV社と共同開発)
CQI研究会(Cancer Quality Initiative) 第1回会合開催
2011年 次世代型病院経営支援サービス「病院ダッシュボード」リリース
2012年 米国スタンフォード大学と共同研究
2013年 米国メイヨークリニックと共同研究
2015年 クイーンメディカルセンター研修
2016年 日本病院会と業務提携し、出来高病院向け経営支援レポート「JHAstis」開発
「病院スコープB版」リリース
2017年 「回復期の医療と経営の質向上を考える会」第1回会合開催
「病院ダッシュボードx」リリース

代表者紹介

渡辺幸子

渡辺幸子代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒、米国ミシガン大学で医療経営学、応用経済学の2つの修士号を取得。
2003年より米国グローバルヘルスコンサルティングのパートナーに就任。
2004年3月グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンを設立。
著書に『”患者思い”の病院が、なぜつぶれるのか?』(幻冬舎MC)
『日本医療クライシス「2025年問題」へのカウントダウンが始まった』(幻冬舎MC)

株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンが募集しているその他の求人

ページトップへ