株式会社エクストーン

  • 企業情報

企業概要

大手企業とのコラボレーションによって、身近な生活や日本の文化に関わるモノづくりを展開しているベンチャー企業です。

■大手企業が展開する、人々の生活に密接にかかわる製品やサービスを、私達の力でさらに広げていく■
NTTドコモやSONYなど、これまでの日本を作り上げてきた大手企業が、「これからの日本」を作るために自社の製品やサービスをどのように消費者に届けるのか。そのために、テクノロジーをどのように駆使したら良いのかという悩みに対して、私たちは企画段階から入り込み、クライアントと一緒に考えていきます。
技術力はもちろんですが、ビジネスやサービスを深く理解し、それを伝えるためのクリエイティブも必要になります。
その3つが一つの会社に凝縮されているのが、弊社の最大の強みであり特徴だと言えます。

■ 経営者含めた社員全員がプレイヤー ■
マネジメントや経営だけを行っている人間は社内に一人もおりません。
エンジニアはマネージャーも含めて全員がコードを書いています。
経営者である桂もディレクターとしてクライアントに提案に行き、プロジェクトでメンバーと協業しています。
社員全員が現場の仕事に携わっているため、現場で起きている様々な課題や新しい発見に対して
すぐに質問し解決することができる環境になっています。
また、仕事の大変さや面白さを共有することができるのも、うちの会社の良いところだと思っています。

■ 自社サービスにも積極的に取り組んでいます ■
クライアントワークで挙がった利益を、自社のサービス開発に投資している事も積極的に行っています。
最近では「ゆびつむぎ」というサービスをリリースし、世界3大デザイン賞の一つである「iF Design Award」や
「グッドデザイン賞」などの 表彰を受けるほどの評価を頂きました。
事業領域もスマホやPCに留まらず、IoTやARなどの広い領域でまだまだ新しいサービスや製品を作り出していこうと考えております。

会社名 株式会社エクストーン
設立 2006年 10月
代表者 代表取締役 桂 信
業種
  • WEB・インターネットサービス
募集職種
  • WEBプロデューサー・ディレクター
  • システムエンジニア(SE)
資本金 31,000,000円
従業員数 10人~30人未満
特徴
  • ベンチャー企業
  • 中途入社者50%以上
  • 離職率5%以下
  • 女性が活躍
事業内容

PC/スマートフォン向けWebサイト・スマートフォン/タブレット向けアプリの企画・制作・開発・運用
最新のデバイスを活用した企画・制作・開発 等

本社所在地 〒150-0011
東京都 東京都渋谷区東3-14-15 MOビル8階
沿革
株式会社エクストーンは、2006年に設立。
前身は有限会社シーリンクという会社で、2005年、代表取締役の桂が慶應義塾大学在学中に設立した企業です。

社名、エクストーン(Xtone)は、ローマ数字の「X(10)」と英語の「tone(階調)」を組み合わせたもので、意味は「十人十色」。
社員それぞれの個性を生かした会社でありたい、という思いと、その個性を掛け合わせることで、新しいモノを創りだしていきたいという思いが込められています。

代表者紹介

桂 信代表取締役

慶應義塾大学環境情報学部卒業。 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科メディアデザインプログラム修了。 大学では、3DCGを中心としたコンピュータグラフィックスを学び多くの映像作品を制作。 大学院では、ユビキタス社会に向けたデジタルエンタテイメントの研究を行う。
2005年有限会社シーリンクを創業。2006年株式会社エクストーンを創業。 Tokyo Designer's Week デザインプレミオ賞受賞、 Siggraph Emerging Technologies 採択、 インタラクティブ東京 採択、 Laval Virtual ReVolution 招待、 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 相磯賞受賞など。

株式会社エクストーンが募集しているその他の求人

ページトップへ