ENECHANGE株式会社

  • 企業情報

企業概要

ENECHANGEは「エネルギーの未来をつくる」
を企業ミッションとした、
英国ケンブリッジ発のエネルギーテック スタートアップです。

「エネルギーの未来をつくる」
―CHANGING ENERGY FOR A BETTER WORLD

みなさんもご存知かもしれませんが、
2016年4月には電力が、
2017年4月には都市ガスが自由化されました。

これは電力・ガス・通信など変化が起きにくいと言われる「社会インフラ」が大きく動き、「我々、消費者が選べるようになる」という自由化による大変革が進行中です。

2018年にはスマートメーターの本格普及期になり2020年にはほぼ全世帯に設置が完了します。スマートメーターによる電力のデジタル化により、スマートな社会が実現しています。

これだけではありません。EVなどによるモビリティの電力化、再生エネルギー・蓄電池普及による仮想発電所(VPP)の広がり、など、こうした変化もすべて、ENECHANGE社にとっては、取り組んでいきたい「エネルギーの未来」です。

エネルギーという巨大な社会領域を「より幸せなかたちに再構築」する。 インターネットの力で、私たちがその素敵なミッションを実現できると信じています。

〔その他ENECHANGE情報〕
・日本経済新聞のNEXTユニコーン企業2017に選出
・経営者は欧州のフォーブス誌「注目の若手起業家30人」に選出
・Google/P&G/SONY/mixi/JPモルガン/accenture/GREE/Gunosy/KPMG/Deloitte/SoftBank/PwCなど出身者活躍中
・JR東京駅2分の新オフィス移転済み(社食/コンビニ/スポーツジム/動物園完備)

会社名 ENECHANGE株式会社
設立 2015年 4月
代表者 代表取締役社長 有田 一平
業種
  • その他
募集職種
  • プロジェクトマネージャー(PM)
  • システムエンジニア(SE)
  • 法人営業
  • 広報・PR
  • テレマーケティング・コールセンター・ヘルプデスク
  • 経理
  • 人事
従業員数 30人~100人未満
特徴
  • ベンチャー企業
  • 売上成長率130%以上
  • 資金調達1億円以上
  • 上場目指す
事業内容

エネルギーテック事業:
エネルギービジネスを変革するクラウド・AI技術サービスとして、「ENECHANGE TECHNOLOGY for DIGITALISATION」を世界中のエネルギー事業者に提供することでエネルギー事業の効率性・生産性を比較的に高め、「デジタル化によるエネルギー革命」を推進しています。具体的には、大手電力会社向けに、家庭向け電力・ガス切り替えプラットフォームサイト「エネチェンジ」の運営で培った電力・ガス切り替えシステムを活用し、料金シミュレーションから申し込み管理まで垂直統合的に提供しています。

エネルギーマネジメント事業:
世界中の人々が、より自分に合ったエネルギー利用を実現できる世の中に変えるため、マーケティング・エネルギーデータ解析技術「ENECHANGE TECHNOLOGY for DEREGULATION」を活用した様々なサービスを展開し、「自由化によるエネルギー革命」を推進しています。具体的には、日本最大級の家庭向け電力・ガス切り替えプラットフォームサイト「エネチェンジ」の運営を通じ、公平中立に、消費者にとって最適な電力会社の比較・切り替え支援まで提供しています。

本社所在地 〒100-0004
東京都 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル 3F
その他事業所

SMAP ENERGY
London Office: Translation & Innovation Hub (i-Hub), Imperial College White City, 80 Wood Lane, London, W12 0BZ, United Kingdom

Beirut Office: Antwork, Spears, May Ziadeh str., Beirut, Lebanon

沿革
2013/6 英国にて電力データ解析専門の研究所「ケンブリッジ・エナジー・データ・ラボ(CEDL)」を設立。
5ヶ国7人のメンバーで電力分野の研究を開始。

2014/4 日本初の電力比較サイト「エネチェンジ」のサービス公開

2015/4 エネチェンジ株式会社を東京都墨田区にて設立
2015/5 B-Dashベンチャーズ、エプコより1.5億円調達
2015/12 日立製作所、環境エネルギー投資より、4億円調達

2016/1-3 テレビ・雑誌での掲載多数
2016/4 「電力自由化」開幕
2016/9 電力比較サイト「エネチェンジ」グッドデザイン賞受賞

2017/2 オプトベンチャーズ、IMJ Investment Partners Japan LLP、みずほキャピタルより、5.5億円の資金調達完了
2017/4 「ガス自由化」開幕(エネルギーの専門家としてテレビ等へ多数出演!)
2017/6 SMAP ENERGY社と経営統合。エネチェンジ 代表取締役会長兼SMAP ENERGY CEOに城口が就任。
2017/8 本社オフィスを東京・大手町に移転

2018/8 ENECHANGE株式会社へ社名表記を変更

代表者紹介

有田 一平

有田 一平代表取締役社長

城口 洋平:代表取締役会長 兼 SMAP Energy Ltd. CEO(写真左)
東京大学法学部卒、ケンブリッジ大学工学部博士課程(休学中)。ケンブリッジ大学在学中に電力データに関する産学連携研究機関、「ケンブリッジ・エナジー・データ・ラボ社」を設立。その研究成果をもとに、ENECHANGE株式会社(日本)とSMAP ENERGY社(イギリス)を創業。2017年6月、ケンブリッジ大学博士課程研究期間終了(博士論文執筆のため現在休学中)により、両社の代表に就任。
現在は、ENECHANGE株式会社 会長 兼 SMAP社 CEOとして、海外事業と電力データ事業を中心に事業を推進する。2017年「Forbes 30 Under 30 Europe」 に日本人として初選出される。

有田 一平:代表取締役社長(写真中央)
早稲田大学でコンピューターサイエンス修了後、JPモルガン証券とグリー株式会社でソフトウェアエンジニアとして勤務。その後、英国ケンブリッジに移りCambridge Energy Data Labで共同設立者としてシステム設計、Webアプリケーション開発からサービス企画や採用活動まで幅広く担当。ENECHANGE株式会社の設立とともに代表取締役社長に就任。

ENECHANGE株式会社が募集しているその他の求人

ENECHANGE株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ