株式会社ヴァル研究所

  • 企業情報

企業概要

600万DL、120,000社が利用する日本一の経路探索サービス『駅すぱあと』の会社は、抜群の働きやすさが自慢!

リリース以来約30年にわたり日本を代表する乗換案内サービス『駅すぱあと』で日本中の"移動"を支えてきたヴァル研究所。『Yahoo!路線情報』に加え、自社のスマホアプリでは600万DLを突破。また法人向けサービスにおける導入実績では官公庁、上場企業を中心に120,000社。「駅すぱあとWebサービス」も1日500万コール数を誇ります。名実ともに経路探索サービスのトップランナーである一方、月の平均残業時間20h、有給消化率85%、平均勤続年数14年、直近5年間に入社した新卒社員19名に対し離職者は1名と、同規模の組織では異例とも言える働きやすさも実現。やりがいと安定を両立させた会社です。

会社名 株式会社ヴァル研究所
設立 1976年 7月
代表者 代表取締役 太田 信夫
業種
  • WEB・インターネットサービス
  • ソフトウエア
  • その他
資本金 41,000,000円
従業員数 100~300人未満
特徴
  • 離職率5%以下
事業内容

1988年に公共交通乗換案内サービス『駅すぱあと』をリリースして以来、
日本中のユーザ-の”移動”を支え続けてきました。
『Yahoo!路線情報』を始め、Microsoftの『Bing』、
大手不動産ポータルサイトなどにWebサービスを提携・提供しています
また、『駅すぱあとWebサービス』は1日500万コール数を誇り、
スマホ用アプリ『駅すぱあと』は累計600万DLを突破。
更に『駅すぱあと』はSIer向けソリューション、経費精算系ソリューション、
Web向けソリューションなどBtoB向けサービスにも利用され、
官公庁や上場企業を中心に導入企業は約120,000社以上。
30年近く個人向け・法人向けの両軸で日本を代表する
乗換案内サービスのトップランナーです。

本社所在地 〒166-8565
東京都 東京都杉並区高円寺北2-3-17
その他事業所

大阪営業所
大阪府大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 ナレッジキャピタル 8階 コラボオフィスnx

沿革
1976年
 ・株式会社ヴァル研究所を設立
 ・仕様書記述言語「SPECL-I」開発
1983年
 ・8ビットPC用データ処理ソフト「パピルス」発売
1986年
 ・「首都圏電車網最短経路案内システム」発表
 ・データ処理ソフト「ファラオ」発売
1988年
 ・「駅すぱあと」(首都圏版)発売
1991年
 ・アプリケーション開発ソフト「ナイル」発売
1993年
 ・「駅すぱあと」(全国版)発売
1998年
 ・「Yahoo!JAPAN」検索サイトで経路探索サービス開始
1999年
 ・携帯電話用「駅すぱあと」サービス開始
2004年
 ・「駅すぱあと 通勤費管理システム」発売
2010年
 ・「駅すぱあと 旅費交通費精算Web」提供開始
 ・「駅すぱあと 通勤費申請Web」提供開始
 ・iPhoneアプリ「まるごと時刻表」提供開始
 ・「駅すぱあと Webサービス」提供開始
2011年
 ・株式会社アクセルモバイルを吸収合併
 ・iPhoneアプリ「まるごと路線図」提供開始
 ・iPhone、Androidアプリ「駅すぱあと」提供開始
2013年
 ・「駅すぱあと」のポータルサイト「Roote」提供開始
2015年
 ・iPhoneアプリ「駅すぱあとがApple Watchに対応
2016年
 ・大阪営業所開設
 ・「RODEM」提供開始
 ・「駅すぱあと路線図」提供開始

代表者紹介

太田 信夫

太田 信夫代表取締役

1986年日本大学農獣医学部(現在の生物資源学部)卒業後、水産食品加工メーカーの京食株式会社に入社。中部・関西地区の魚市場、スーパーの営業を担当。
1987年に株式会社ヴァル研究所に入社し、パソコン(MS-DOS)のデータベースソフト「ファラオ」「ナイル」の店舗及びSI営業を担当。1999年に営業チームのリーダに就任し、乗り換え案内ソフト「駅すぱあと」の販売チームを統括。2014年に取締役に就任、法人向けの営業・開発部門を統括。2015年9月より株式会社ヴァル研究所 代表取締役。

ページトップへ