ClipLine株式会社

  • 企業情報

企業概要

「サービス・小売業界のサービスマネジメントを改革したい。」

組織の大きさがボトルネックとなり、本部で考えた施策や取り組みが現場までうまく伝達されず実行されない、サービスの質にバラつきがでてしまう。
従業員を多く抱えるサービス・小売業界では、長らくそれらが大きな課題でした。

これまで、経営コンサルタントとして、大手飲食チェーンの改革に関わってきた高橋は、この問題に幾度となくぶつかり、そんな中で生まれたのが「『どこでもドア』をつくる」という発想です。
時間・場所、関係なくいつでも従業員同士が互いに情報を共有して、相手のことがちゃんと見えてる状態をつくる。 そんな『どこでもドア』のような仕組みを創造できれば、長年の課題を解決することが出来るのではないか。
このアイディアを、映像、ITのプロフェッショナルとともに現実のものにしました。

私たちはのミッションは、ClipLineというプラットフォームを通じて様々な課題を解決するとともに、サービス・小売業界全体に革命を起こし続けることです。

会社名 ClipLine株式会社
設立 2013年 7月
代表者 代表取締役 高橋 勇人
業種
  • WEB・インターネットサービス
  • コンサルティング・シンクタンク
募集職種
  • WEBデザイナー
  • 法人営業
  • ディレクター
  • 経営・戦略コンサルタント
  • 事業企画・統括
  • テレマーケティング・コールセンター・ヘルプデスク
  • システムエンジニア(SE)
資本金 342,000,000円
従業員数 10人~30人未満
事業内容

日本のサービス業は、世界に誇れるおもてなし文化を持っている反面、業界全体のIT化の遅れから労働生産性が低いとされてきました。しかし、IT化の遅れだけでなく、本質的な課題は別にあると考えています。
多店舗・多業態展開企業は、慢性的な人材不足から経営と現場の情報伝達が不足し、現場では採用や教育へ工数がかけられていません。事業戦略の浸透がされにくく、企業ごとの経営課題は非常に複雑です。
そこで当社は、店舗間の教育やノウハウ共有を短尺の動画(クリップ)によって実現できる『ClipLine』を開発。経営視点を持ったコンサルティングから業界全体の経営改革に乗り出しました。
現在ではユーザー投稿型で経営と現場、現場間をつなぐ「見えるコミュニケーションツール」として、大手企業を中心に導入されています。

経営コンサルティング事業
デジタルソリューション 事業
「ClipLine(クリップライン)」の開発・運営

本社所在地 〒108-0073
東京都 東京都港区三田3-12-17 プレクスビルディング3F

ClipLine株式会社が募集しているその他の求人

ClipLine株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ