三井造船マシナリー・サービス株式会社

  • 企業情報

企業概要

会社名 三井造船マシナリー・サービス株式会社
設立 1974年 10月
代表者 代表取締役社長 森田 政夫
業種
  • 重電・産業機械
募集職種
  • 設計
資本金 470,000,000円
売上高 30億円~100億円未満
従業員数 100~300人未満
事業内容

私たちは、輸入ディーゼルエンジンの販売、無水空冷ディーゼルを用いた発電装置他の設計・製作、販売を行う会社です。輸入ディーゼルエンジンの販売は大手建機メーカーに採用され売上は右肩上がりの伸長です。また当社の扱う無水空冷ディーゼルエンジンは、大変メンテナンスしやすいのが特徴です。なぜなら、一般的なエンジンのように冷却水で熱を冷ますのではなく、空気で直接エンジン熱を冷却するため、凍結や沸騰、腐食などの心配がいりません。水を一切使わない方式のため、エンジントラブルの大半を占める冷却水系統のトラブルから解放されると人気です。他にも長年培ってきた技術力と信頼を元に、主要産業やインフラを支えるさまざまな製品を提供しています。
  また、私たちは、全国に指定サービス工場を設置し、自社が納入したディーゼルエンジンや発電セット、ポンプセットなどのアフターサービスに力を入れております。さらに他社が輸入した機器にドイツ社製エンジンが使われている場合にも、的確なアフターサービスを行うことが可能です。社内ではサービス要員の技術トレーニングを常に実施するとともに必要とされる部品をストックしておくことで迅速な対応を実現。そのため、輸入関連機器にありがちなトラブルに対する対応の後れを取ることなく、ユーザー企業各社のさまざまな要求に応えています。

本社所在地 〒101-0035
東京都 東京都千代田区神田紺屋町7番地 神田システムビル3階
その他事業所

東京都昭島市拝島町

ページトップへ