株式会社Beer and Tech

  • 企業情報

企業概要

『HitoHana(ひとはな)』は、3年でEC発の製造小売型のNo.1フラワー・グリーンブランドを作り、お客様と作り手を結びつける新しい流通インフラを創造することにチャンレンジしています。

Beer and Techは、シンプルでワクワクする社会づくりに貢献するために設立された会社です。
そういったミッションを掲げていることもあり、生産性の低い1次産業をインターネットを使って、もっとシンプルにするというビジネスアイディアはたびたび出ていました。 その中の一つが花のECです。

実際、色々な方に花のギフトについて、ヒアリングしたときに、花を送る方も受け取る方も、あんまり喜んでいないことに気が付きました。
「価格が高い!」 「木札に名前を仰々しく書いてセンスが悪い!」 「枯れたあとに捨てるのも大変!」 僕の実家が花の生産をしていることもあり、両親が懸命に作っている花がそう思われているのが正直、悲しかったんですよね。 望まれていないものを作ったり、無駄にものを運んで高くなったり、買い手のつかない植物が廃棄されたり、そういう時間は、貴重な人生にとってもったいないですからね。

実際、花卉業界は今でも卸売市場経由の流通が全体の78%を占め、これは青果や水産物に比べても1.4倍も高い。直接流通が発展していない花卉業界では顧客の声が生産者まで届きにくく、消費者ニーズから離れた商品が流通し続けている。 さらに、生産者も小売店も非常にスケールしづらい業界で、低賃金で、長時間労働、気合いで無理やりカバーしている。

この消費者の声が届かない流通と生産性の低い業態を、生産者のもとに生まれ、ネット業界のメンバー集まったBeer and Techなら、解決できる可能性がある。ECは店舗の小売と違い、寡占化が進みやすい業態。これはECの成長を梃子に直接流通をつくれるのではないか。 ちょうど近年グリーンの特集を組むライフスタイル誌は増えてきており、インテリアとしての植物需要は伸びていくはず。 そこにフォーカスして、EC事業を展開しよう!こうして『HitoHana』は生まれました。

会社名 株式会社Beer and Tech
設立 2014年 8月
代表者 代表取締役社長 森田 憲久
業種
  • 流通・小売(百貨店・食品・スーパー・コンビニなど)
募集職種
  • WEBマーケティング
  • プロジェクトマネージャー(PM)
  • システムエンジニア(SE)
従業員数 10人~30人未満
特徴
  • ベンチャー企業
  • 売上成長率130%以上
  • 上場目指す
事業内容

リリース1年で花卉業界でECサイトで3位のトラフィックを獲得するほど、急成長している植物EC事業『HitoHana(ひとはな)』とリアル店舗のショールーミング化を進める委託販売事業『HitoHana for Business』の2つの事業を運営しています。

【HitoHana(ひとはな)について】
まず、急成長中の植物EC『HitoHana(ひとはな)』は、インテリアとしての植物需要にフォーカスして、デザイン性の高い商品を次々にリリースしてきました。
いままで、町のお花屋さんやホームセンターでは気に入ったグリーンが見つけられなかったお客様の課題を解決し、お客様の手のひらに6000を超える商品を並べています。
今後、大量のアクセスにより得られた様々なデータをもとに、自社で企画、製造した商品を自社のECサイトで販売する「D2C(Direct To Consumer)」モデルに展開し、No.1フラワー・グリーンブランドを創ってきます。

【HitoHana for Businessについて】
『HitoHana for Business』はECの在庫と配送基盤を利用し、インテリアショップやリノベーション企業様に弊社の商品を在庫リスクゼロで委託販売してもらうサービスを提供しています。在庫リスクをなくし、売り場のPDCAを高速化することで魅力的な植物売り場を実現しています。既に大手インテリア店様の店頭に我々の商品が並んでいます。在庫リスクなく売り場の最適化を行えるメリットは呼び水に、花卉業界の流通基盤はECがもつ在庫と配送基盤が担うようになると考えています。長年変わらなかった卸売市場に大きな変革をもたらし、より多くの方が色々なグリーンインテリアの提案できるようになるはずです。

本社所在地 〒331-0054
埼玉県 埼玉県さいたま市西区島根802-2 (マーケ・セールス、開発部門は、年内に都内に移転予定)

代表者紹介

森田 憲久

森田 憲久代表取締役社長

1981年、埼玉県の胡蝶蘭の生産者のもとに生まれ、明治大学商学部卒業後、設立数年のインターネット広告代理店に入社。

営業畑で一貫してキャリアを積みながら、採用、システム要件定義、メディア部門のマネジャー等様々な部門を兼務した後、営業統括に就任。

戦略立案を任される中、スマートフォンの転換期を迎える。経営を体系的に学ぶ必要性を感じ、2011年グロービス経営大学院に入学。在学中に会社の業績をV字回復させ、上場企業並の業績になるまで成長を牽引。14年3月に大学院を卒業。

MBA取得を機に同社を退社。
14年8月に飲食店予約サービス「スマート予約」をリリースし、株式会社Beer and Techを創業。

IncubateCamp 7thに出場し『スマート予約』は3位入賞。IncubateCampを通じてVCから資金調達を実施。しかしながら、期待されたスマート予約は伸び悩み、15年9月を撤退。

再度事業アイディア練り直し、15年12月年末に植物EC「HitoHana」をリリース。リリース1年で花卉通販サイトとしては3番目のトラフィックを集めるサイトに急成長。

現在、『HitoHana(ひとはな)』を通じて、EC発の製造小売型のNo.1フラワー・グリーンブランドを作り、お客様と作り手を結びつける新しい流通インフラを創造することにチャンレンジしています。

株式会社Beer and Techが募集しているその他の求人

株式会社Beer and Techが募集しているその他の求人

ページトップへ