中外鉱業株式会社

  • 企業情報

企業概要

【創立100年へ向け若手とベテランの相乗効果で成長中!】
変化し続ける市場で生き残りをかけてワンランク上の営業を目指せ!

弊社は、1932(昭和7)年の設立以来、鉱山で採掘した金や銀を精製してきました。現在では、その技術を活かして、金やプラチナなどの貴金属原料の仕入から精製、販売までを一貫して行う【リサイクル事業】を軸に、「貴金属部」「不動産部」「機械部」新しく新設した「コンテンツ部」など、幅広く事業を展開しております。

これらの事業は、いずれも拡大の余地が大きく、次世代を担う若い社員には、新たな発想でビジネスモデルをさらに強固なものにする創造力や行動力が不可欠です。

弊社の事業における共通性は、仕入から販売までを一貫して手がけていること、資源の有効活用に貢献すること、そして、人脈を活かした営業力を基本にしていることです。

また、それぞれの事業が利益を確保するためには、仕入のタイミングや仕入価格が非常に重要ですから、弊社の営業にはマーケットを読む力や決断力も求められます。

弊社は、個人の能力が活かせると同時に、組織力やチームワークで力を発揮するのも大きな特長です。緊急時や大規模な商談に対しては、組織をあげて協力しあい成果を求めていきます。現場を起点に全員で考え、カタチにしていくのが弊社の企業文化ゆえ社員同士の人間関係も良好です。

入社後は、OJTを通して仕事を覚えていきますが、一つとして同じ案件はないので、唯一の成長手段は、数多くの経験を積み、ノウハウを築き上げることです。配属された現場で好奇心を持って仕事に取り組み、幅広い分野への対応力を身につけて、弊社を担う人材に成長していただけることを期待しております。

会社名 中外鉱業株式会社
設立 1932年 5月
代表者 代表取締役社長 芳賀 一利
業種
  • その他
  • 専門商社
  • 不動産・住宅・建材・エクステリア
募集職種
  • 法人営業
  • 研究
資本金 6,248,926,581円
売上高 300億円~1,000億円未満
従業員数 100~300人未満
事業内容

■ 貴金属部(営業職・技術職)
金やプラチナ等の貴金属の回収、精製および販売
工芸品・貴金属製品・純金めっき関連商品の企画販売     
レアアース・レアメタルに関する研究
ダイヤモンドおよび宝飾品(ジュエリー)の売買、卸業
国内外のジュエリーショーへ出展販売

■ 不動産部(営業職)
土地建物の所有、売買および仲介業務
商業ビル・マンションなどの賃貸管理および企画開発

■ 機械部(営業職)
機械産業の母体となる工作機械、鈑金機械等の買取および販売業務

■ コンテンツ部(営業職)
キャラクター関連商品の企画、制作、販売、番組提供

本社所在地 〒100-6312
東京都 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12階
その他事業所

東京・山梨・埼玉・愛知・大阪・福岡

沿革
昭和7年5月 持越鉱山(株)創立(資本金150万円)

昭和11年4月 八雲鉱業(株)など3社を合併し、中外鉱業(株)に商号変更

昭和24年5月 東京証券取引所に上場

昭和48年5月 持越鉱業所に金銀回収設備を設置
精金事業(現貴金属部)を開始

昭和54年9月 大阪営業所(現大阪支店)を開設

昭和62年11月 不動産事業部門、金めっき加工部門に進出

平成元年3月 持越工場の焼成設備、アルカリ回収設備完成

平成3年1月 甲府分析センター(現甲府支店)を開設

平成8年3月 (株)インテックス(連結子会社)の株式取得

平成9年10月 (株)インテックスが機械事業に進出

平成13年5月 白金・パラジウムの新工場完成

平成14年11月 貴金属部御徒町支店を開設

平成17年8月 持越工場の稼働を休止
東京都大田区京浜島に最新の金精製設備を完備した東京工場を新設・稼働

平成18年以降 貴金属部の支店開設ラッシュ
H18. 8 御徒町南口支店
H19. 3 新宿西口支店
H19. 6 福岡支店
H19.11 銀座支店
H20. 2 五反田支店
H21. 2 仙台支店
H21. 4 仲御徒町支店
H23. 2 新御徒町支店
H23.10 横浜元町支店
H27.3  大宮支店
H29.3  品川支店

平成24年10月 宝飾部新設(貴金属部より分離・独立)

平成25年12月 機械部高崎支店を開設

平成26年3月 宝飾部ルピナス本店を御徒町に開設

平成27年3月 貴金属部大宮支店を開設

平成27年5月 コンテンツ部を開設

平成29年3月 貴金属部品川支店を開設

中外鉱業株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ