ビカム株式会社

  • 企業情報

企業概要

会社名 ビカム株式会社
設立 2005年 9月
代表者 代表取締役 高木 誠司
業種
  • WEB・インターネットサービス
募集職種
  • 法人営業
資本金 100,000,000円
特徴
  • ベンチャー企業
  • 中途入社者50%以上
  • 女性が活躍
事業内容

【データフィード マーケティングサービス】

・データフィードマネジメント サービス
 BFP(Become Feed Platform)
  商品データをCriteo、Google、Facebook等のデータフィード広告配信用のフォーマットに最適化

・データフィード広告運用 サービス
 Criteo、KANADE等のデータフィード広告運用をフィード作成・最適化も含めトータルでサポート

・商品検索メディア サービス(Become)
 ECの商品検索メディア運営


【その他広告運用サービス】

 グループ会社のメタップスインタラクティブにて、リスティング広告、ディスプレイ広告、等
 ウェブ広告運用をトータルでサポート

本社所在地 〒108-0073
東京都 東京都港区三田一丁目4番1号 住友不動産麻布十番ビル3階
沿革
2005年
9月 東京都渋谷区渋谷にトランス・コスモス株式会社と米国のBecome,Inc.とのジョイント・ベンチャーとして設立
9月 代表取締役に弘井 澄子が就任

2006年
7月 代表取締役に上野 正博が就任
8月 東京都目黒区青葉台に移転

2007年
2月 ショッピング検索サイトBecome.co.jpサービス開始

2009年
9月 米国Become,Inc.が株式100%を取得

2011年
4月 代表取締役に小野 良一が就任

2012年
1月 リターゲティング広告、Criteoの広告運用サービス開始
4月 データフィードマネジメントサービス、ビカムフィードクリエイター(BFC)のサービス提供開始

2016年
6月 株式会社メタップスが株式100%を取得
10月 代表取締役に高木 誠司が就任

2017年
3月 「BFC (Become Feed Creator)」をバージョンアップしたデータフィード最適化プラットフォーム「BFP (Become Feed Platform)」の提供を開始
7月 ビカム、エンジン株式会社(現 メタップスインタラクティブ)と資本業務提携
12月 東京都港区三田に移転

代表者紹介

高木 誠司代表取締役

1998年、慶應義塾大学経済学部卒業。 野村證券株式会社を経て、⽶国公認会計⼠試験合格後、モバイル広告代理店共同創業と同時に取締役に就任。2016年10⽉より株式会社メタップス執行役員に従事するとともに、ビカム株式会社代表取締役に就任。

ページトップへ