国分プレス工業株式会社

  • 企業情報

企業概要

「技術」・「人材」・「人の和」を重視し、お客様から喜ばれる企業を目指して

国分プレス工業はHONDAの自動車部品を67年以上に亘って生産しております。エンジン部品やボディ部品、足回り部品、車軸部品などの中小部品を手掛け、その中でも特に難形状部品に対してのプレス生産技術については特化しております。複雑な形状でも板金プレス加工を行なうため、効率的な生産とコストの低減を実現。その技術力には高評価を頂いております。
近年はお客様のニーズに応えるべく、国内生産拠点の拡張と新技術の導入等、生産体制の強化に努めてきました。プレス加工だけではなく、ロボット溶接機を使用しての溶接ラインや塗装自動ラインを導入した事により、高効率な一貫加工体制を確立。また品質面においても、より高度な管理・保証が行えるよう、新たな試みとして非接触光学式3次元測定機を導入。弊社が得意とする難形状部品を今までより速く、しかも正確に解析することができるようになり、品質管理・保証力の向上はもちろんのこと、自社内の生産体制の躍進に加え、他社様との競争力向上へも繋がりました。
2008年からは目標の一つでもありました海外への進出も果たし、現在本格的に稼動。よりグローバルな生産体制の構築に成功しました。現在、国内拠点のさらなる生産体制の強化と平行し、今後予測されるますますのグローバル化に対して、海外拠点へ国内マザー工場から支援を行い、相互に技術の躍進を図りながら、国内拠点と海外拠点との特性を活かし、国分プレスグループの企業体質を確固たるものとしていきます。
2017年には東栄化成株式会社を国分プレスのグループ企業とし、金属、ステンレス、アルミ、ハイテン材のみならず、プラスチック製品と幅広く製品を生産できる体制を整えました。

会社名 国分プレス工業株式会社
設立 1955年 3月
代表者 代表取締役社長 国分 秀隆
業種
  • 自動車・自動車部品・輸送機器
募集職種
  • 生産技術
  • 設計
資本金 70,200,000円
売上高 30億円~100億円未満
従業員数 300人~1,000人未満
特徴
  • 平均勤続年数10年以上
  • グローバル展開中
事業内容

2輪・4輪・汎用車用部品製造
建築用金具製造
金型治工具設計・製作

本社所在地 〒340-0123
埼玉県 埼玉県幸手市上吉羽堤外2100-23 国分プレス工業株式会社 第1工場
その他事業所

国内

本社/東京都板橋区

工場/埼玉県幸手市(2拠点)/三重県津市(1拠点)

技術センター/埼玉県幸手市(1拠点)

営業所/栃木県宇都宮市(1拠点)

海外

中国/国分精密制品(佛山)有限公司

関連会社

東栄化成株式会社

沿革
1951年 東京都北区上十条に国分プレス工業所創業
1952年 本田技研工業株式会社十条工場と二輪部品の取引開始
1955年 有限会社国分プレス工業所、法人となる
1960年 本田技研工業株式会社より優良感謝賞(原価部門)受賞
1961年 マン島TTレースでHONDA完全優勝を記念し協力工場として表彰される
1963年 本田技研工業株式会社と四輪部品の取引開始(S360 N360)
1965年 順送金型の自社製作開始
1974年 三重県安濃町(現:津市)に安濃工場完成
1985年 埼玉県幸手市に幸手工場完成
1987年 栃木県宇都宮市に栃木営業所(現:宇都宮センター)開設
1998年 埼玉県幸手市にテクノセンター完成
      (金型設計・製作、製品解析)
2001年 幸手工場 ISO14001を認証取得
2002年 埼玉県幸手市に幸手第2工場完成(プレス・溶接工場)
2003年 幸手第2工場を拡張(無公害カチオンED塗装ライン導入)
      「プレス→溶接→表面処理→組立」による一貫加工体制を確立
      安濃工場 ISO14001を認証取得
2005年 幸手第2工場 ISO14001を認証取得
2006年  中国に国分精密制品(佛山)有限公司を登記・設立
2008年  中国に国分精密制品(佛山)有限公司にて
        ISO14001を認証取得
       全生産拠点にてISO14001を認証を取得
2011年  国分精密制品(佛山)有限公司にてISO/TS16949の認証取得
2017年  東栄化成株式会社を国分プレスのグループ企業とする

国分プレス工業株式会社が募集しているその他の求人

国分プレス工業株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ