大崎データテック株式会社

  • 企業情報

企業概要

大崎データテックは、日本のエネルギー・ライフラインを支える企業さま・自治体さま向けに、柔軟で、きめの細かい製品・サービスを提供しています。

ユーティリティ事業(電力・ガス・水道)向け検針システムを核に“ お客さまの現場でお役に立つ” 製品・サービスを提供しています。
また、働き方改革にも早期から着手しており、時間外労働の少なさ、休日の多さを実現しており、社員の満足度がお客様への満足にもつながると考えております。

会社名 大崎データテック株式会社
設立 1990年 3月
代表者 代表取締役社長 石本 裕章
業種
  • ソフトウエア
  • 建設・建築・設備・電気
  • 電力・ガス・水道・エネルギー
募集職種
  • システムエンジニア(SE)
資本金 350,000,000円
売上高 10億円~30億円未満
従業員数 30人~100人未満
特徴
  • 中途入社者50%以上
  • 平均勤続年数10年以上
  • 離職率5%以下
  • 女性が活躍
事業内容

● 検針用ハンディターミナルおよび屋外用携帯型プリンタの開発、販売、保守
● 無線検針システムの開発、販売、保守
● 検針システムに係わるソフトウェアの開発、販売、保守
● 自治体様向け業務用ソフトウェアの開発、販売、保守
● 紙類の販売
● 上下水道料金徴収業務(水道及び下水道検針、収納業務)
● 電気通信事業・電気工事業 等

本社所在地 〒141-0022
東京都 品川区東五反田2-1-10 大崎電気ビル
その他事業所

札幌、釧路、日立、福岡に営業所があり、草加にハードの保守・倉庫があります。

沿革
1990/03 設立
2002/11 大崎データテック株式会社に社名を変更

ページトップへ