データライブ株式会社

  • 企業情報

企業概要

第三者保守のリーディングカンパニーを作り上げる!

現在、世の中は「第4次産業革命」に向かっています。
既に囲碁で人工知能がプロ棋士に勝ってしまったり自動車が自動運転したりと、革命的な技術革新が進んでおり
日本も世界に追随しなくてはならない事態になっています。
ですが、実は日本企業のIT予算構成には大きな問題があるため、発展にブレーキがかかっているのです。

<< 企業のIT予算の8割が「過去に作ったシステムの管理維持費用」で占められている >>

第4次産業を発展させるためには、AIやスマートロボなどの新技術に投資し技術開発を進めていくべきなのですが、
現在多くの日本企業は多額の予算を現状のシステム管理維持費用として使い果たしてしまう構造になっていて、
新規事業に必要な資金を捻出できないという問題に直面しています。

原因は、日本ではメーカー以外にシステム保守ができる企業があまりないこと。
メーカー以外の選択肢がないため、コストを抑える工夫ができないこと。

そこでデータライブはメーカーに代わって保守をさせて頂くサービスを展開し、コストダウンした予算を
第4次産業を発展させる資金とする「IT投資の最適化」をご提案させていただいております。

メーカー以外の立場で保守ができる企業のことを「第三者保守会社」と言い、欧米では既に存在しています。
私達は日本に第4次産業革命の夜明けをもたらすべく、第三者保守のリーディングカンパニーとして市場を作り上げています。
アメリカで第三者保守は保守市場全体の20%を占めていますが、日本では1%程度で伸び行く有望な市場で事業を行なっています。

非常にニッチなサービスを扱っており、将来性が約束された市場におりますので、今後も企業と共に発展的な成長を
感じることができます。

会社名 データライブ株式会社
設立 2003年 12月
代表者 代表取締役 山田 和人
業種
  • ハードウエア
  • その他
募集職種
  • 法人営業
  • インフラエンジニア(サーバ・ネットワーク)
  • システムエンジニア(SE)
資本金 30,000,000円
売上高 10億円~30億円未満
従業員数 100~300人未満
特徴
  • ベンチャー企業
  • 売上成長率130%以上
  • 資金調達1億円以上
  • 上場目指す
  • 中途入社者50%以上
事業内容

■コンピュータシステム 保守メンテナンス事業
■リユース(中古再生)コンピュータ、ネットワークシステム機器の販売
■コンピュータ、ネットワークシステム機器の買取
■システム開発・運用業務(人材管理システム)

本社所在地 〒113-0033
東京都 文京区本郷2-38-4 本郷弓町ビル
その他事業所

【東京テクノセンター】 東京都荒川区東日暮里1-26-5
【関東ストックセンター】千葉県野田市山崎2752-13

沿革
2018年2月 データライブ関東ストックセンター(KSC)開設(千葉県野田市)
2017年5月 EMC/NetApp保守(EOSL/EOLオンサイト)対応開始
2015年4月 データライブ 東京テクノセンター(TTC)開設(荒川区)
2013年9月 NEC Express5800保守(EOSL/EOLオンサイト)対応開始
        Microsoft公認 Embedded Partnerになりました。
2013年7月 不要ハードウェアトータルソリューション(サーバ・ネットワーク機器・パーツ買取・回収・撤去
        をワンストップ対応)を開始しました。
2013年5月 国際規格ISO9001(QMS)、ISO27001(ISMS)を同時取得
2013年3月 富士通 PRIMERGY(プライマジー)保守(EOSL/EOLオンサイト)対応開始
2013年2月 24h対応コールセンター設置 【物流倉庫】物流倉庫(東京)増床
2012年8月 HP9000/HP Integrity保守(EOSL/EOLオンサイト)対応開始
2012年3月 【保守対応エリア・機器】北海道、大阪、福岡追加しました。
2012年3月 【物流倉庫】物流倉庫(大阪)設置しました。
2011年12月 東京都文京区本郷に事務所移転
2011年11月 資本金を3,000万円に増資
2011年4月 DELL(デル) PowerEdgeサーバ保守(EOSL/EOLオンサイト対応)開始
2011年3月 ハードディスク データ消去、物理的破壊サービス開始
2010年12月 Sun(Oracle)保守(EOSL/EOLオンサイト 24時間365日)対応開始
2010年10月 HP ProLiantサーバ EOLハードウェア保守サポート開始
2010年9月 EOLハードウェア(サン・マイクロシステムズ機器)保守サポート開始
2010年6月 リユースIT機器を利用したシステム延長サービス開始
         リユースIT機器ハードウェア保証・オンサイト保証サービス開始
         F5 中古BIG-IP冗長化・オンサイト保守サービス開始
         リユースIT機器を利用したリユース機器、仮想化技術を活かしたシステム延長サービス開始
2010年1月 中古ネットワーク機器販売リユースネットワーク.netリリース
2009年7月 「DSP版WindowsサーバーOS」の中古サーバへの適用をマイクロソフト株式会社から許諾を受けOEM供給を開始
2009年5月 リユースサーバ.NET リニューアル
2009年2月 リユース事業部強化
2008年10月 リユースサーバ事業拡大のため倉庫増床
2008年1月 リユースサーバ販売サイト稼動開始(中古パソコンECサイト リユースPCリニューアルオープン)
2007年8月 リユースサーバ事業開始
2007年5月 スポット系人材会社の業務にも対応した派遣システム(「IBC派遣システム」リリース)
        リユースPC事業拡大のため外神田3丁目に倉庫開設
2007年3月 パソコン買取事業poi.st開始
2006年11月 ライブドアデパート1号店開設
2006年9月 アマゾンジャパン店開設
2006年8月 東京都千代田区外神田6丁目(秋葉原)に事務所移転
2006年7月 リユースPC催事販売事業を開始(楽天市場1号店開設 Yahooオークションストア1号店開設)
2006年5月 電脳卸1号店開設(モバイルオークション1号店開設)
2006年4月 中古パソコンECサイトreusepc.net 稼動開始
        (ビッダーズPC1号店開設 ポケットビッダーズ1号店開設 AUショッピングモール1号店開設)
2006年1月 リユースPC販売事業開始
2005年10月 東京都千代田区外神田5丁目(秋葉原)に事務所移転
2005年9月 会社名を「データライブ株式会社」に変更
2005年9月 増資を実施。資本金1,000万円。株式会社へ組織変更
2005年7月 九段下に事務所移転
2005年1月 株式会社アドヴァンテージ(旧WillB Yokohama)と共同で人材会社向け採用サイト構築
2004年5月 スポット系人材会社向け手配管理システムASPサービス「IBC手配管理システム」リリース
2003年12月 千代田区麹町にて「有限会社インターブレインコミュニケーションズ」設立(資本金300万)

代表者紹介

山田 和人代表取締役

静岡県出身。名古屋大学工学部応用物理学科卒。
大学の同期生は大学院か総合商社や金融等に進む中、大阪で営業職として社会人生活をスタートした。
その後コンピュータ会社に転職。
ネットワークエンジニアとして修行するかたわら、事業協同組合設立事業に参画するなど、経営者として独立を意識。

のちにシステム開発会社を起業し、後に中古サーバーの販売事業を始めるが、直後に倒産の危機。
人生を振り返って立ち直り、ITハードウェアの「第三者保守」という新事業へと邁進している。
その経験から、自立し自由を得てそれぞれの人生を磨くという思いを大切にしている。

データライブ株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ