株式会社ネットスターズ

  • 企業情報

企業概要

IT先進国の最先端のサービスを日本、世界のお客様にお届けする。それがネットスターズの使命です。

株式会社ネットスターズは、2009年にIT技術者3人で立ち上げた日本のインターネットサービス企業です。

日本と中国のテクノロジーを融合したサービスをインターネットを通じて世界に発信する目的で、フィンテック決済サービス、国際通信サービス、スマホアプリの開発等を行っています。

また、創業以来、アジアNo.1のインターネットサービス企業である騰訊控股有限公司(テンセント社)の日本展開をサポートしており、WeChat Payの日本展開・運営や中国SNSでのプロモーション支援など、
主にインバウンドを中心に事業を成長させてきました。

そして2018年には、マルチ決済プラットフォーム「Star pay」を開発・リリース。
日本の決済を変えていくフィンテック企業として進化をしています。

会社名 株式会社ネットスターズ
設立 2009年 2月
代表者 代表取締役社長 CEO 李 剛
業種
  • WEB・インターネットサービス
資本金 1,839,000,000円
特徴
  • ベンチャー企業
  • 売上成長率130%以上
  • 資金調達1億円以上
  • 上場目指す
  • 中途入社者50%以上
  • 離職率5%以下
  • グローバル展開中
  • グローバル展開予定
事業内容

ネットスターズは中国・アジアで急速に普及が進んでいるモバイル決済を中心としたフィンテックサービスを開発提供しています。

特に中国テンセントのパートナー企業として、2011年よりQQ日本版、2013年より越境ECサイト、2015年より日本で初めてWeChat Pay のサービスを展開しています。
2017年テンセント海外優秀パートナー賞を受賞。

2020年東京オリンピックに向け増加する訪日客を対象にしたWeChat Payを中心としたインバウンド向け決済サービスとプロモーションサービスを10,000店舗以上に提供しています。

またWeChat Payで開発したモバイル決済のインフラを活用し、LINE Payなどの日本人向けモバイル決済サービスの開発提供も行っており、
モバイル決済のインフラとして、決済サーバ、決済アプリ、決済インフラなどの開発提供をしています。

特に中国各地のハイテク企業とのパートナーシップを活用し、中国で開発された最新のフィンテック技術、シェアリングサービスなどの最新ビジネスモデルをいち早く取り入れ、日本市場で展開することがネットスターズの主要事業です。

本社所在地 〒103-0025
東京都 中央区日本橋茅場町3-11-10 PMO日本橋茅場町12F

ページトップへ