株式会社壮関

  • 企業情報

企業概要

新しい経営理念「食と笑顔未来へつなぐ架け橋に」のもと、自然のおいしさと健康を届け、笑顔あふれる社会を作りたい。 その先にあるたくさんの方の笑顔のため、幸せな未来へつなぐ架け橋となることを目指します。

壮関は1991年の創業以来、お客様本位・品質本位の姿勢に基づいて、それまでなかった「素材菓子」というカテゴリを確立させるなど、つねに新しい価値を生み出すことにチャレンジをしてまいりました。例えば、海産物では1996年に「シャキシャキ茎わかめ」を発売。茎わかめを初めて菓子として世に送り出し、以来、人気商品となっています。また、農産物では、梅から種を抜き取って柔らかく干した「種抜き干し梅」、お菓子感覚で食べられる「干し芋」など、食材の新しい食べ方を次々に提案。こうしたヒット商品により、素材菓子メーカーとして大きく成長することができました。

会社名 株式会社壮関
設立 1991年 8月
代表者 代表取締役社長 板山 健一
業種
  • 食品・化粧品
資本金 20,000,000円
売上高 30億円~100億円未満
従業員数 300人~1,000人未満
特徴
  • 上場目指す
  • 中途入社者50%以上
  • 女性が活躍
  • グローバル展開中
事業内容

・水産加工品の製造、販売
・農産物加工品の製造、販売

本社所在地 〒329-1579
栃木県 矢板市こぶし台4番地1
その他事業所

【さくら工場】栃木県さくら市
【岩手大槌工場】岩手県上閉伊郡大槌町
【本社第2工場】栃木県矢板市
【大谷工場】栃木県宇都宮市
【喜連川第1・第2・第3工場】栃木県さくら市

沿革
1991年8月  名称 壮関通商  関 雅樹により横浜市港南区に於いて貿易業として創業
1994年4月  横浜市鶴見区に移転し製造工場稼動
1995年9月  漬物をおつまみとして発売 カリカリ梅発売
1996年9月  茎わかめ発売
1997年2月  栃木工場竣工(現さくら工場)
1998年8月  栃木工場に本社移転
2000年1月  調味製造工程を自動化 自動洗浄ライン完成
2001年1月  焙焼・乾燥ライン完成 魚介乾燥製品製造開始
2003年10月  種抜き干し梅発売
2004年8月  HACCP委員会設置
2004年12月  本社移転・新本社工場竣工(栃木県矢板市こぶし台)
2005年9月  本社工場・冷凍倉庫完成(原料100t収容可能)
2005年10月  米国食品医薬品局(FDA)認証 対米HACCP取得
2006年2月  おつまみめかぶ発売
2007年5月  さくら工場・冷蔵倉庫完成(原料120t収容可能)
2008年1月  喜連川社会復帰促進センター内第一・第二工場稼動
2008年3月  さくら工場・するめ包装ライン稼動
2008年3月  岩手県普代村産茎わかめ発売
2010年10月  おつまみになった岩下の新生姜発売
2012年8月  復活三陸産茎わかめ発売
2014年3月  やわらか三陸茎めかぶ発売
2014年9月  岩手県大槌町と立地協定
2014年11月  アント・キャピタル・パートナーズグループと資本業務提携
2016年1月  喜連川社会復帰促進センター内第三工場稼働
2016年5月  岩手大槌工場落成
2017年1月  干し芋事業取組開始(5月大谷・清原地区でさつまいも生産開始)
2017年5月  茎わかめの情報サイト『茎わかめLIFE』開設
2017年10月  岩手大槌工場HACCP認定取得
2018年1月  大谷干し芋工場稼働
2018年2月  栃木県産干し芋発売
2018年3月  本社第2工場稼働

代表者紹介

板山 健一

板山 健一代表取締役社長

ページトップへ