ヴァイタル・インフォメーション株式会社

  • 企業情報

企業概要

一歩先の未来を、一緒に。「できたらいいな」が叶う未来はすぐそこに。
ヴァイタル・インフォメーションは、ITテクノロジーで答えていきます。

★☆★エンジニアのための会社づくりが浸透している企業★☆★
当社は1996年に11名の社員でスタートしました。その創業時から「自分たちで自分たちの特徴のある会社を作る」というマインドを持ち、社員が自分たちのものである会社の特徴を作り上げてきました。エンジニアを大切にしたいという思いは創業当時から今も続いています。

■目指すは「安定と革新のハイブリット企業」
「安定と革新のハイブリット企業」へと進化し続けることが、当社の中期的なビジョン。当社は長きにわたり大手クライアントの直接依頼を受け、要望を十二分に汲み取り、お客様に寄り添った提案をすることで、信頼関係を築き上げてきました。この大手企業様に向けた安定基盤を強固にしていくため、より専門性に特化したお客様の問題解決に携わって行くべく、以下のような最先端の技術開発にも取り組んでいます。
【IoTプラットフォームサービス】
自社開発したIoT自律型ワイヤレスネットワーク「ヴァイタルネット」で、地域・介護施設・医療機関・行政や企業などに健康管理支援などソリューションを提供しています。
【AIの研究開発】 ⇒ ニューラルネットワーク研究開発本部
人工知能(AI)など、革新技術による産業構造の変化に対応するため、定常的な研究・開発を行っています。自社独自に、AI技術である「ニューラルネットワーク」の技術開発を行うなど、革新技術に取り組んでいます。

会社名 ヴァイタル・インフォメーション株式会社
設立 1996年 8月
代表者 代表取締役社長 淺田 孝浩
業種
  • SIer
  • ソフトウエア
  • その他
募集職種
  • プロジェクトマネージャー(PM)
  • システムエンジニア(SE)
  • 人事
  • 法人営業
資本金 50,300,000円
売上高 10億円~30億円未満
従業員数 100~300人未満
特徴
  • 上場目指す
  • 中途入社者50%以上
  • 離職率5%以下
  • 女性が活躍
  • グローバル展開予定
事業内容

確かな技術と豊かな感性、そして温かいコミュニケーションにより皆様に満足いただける価値を提供いたします。

【SIサービス】
様々な業種・業態で培ったIT技術・業務ノウハウを最大限に活用し、お客様のビジネスを成功へと導くサービスを提供
・ソフトウェア開発サービス
・インフラ構築サービス

【ITプラットフォームサービス】
システム運用実績に基づき、信頼性の高い運用管理をご提案し、高品質なサービスを提供

【クラウドインテグレーションサービス】
様々なクラウドサービスを、お客様の業務に合わせて最適なソリューションとして提供します。

【IoTプラットフォーム】
IoT技術を活用してデータ収集・処理・提供することにより、見守り支援などのソリューションを提供します。

本社所在地 〒160-0022
東京都 新宿区新宿2-13-12 住友不動産新宿御苑ビル
その他事業所

<大阪本部>
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-5-13 又一ビルディング

<海外法人>
VITAL USA, Inc.(米国)

沿革
1996年8月8日 社会に評価される会社を創ることを目標に設立
1997年 4月 本格事業開始、60名の体制で単月黒字スタート
   11月 米国に海外拠点設置
1999年 3月 実質第2期終了、設立時の累損一掃
5月 米国シアトルに現地法人(Vital USA, Inc.)設立
2000年 4月 新卒学生採用1期生入社 以降毎年新卒者を継続採用
2001年 3月 米国TALISMA社(現CampusManagement社)と業務提携
2005年 4月 プライバシーマーク認定
2007年 4月 一般労働者派遣事業許可(許可番号 般13-302595)
2009年11月 ウェブナビゲーションをリリース
2010年 6月 ビジネスチャットシステム「チャット de ナビ」をリリース
8月 Webコンテンツ管理システム「HeartCore」の取扱を開始
10月 アクセス解析ASPシステム「ADPLAN SP」の取扱を開始
2011年 8月 創立15周年
9月 飲食店検索サイト「呼び.COM(よびこむ)」のサービスを開始
2012年 4月 スマートデバイス室設立
スマートフォン向けアプリリリース
2013年 3月 大阪府立大学との共同開発健康生活支援ツール「自採えっと」をプレスリリース
6月 一般財団法人関西情報センター(KIIS)が受託した
「経済産業省地域新産業戦略推進事業関西スマートヘルスケア
産業創出促進事業」に過去実績を評価され選定される
6月 某ニュータウン内のNPO法人や社会福祉法人と共に
「スマートヘルスケアシティ実現に向けた高齢者向け見守り
支援事業ビジネスモデル研究会」として事業化を検討
2014年 4月 YouTubeに「きたさん動画」を公開
4月 大阪市立大学大学院工学研究科と共同研究契約を締結し見守り支援事業の
コア技術であるセンサーネットワークの研究開発を実施
12月 開発した試作機を使い某ニュータウン市街地で現地技術試験を実施
2015年 3月 きたさんLINEスタンプ販売開始
8月 業務拡張のため本社・東京オフィスを移転
10月 大阪市立大学と共同開発した「地域自律型ワイヤレスネット
ワーク」を高齢者見守りに適用した事例についてプレスリリース
2016年 8月 創立20周年
2017年 4月 ニューラルネットワーク研究開発本部を設立し
R&D課にてAI・ニューラルネットワーク技術を中心とした研究開発を開始
2017年10月 品質と開発速度を向上する自社プロセス「VIアジャイル開発標準」に対応
する高度なIT人材の育成を推進するため、社内で施行していたに『プロジェクト手法研修』
ついての初回の認定試験を実施し、「VIアジャイル開発標準:メンバー」として15名を認定

代表者紹介

淺田 孝浩

淺田 孝浩代表取締役社長

奈良県市身で昭和37年(1962年)9月29日生まれ
昭和60年3月近畿大学法学部法律学科卒業
昭和60年4月IT企業に入社し3年間はプログラマ・SEを経験、その後は一貫して営業畑を歩む
平成8年10月 ヴァイタル・インフォメーション株式会社入社、取締役大阪営業部長就任
平成10年4月に常務取締役大阪本部長
平成12年6月に代表取締役専務就任
平成14年6月に代表取締役社長就任後
平成15年1月に活動主軸を東京に移し現在に至る

ヴァイタル・インフォメーション株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ