株式会社SEデザイン

  • 企業情報

企業概要

企業のマーケティングコミュニケーション活動を支援する会社

私たちには大手外資グローバル企業のパートナーとして、30年に渡る実績と常に更新するマーケティングコミュニケーションのノウハウがあります。SEデザインは、パソコンの普及が拡大し始めた1980年代当時からの大手グローバル企業へのご支援を皮切りに、多くの企業のマーケティング活動支援においてさまざまな経験を蓄積してきました。また、当社の前身である創業会社の翔泳社はITおよびマーケティング関連書籍、メディアを手がける出版社であり、その出版業で培ったコンテンツ開発力・編集力こそが我々の強みの1つでもあります。これらの経験や強みをもとに、企業のマーケティング課題に応える知識、スキル、ネットワークを活かして、オンライン・オフラインを問わず幅広い施策をご提案し、クライアント企業のマーケティング活動全般を支援しています。

会社名 株式会社SEデザイン
設立 2006年 10月
代表者 代表取締役社長 篠崎 晃一
業種
  • WEB・インターネットサービス
  • その他
  • 広告・マスコミ(放送・出版)
  • イベント・デザイン・印刷・映像・音響
募集職種
  • WEBマーケティング
  • 法人営業
  • ディレクター
  • 代理店営業・アライアンス
資本金 30,000,000円
売上高 3億円~10億円未満
従業員数 30人~100人未満
特徴
  • 中途入社者50%以上
  • 平均勤続年数10年以上
  • 離職率5%以下
事業内容

デザイン事業  企業のマーケティングコミュニケーションを支援する下記サービスの提供
・製品のマーケティング/販売促進に関するサービス
・ユーザー(主に法人担当者)のサポートサービス
・企業PR/IRのサポートサービス

本社所在地 〒160-0006
東京都 新宿区舟町5 SE舟町ビル
沿革
1985年創業の『翔泳社』が、2004年東証ジャスダックへの上場の後、2006年に純粋持株会社SEホールディングス・アンド・インキュベーションズへの移行とともに各事業局を子会社化、そのひとつとして株式会社SEデザインが生まれました。

私たちのビジネスは、マイクロソフト社が日本市場に上陸した1980年半ばのマニュアル制作やパッケージデザインから始まりました。その後さらに数多くの外資系IT関連企業の日本市場の開拓を支援し、情報メディアが次々に更新されるなか、時代を読みつつ幅広いソリューションを提供してきました。創業から30年余を経て今現在も新たな市場を開拓する先鋭的な企業のマーケティングコミュニケーション活動を支援しています。

IT業界が中心だったクライアントも、ITのソリューションやオンラインネットワークを背景とした多様なサービスを展開する企業群へと拡張して来ました。私たちは今、編集やデザインという普遍的な技量を携えつつ、オウンドメディアを支援するコンテンツマーケティング、自社メディアの展開などを含めより一層デジタルマーケティングに注力するための人材の登用と育成を急いでいます。

代表者紹介

篠崎 晃一

篠崎 晃一代表取締役社長

武蔵野美術大学卒業後、向井周太郎デザイン研究所、CIシステムの設計事務所にてコーポレート コミュニケーション関連のデザインに携わる。長澤忠徳(現武蔵野美術大学学長)らとともにデザイン会社設立。ASCIIから販売促進企画やソフトウエアのパッケージデザインを受託。これをきっかけに1986年マイクロソフト日本法人立ち上げの際のパッケージデザインのコンペティションに参加、提案したデザインシステムが日本法人で最初に発売されたソフトウエアの統一パッケージとして採用された。その後、活動を翔泳社デザイン研究所に集約し、外資系IT関連企業を主なクライアントとしてマーケティングコミュンケーションを請負うアウトソーシングサービスを展開した。現在、株式会社SEデザイン(旧翔泳社コミュニケーションデザイン局)代表。非常勤講師として、1990年より武蔵野美術大学基礎デザイン学科にてデザイン演習「Text Information」を担当、2015年より同校デザイン情報学科にて「ブランディングデザイン」等を担当。

株式会社SEデザインが募集しているその他の求人

株式会社SEデザインが募集しているその他の求人

ページトップへ