リーズンホワイ株式会社

  • 企業情報

企業概要

「医療×IT」で患者と専門医を繋ぎ、全人類の寿命を1秒伸ばす

リーズンホワイは、病院、医師、患者の3つのデータベースを保有し、独自の解析技術を用いて、患者様、医療関係者、医薬品医療機器関連企業に対してソリューションを提供する企業です。弊社のデータや技術を駆使することで「全人類の寿命を1秒伸ばす」ことを目指しております。数年後の上場を見据え、2019年は飛躍の年にするべく、事業拡大を担っていただける営業職の方を募集しております。

会社名 リーズンホワイ株式会社
設立 2011年 7月
代表者 代表取締役 塩飽 哲生
業種
  • WEB・インターネットサービス
  • その他
  • その他
募集職種
  • システムエンジニア(SE)
  • 調査・リサーチ
  • 法人営業
  • 広告宣伝
資本金 616,000,000円
従業員数 10人~30人未満
事業内容

製薬会社MR向けの販売戦略ツール「Whytplot」の企画・開発
専門医向けのソーシャルネットワーキングサービス「Whytlink」の企画・開発
専門医と患者のマッチングサービス「FindMe」の企画・開発

本社所在地 〒105-0001
東京都 港区虎ノ門5-11-1 オランダヒルズ森タワーRoP 1201
沿革
2011年7月
株式会社リーズンホワイを東京都港区赤坂に設立(資本100万円)

2011年8月
医療機関の戦略分析ツール「リーズンホワイ・Strategy」をリリース

2014年1月
医療機関のレセプト分析ツール「リーズンホワイ・Checker※1」をリリース

2014年2月
社名をリーズンホワイ株式会社へ変更

2014年3月
資本を1,000万円へ増資

2014年4月
データに基づいた病院選びのためのWebサービス、「リーズンホワイ・yourHospital」をリリース

2014年5月
資本を1,600万円へ増資

2014年7月
本社を東京都港区虎ノ門に移転

2014年10月
資本を5,600万円へ増資

2015年4月
地域医療分析ツールを使った製薬会社向けサービスを開始

2015年6月
専門医限定プロフェッショナルネットワークサービス「Whytlink」をリリース

日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)主催の手術症例登録 システム「JOSKAS eNOTE」の運営(開発および運営事務局)を開始

2016年3月
第三者割当増資により、資本を21,600万円へ増資

2016年8月
専門医限定プロフェッショナルネットワークサービス「Whytlink」を インド、東南アジアへ向けてリリース

2017年1月
医師限定のSNS、Whytlink(ホワイトリンク)アプリをリリース

2017年3月
地域医療分析ツールWhytPlot提供開始

2017年4月
第三者割当増資により、資本を61,600万へ増資

2017年5月
Whytlink ホワイトリンク 登録ドクター 2000 人突破

2017年7月
研修医の学びを競う Residenpic(レジデンピック) 初開催

2017年8月
「WhytPlot MAP(ホワイトプロットマップ)」をリリース

2017年9月
医師限定コミュニケーションツール「Whytlink」のAndroid版をリリース

2017年10月
Whytlink(ホワイトリンク)登録ドクター3,000人突破

2018年1月
「WhytPlotホワイトプロット」に病医院の外来患者数を示す機能を追加

2018年3月
Whytlink(ホワイトリンク)登録ドクター4,000人突破

2018年4月
ネット型セカンドオピニオン「Findme」をリリース

2018年6月
経済産業省、 JETRO、NEDOによるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」における「特待生(J-Startup企業)」に選定

リーズンホワイ株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ