「転職35歳限界説」を正しく理解すると30代の転職が難しい理由が分かる

「転職は35歳が限界」というフレーズをどこかで耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

結論からお話しすれば、35歳という年齢だけで転職ができなくなることはありません。しかし、転職の条件やあなたのスキルによっては、年齢の壁が大きく立ちはだかるのは事実です。

そこで今回は、転職活動にまつわる「年齢の壁」について、その実態を詳しくみていきましょう。

未経験での新しい業界や職種への挑戦なら、限界説は「ホント」

未経験から新しい業界へ、もしくは新しい職種へという場合には「転職35歳限界説」は事実と言っても過言ではありません。

一般的に、業界・職種共に未経験での採用は、以下の2パターンが多いです。

  • 第二新卒(新卒1〜3年目)対象の求人

  • 約3年以上の社会人経験者で、基本的なビジネススキルが既に身についている人を歓迎する求人

すなわち、20代後半までが未経験採用のメインターゲットです。この場合には35歳ではなく、30歳程度までが目安の年齢となります。

業界、職種のいずれかが未経験の場合には、一概には言えませんが、前職の経験を活かせる部分があれば、未経験でも35歳程度までは転職できる可能性が少なくありません。

今後の転職を意識するのであれば、「自分の強みが何か?」を明確に考え、主体的に経験を積んでいく必要があるでしょう。

30代になると求められるスキルって何?

転職の際に問われるのは業界や職種の経験だけではありません。年齢が上がるにつれて、求められる汎用スキルは変化します。特に30代になると、下記のスキルが期待されることが増えるでしょう。

  • チームやグループのマネジメント経験

  • 新人育成の経験

  • 強みと言える業界知識、職務知識、技術+実務経験

これまでの実務経験で培ってきた強みだけでなく、マネジメントという要素が求められるようになるのが30代。

何かのスペシャリストとして採用される場合にはこの限りではありませんが、その分さらに専門的な知識や経験を強みとして求められるようになります。

「35歳限界説」。30代の転職が難しいワケ

30代になると未経験としての採用チャンスが減るだけでなく、経験のある分野であっても求められる能力が高くなるため、転職のハードルは上がるといえるでしょう。

また、このようなマネジメントスキルや専門的な知識は年齢が上がるほど高度な内容を求められるため、35歳を超えての転職者数は確かに少なくなります。そうした背景から「35歳限界説」というものが囁かれるようになったのかもしれません。

相応のスキルや経験があれば転職の機会が全くないわけではありませんが、難度が上がるという点は覚えておくべきポイントです。

業界や職種によっても差があることを理解しよう

ここまで、「一般的な転職年齢の目安」をお話ししてきましたが、業界や事業規模、社風などによっても違いがあることも理解が必要です。

自分のスキルや経験を活かせる仕事ではどのようなキャリア構築が求められているのか、どのような求人があるのか、転職を検討したらまずは情報収集をしてみましょう。

実際のところ、下記の通り「一般的な転職年齢の目安」とは少し異なる業界が少なくありません。

若年層からのキャリアの積み上げが重要となる業界

プログラマーやSEは下流工程から順序立った経験を求められる職種の1つ。プロジェクトマネジメントなど全体をまとめる仕事をできるようになるまでに10年はかかると言われており、20代半ばまでにはキャリアをスタートさせるのが一般的。

その他、離職率が低く新卒採用組が時間をかけて育てられる環境にある企業も、長年の在籍と経験の積み上げを求められる傾向にあります。

キャリア構築のスピード感が早いITベンチャー業界

入社5年以内で事業部長や子会社の役員、取締役といった経験を積むことも珍しくない業界。

違うスピード感の業界からの転職は可能ですが、同年代と大きく収入に差が出ることも多いです。

40歳以上でも転職がしやすい建設業界

建設業界の場合、現場で活かせる資格保持者などは、40〜50代であっても求人がある、やや特殊な業界です。

その他、慢性的に人員が足りない業界や離職率が高い業界も求人が多い傾向にあります。

まとめ

以上はほんの一例ではありますが、業界によって状況はさまざま。一般論はもちろん理解が必要ですが、自分自身のキャリア構築において留意すべき情報を得て、転職のタイミングを考えましょう!

日刊キャリアトレック編集部
日刊キャリアトレック編集部です!