介護業界でスピード出世するも入社3年目で転職を決意した話

170417
日刊キャリアトレック編集部が転職経験者に「はじめての転職」について聞いてみました。
今回お話をしてくれた方:内村さん(仮名)/立命館大学卒/介護職から人事職へ転職

私が就職活動をしていた大学4年生の頃、テレビや新聞などで介護業界に関するニュースがたびたび取り上げられていました。

給料が安いうえに仕事がきつい介護業界では離職率が非常に高いという話を聞いて、私は「これだ!」と思ったんです。当時の私は向上心の塊で、社会で活躍する先輩たちの姿を見ては、「私も早く出世して、エリート街道を爆走したい」という理想を持っていました。

つまり離職率の高い介護業界では、多少きつくても我慢して働き続けているうちに早く出世できるのではないかと考えたのです。それで私は、介護施設である有料老人ホームへの就職を決めました。

スピード出世するも同窓会で転職を意識

仕事を始めた当初、私はやる気に満ち溢れていました。嫌な仕事や連日のきつい勤務にも耐え、当初の予定通りに出世。早々に係長という役職につきました。

就職して3年ほど経った頃、ゼミの同窓会の知らせが届きました。もちろん出席。私は友人たちに、自分が出世したこと、仕事ができるのだということを知らせてやろうと考えていたんです。

しかし、私の出世には誰ひとり興味を示さず、みんなの話題の中心は、日々の生活がどれほど充実しているかということばかり。そのとき私ははじめて気付いたんです。自分が仕事以外に何もない生活を送っていることに……。

そこから自分の人生について考え、結果的に「転職」に思い至りました。

エージェントとの面談で人事職の可能性を知る

とはいえ、仕事が非常に忙しく、すぐに本格的な転職活動を始めることはできませんでした。

老人ホームでは入居者の体調の急変で急な残業が発生したり、夜勤もあるので、前もって予定を立てて行動することが難しかったのです。

そんなとき、最近はインターネットから人材紹介会社に登録して、専属のエージェントが代わりに仕事を探してくれるサービスがあると知りました。私も早速登録し、エージェントと面談を実施。メールでのやりとりだけでも可能でしたが、私はできるだけ時間を作ってエージェントと直接会って話をしました。

面談を重ねるうちに、担当のエージェントは私の希望や特性を見極め、私の意向に沿った人事職という方向性を示してくれました。私がこれまで介護の仕事に就いていたことから人との関わりに強い関心を持っているのではないかと言われ、それを仕事で活かせる人事という仕事の魅力を説明されたとき、私は新たな発見をした思いでした。

転職を経て、仕事内容も生活スタイルも一変

私はエージェントの言葉を信じ、未経験でも受け入れてくれる企業探しをスタート。

結果的に、私は未経験ながら3社から人事職として内定をもらうことができました。半年間真剣に転職活動に取り組んだことで、私は自分が求めていた生活スタイルを手に入れることができたので本当に良かったと思っています。

新しい会社では、人事の基本業務である給与計算、社会保険・労働保険の手続きと行政への助成金の申請をメインで担当しています。

最近はメンタルヘルス関連の資格を取得し、それに伴った業務も担当させてもらえるようになりました。今後のキャリアプランについても考慮してもらえ、大変ありがたいです。職場環境も以前の慌ただしいものからガラリと変わり、落ち着いて仕事に取り組めています。平日は家族との時間が増え、休日も意欲的に過ごせるようになり、ワークライフバランスのとれた生活ができています。

転職ってネガティブだと思っていたけど……

転職エージェントを利用して転職活動をしたことで、私は自己分析をする重要性に気づき、今後のキャリアプランを見直して大きな成果を得ることができました。

また、エージェントという第三者との面談を行うことで、自分の新たな一面を発見することができたと思います。前回、在学中の就職活動で行った自己分析では、私はまったく現実味のない夢のようなことばかりを取り入れた将来像を思い描いていました。

しかし、実際に社会に出てからの職探しは、より具体性のあるプランに修正することができ、家庭や仕事における自分の将来像を考え直す良いきっかけにもなりました。

私は以前、転職に対する世間の目は厳しいのではないかと、転職に対するネガティブなイメージを抱いていましたが、それはまったくの誤解でした。実際、私を含めて転職をした人たちは案外すぐに周りと打ち解けられています。私が抱いていた間違った先入観を払拭できたことも、転職活動にチャレンジした大きな成果だったと思います。

(了)