転職活動は「働きながら派」「辞めてから派」どちらが良いかは状況次第

「転職活動を始めたいけど、忙しすぎる」「どうせ退職するのなら転職先は決まってないけど辞めてしまおうかな」など、転職活動を在職中に行うか、離職した上で行うかを悩む方は多いのではないでしょうか。

しかし心配なのは離職した上での転職活動は不利にならないのだろうか?という点。

結論からお伝えすると、離職後の転職活動そのもので、不利になるということはありません。しかし、「リスクが大きくなる」という事実は理解が必要です。

そこで今回は、「働きながら派」と「辞めてから派」におけるそれぞれのメリットを紹介していきます。

「働きながら派」の転職活動のいいところ

職歴にブランクができない

まず挙げられるのが「職歴にブランクができない」という点です。

長い転職活動の末に転職先が決定したとしても、先々再び転職することがあれば、経歴上のブランクは不利な材料になるケースは少なくありません。

このような、中長期的な影響があることを理解して、今を優先するのか、先々のメリットを優先するのかの判断が必要となります。

一方で、離職してからの転職活動は、いつ活動を終えられるかが不明瞭で、時に経歴にブランクを作ってしまいます。

じっくりと腰を据えて転職活動に臨めるという点は良いことですが、必ずしもそれが結果に結びつくとは限らない点は事前に理解が必要となるでしょう。

経済的な安心

もう1つは「経済的な安心」という面です。

在職したままでの転職活動であれば、収入を得ながら活動を進められますので、金銭面での不安は減らせます。

離職してからの場合は、転職活動の雲行き次第では経済的な理由によって、妥協案に落ち着くことも起こりかねませんので、慎重な判断が求められます。

「辞めてから派」の転職活動のいいところ

面接の日程調整がしやすい

離職後の転職活動において最大のメリットとなるのは「面接の予定調整がしやすい」という点でしょう。企業の立場からすると、急ぎの採用の場合にはスピード感も重要になることが少なくありません。

また、在職中で多忙すぎて転職活動ができないというケースもありますので、そうした場合にも予定の調整のしやすさを優先して、離職した上での転職活動が適していることもあります。

とはいえ、一次面接などにおいては比較的柔軟に対応してくれる企業も多いです。調整が難しいからといって諦める前に、まずは転職エージェントの担当者などに相談をしてみるのもよいでしょう。

すぐに入社できる人材として期待値が上がる

もう1つのメリットは「すぐに入社できる人材として期待値が上がる」という点です。

中途採用の場合、欠員募集や事業拡大のための増員などの理由で募集をし、採用したい期日が迫っている、1日でも早く来て欲しいなど、新卒採用とは全く異なる状況にあることが多いです。

そのため、入社予定日が企業の希望と合致するかというのは非常に重要な要素です。最終選考段階で同じ評価の候補者がいるとしたら、入社日の調整が確実にできる方が優先されることはありえます。

ですので既に離職をしていれば退職交渉の結果辞退する、という心配も企業からするとないため、期待値は自ずと高くなります。

在職中の方は就業規則上、いつまでに退職の申し出が必要かを理解し、確実に入社日程を調整できるよう前もって準備しておくことが重要です。

リスクを理解して、自分の状況にあった転職活動を選択することが重要

以上のように、在職中・離職後の転職活動それぞれにメリットとデメリットがあります。

一般的には、離職した上での転職活動のリスクの方が高く、可能であれば在職のまま転職活動を進める方が安心です。しかし、中には現在の仕事が多忙すぎるなどの理由で、離職してからでないと転職活動ができないという方がいらっしゃるのも事実です。

今回ご紹介したような内容を理解した上で、自分の状況に適した転職活動の進め方を選択することが何より重要です。

勢いで退職をしてしまう前に、今一度よく考えた上で、転職活動をスタートするようにしてくださいね。

日刊キャリアトレック編集部
日刊キャリアトレック編集部です!