慶應卒の文系男子、大手商社の営業職を2年目でやめてエンジニアになる

日刊キャリアトレック編集部が転職経験者に「はじめての転職」について聞いてみました。

今回お話をしてくれた方:今井さん(仮名)/30歳/慶應義塾大学経済学部卒/大手商社の営業職 → システムエンジニア

新卒で入社したのは大手商社でした。決め手は大きな仕事ができるのと、すでに同じ大学の多くの先輩が働いていたこと。

仕事は企業向け商材の紹介や販売促進がメインで、海外出張もあり、私も転職までに2度経験しました。管理的な仕事も早いうちから任され、待遇も職場環境もとても良かったです。

しかし、大手商社での勤務は私には合ってませんでした。本命ではない営業部門に配属されたわけですが、その会社では最初の配属でその先のキャリアがほぼ決まるため、このまま働きつづけることはないなと感じました。

そういったこともあり、新卒で入ってから1年足らずで、転職を考えはじめました。

大手商社の営業マンがエンジニア転職に踏み切るまで

確かに私は営業職そのものには向いていたのですが、自分の仕事が「何かを生み出している」という感覚を味わえませんでした。

そんな中で自分が本当にやりたいことはなんだろうと考えたときに「ものづくりをしてみたい」と思ったのです。

ものづくりができて、できれば将来性がある仕事。それは一体どんな仕事なのか……。自分の中で出た答えはシステムエンジニアでした。

もちろん、営業職からエンジニアに転職するにあたって不安も色々ありました。まず新卒で入社してから転職するまでが早すぎますし、そしてコードも書けないのに全くの未経験からIT業界への転職……。

私は根っからの文系でしたので、それまでIT関係のスキルも本格的に身につけたことはありませんでした。ですから転職すると決めてから、基本的なプログラミングの勉強をはじめたのです。

しかしそれでも、いざ働いてみたときに、エンジニアとして通用するだろうかという不安がつきまといました。

心配事は多かったですが、一方で転職が遅れれば遅れるほど、エンジニアとして経験を積む時間も少なくなってしまいます。

入社2年目、営業職にも嫌気が差しており、ついに転職に踏み切りました。

転職エージェントをつかってみた

はじめての転職だったので、転職エージェントに色々と相談しました。

自分なりにIT業界のことは調べていたつもりでも、やはり相手は転職の専門家。

「システムエンジニアになるならば最初はプログラマとして就職した方が良い」「IT業界でもなるべく大手のソフトウェア会社に就職した方が良い」といった、求人サイトで仕事を検索しているだけでは分からないようなアドバイスをいただき勉強になりました。

結果的にはエージェントの勧めで受けた会社に決まり、相談にのってくださったエージェントさんには感謝しています。

未経験からエンジニアになってみた

私が転職したのは従業員数が200人程で主にソフトウェア関係を専門とする企業。残業も少なく、かなり働きやすい職場でした。

入社後は3ヶ月の研修を経て、コーディングを中心に幅広いことを経験させてもらい、今の仕事にも活かせています。

現在は会社のサーバー管理からIT関連のサポート業務まで幅広く担当しており、当初考えていた「エンジニア」の仕事ができ満足です。

今後はさらに、データベース関連の資格を取得するなどして、いずれ本社に戻って管理的なポジションを目指したいと思っています。

転職には満足、しかしひとつだけ心残りも

転職して5年が経ちますが、私は転職して良かったと思っています。

なりたかったエンジニアになれましたし、その中で色々な仕事に携わることができました。

しかし、心残りが全くないといえば嘘になります。それは、転職先に200名規模の企業を選んだこと。実は転職するにあたり、私は人数の少ないベンチャー企業を志望していたのです。

ただ、そういったベンチャー企業にはリスクがつきもの。エージェントからの勧めもあり、悩んだ末に安全性の高い今の会社を選びました。自分の選択は間違っていませんでしたが、もしベンチャー企業に入っていたら、より刺激的な仕事が経験できていたかもしれないと思うこともあります。

今のところ次の転職は考えていませんが、今後もし会社の先行きが怪しくなったら再び転職することもあるかもしれません。

(了)