慶應卒の商社マン、入社2年目のベトナム勤務

日刊キャリアトレック編集部が海外勤務の経験がある若手ビジネスパーソンに海外で働くまでの話や海外での仕事について聞いてみました。

今回お話をしてくれた方:山井さん(仮名)/慶應義塾大学卒/総合商社勤務

私は新卒で入社した大手総合商社で、海外勤務を経験しました。

その商社は、若手にも積極的に海外勤務をさせてくれる方針で、昇進には海外勤務が欠かせない企業風土。

海外で語学力を活かし、経験の幅を広げたいと考えていた私にとってはピッタリな企業だと思い、入社を決めました。

不本意な配属から1年後には海外へ転勤

ただ、私は入社後の研修でいまいち成果が出せなかったんです。

それもあってか、研修後は希望していなかった営業部へ配属。業務内容も商材の管理業務などルーティンが多く、理想とはほど遠い働き方でした。

しかし、その間にも海外勤務がしたいと要望を出し続けたこともあり、入社してからわずか1年ほどで海外で働くチャンスが回ってきました。

当時は退屈ながらもやっと営業の仕事が身についてきたころ。それだけに「海外勤務はまだ早いかな」との考えもよぎりましたが、その仕事から離れたい思いもあり、承諾しました。

言葉の壁で生じた現地スタッフとのわだかまり

赴任地は、一度も訪れたことのないベトナムでした。

辞令が出てまず不安に思ったのはベトナム語がほぼできないこと。会社側からは「英語ができれば大丈夫」と言われていたものの、現地で暮らす期間はそこそこ長いだけに心配は大きかったです。

そんなベトナムでの主な業務は、現地の新規部署の立ち上げの他、営業先の開拓や基本的なビジネスインフラの確立など。どれもそこまで難しいものではありませんでしたが、ベトナム語ができなかったため、何をするにも現地のベトナム人の同僚の助けが必要でした。

とはいえ同僚とのやり取りにも、苦労続き。英語は通じるものの、そもそもの考え方が違うせいか、仕事の進め方で意見が食い違うことがたびたびありました。

職場のメンバーも日本人とベトナム人が1対3の比率。日本人の職員は日本人だけで固まる傾向があり、そのうち、日本人とベトナム人の間にわだかまりが生じるように……。

しかし、それも最初だけ。1ヶ月も一緒に仕事をしていると、見えない壁は自然と消えていき、一緒に飲みに行くほどの関係になりました。

仕事より大変だった「食べ物」の問題

少しだけ、仕事以外の話をします。

「住」でいうと、最初は会社が用意した寮で暮らしていました。しかし決して住み心地が良いものではなく、自分で探したマンスリーマンションに引っ越して住んでいました。

「遊」でいうと、休日は同僚と遊ぶことが多かったです。色々なことをしましたが、夏場だったので、よくビーチに行ったことは今でも鮮明に覚えています。

しかし楽しい思い出ばかりではありません。「食」の部分で現地の食事が合わないことに終始苦労しました。

食事は、会社の近所の下町食堂でとることが多かったのですが、そこの食事がとにかく口に合わないのです。私の体が弱いのか、それとも単なる体質の問題かはわかりませんが、頻繁にお腹を下していました。

もしかしたら現地の水が口に合わなかったのかもしれません。最後の方はベトナム料理を食べる際に薬を常備していたほどです。

海外で働きたい人に伝えたいこと

海外で働く上で何よりも大切なのは積極性です。それは特に強調したいです。

受け身だと思ったように動けず、良い仕事ができません。充実した海外生活を送るには、積極的にこちらからコミュニケーションを図っていくことが必要です。

語学はベトナムに限らず英語ができることが最低条件。加えて、現地の言葉ができると尚良しです。語学知識がないと日常生活に困りますし、心配事も増えます。

私も赴任当初、語学を含め色々な不安がありました。しかし熱意さえあれば小さな問題は乗り越えられます。海外勤務を検討している人にお伝えしたいのは「海外で仕事をするんだ」という強い熱意と意志の大切さ。私自身は、それが最も大事なのではないかと思っています。

日刊キャリアトレック編集部
日刊キャリアトレック編集部です!