初期投資1,500円、1日5分の靴磨きテクニック

 皆さん、その靴磨いていますか?もし購入時から一度も磨いていなければ今日から磨きましょう。ビジネスシーンにおいて、よく見られている部位といえば足元です。今までは忙しさにかまけて身だしなみを意識できていなかった人でも、靴磨きはわずかな投資と1日5分程度の時間があれば今すぐ始められます。

 今回は初めての人でも分かりやすいように道具の選び方から靴の磨き方まで説明していますので、良かったらこの記事を参考に靴磨きをはじめてみませんか?

靴磨きに必要なアイテム(費用:約1,500円~)

 まずはビジネスシーンで一般的な革靴を磨くためのアイテムを見ていきましょう。最初は最低限のものだけを揃えればOK。どれも街の靴屋や雑貨屋ですぐに購入できるものばかりです。

・ブラシ(通常の大きいブラシと柄つきの小さいブラシ、各2本あればベスト)
・クロス=布(キメの細かいものであれば着古しのTシャツなどでも可)
・シュークリーム=靴墨、靴クリーム(靴の色に合わせたもの)
・ステインリムーバー/レザーローション=汚れ落とし

shoeshine01
今回使った靴磨きアイテム一式

 店頭で選ぶのが難しいなら、上の写真のようなセット製品を購入すると良いでしょう。普段使いのセットなら1,500円から手に入ります。光沢を出すためのシャインポリッシュや靴を保護するのに役立つ防水スプレーなど、他にも多数のアイテムがありますが、これらは必要に応じて買い足していけばOK。ただし、ブラシだけは最初から2セット持っておくのがおすすめです。

靴磨きの基本的なやり方(作業時間:約5分)

 神社の参拝でも「二拝・二拍手・一礼」という作法があるように、毎日の靴磨きにも基本の流れがあります。それをここでは仮に「ブラシ・クロス、ブラシ・クロス」としましょう。手順は以下の通り。

やり方

1.ホコリや汚れを取るためにブラシをかけ、クロスで拭く
2.靴クリーム(靴墨)を塗るためにブラシをかけ、クロスで拭く

この2サイクルを身体で覚えてしまえばこっちのものです。

まずは汚れ落としの「ブラシがけ→クロス拭き(1回目)」

shoeshine02
靴全体から、縫い目に入り込んだホコリまで念入りに

 1日中履いていた靴には、どうしてもホコリや汚れが付着します。帰宅したらブラシでしっかり汚れを落としましょう。どんなに忙しく疲れていたとしても、これだけは最低限忘れないこと。最もベーシックな部分をおろそかにすると、後のケアがどんどん難しくなっていくのは仕事も靴磨きも一緒です。

shoeshine03
クロスは着古したTシャツの端切れでも大丈夫

 1日の終わりの習慣として自分自身の疲れを取るようなイメージで丁寧にブラッシングすれば、気持ちのオン/オフを切り替えるのにも効果的です。柄付きの小さいブラシがあれば、細かな部分のお手入れもグッと楽に。表面のホコリが落ちたら、クロスにとった汚れ落とし(ステインリムーバー/レザーローション)で靴全体の汚れを拭きとっていきます。雨などで足元の悪かった日はとくに念入りに!

最後に靴クリームで栄養補給の「ブラシがけ→クロス拭き(2回目)」

 履いている人間と同じく、1日がんばった革靴にも栄養補給が不可欠。靴クリームや靴墨には、見た目の色味や光沢を保つ以外にも、皮革に栄養や潤いを補給するという大切な役割があるのです。「汚れさえ落とせば充分」と考えがちですが、自身に置き換えて靴のことを考えれば「栄養をしっかり与えないと」という気持ちになるはず。こうした気持ちが道具への愛着につながっていきます。

shoeshine04
今回は見た目のわかりやすさ重視で、あえてニュートラル色のクリームを使用

 靴クリームは靴の色に合ったものを使いましょう。もし合う色味のものがなければ、ニュートラルという透明タイプを使います。この靴クリームはブラシの端に少量とり、靴全体に薄く塗りこんでいくのがポイント。汚れ落としに使ったものとは別のブラシを使って、念入りにクリームをのばしていきましょう。

shoeshine05
仕上げのクロス拭きでクリームのムラがないように。なお、右手前は放置していた靴を同様に磨いてみたもの。普段のメンテをサボると輝きにも限界が……

 クリームがある程度乾燥したら、クロスでしっかり磨いていきます。光沢を出すための磨き剤(ハイシャインポリッシュなど)を使わなくても、日々こうした基本の流れを繰り返すだけで、見違えるほどの光沢感が出ます。ただし上の写真右のように、長くメンテナンスなしで放置した靴は磨いても限界がありますね。やはり継続は力なりです。

 また、一度履いた靴は最低1日は休ませる、型崩れを防ぐためにシューキーパーを使うなどの気遣いをすればさらに長く愛用できます。

「道具のメンテナンス」と「良い習慣」こそ成功の鍵

shoeshine06

 自分でできる範囲のお手入れであれば、それほどお金はかかりませんし、作業時間も5分程度。毎日の習慣に靴磨きを組み込むのは、決して難しくはありません。ビジネスの場面でも、やはりデキる人ほど靴はピカピカでスーツもパリッとしているものです。またスポーツ選手をはじめ、各界のトッププレイヤーは日頃使う道具のメンテナンスに余念がないというのもよく言われていることです。

 ビジネスパーソンなら誰もが一足は持っている革靴を毎日きちんとお手入れすることで、「道具のメンテナンス」と「良い習慣作り」の両方を取り入れられます。おろそかにしている人は今日からでもスタートしてみては。

渡辺大輔

IT・モバイル系の話題を中心に、テクノロジーから仕事術まで「21世紀を生きる生活者に有意義な情報」をやさしく伝えることを目指ししている、フリーのライター・講師。手を広げすぎたのか、最近では自分でも何が本業なのかわからなくなっている模様。