社会人1年生は転職しちゃダメですか? 採用担当から見た新卒1年目の転職メリットとデメリット

shinsotsu

「入社してみたけど、思っていた仕事と違う」「上下関係が厳しくて、一生この会社にいるなんて無理」「社内だと、キャリアアップできる気がしない」

入社して間もない新卒1年目、働き始めると就職活動中には気がつかなかったさまざまな部分を知ったり、現実と理想のギャップに直面したり、早々に転職をしようかと悩むことは少なくないでしょう。

「石の上にも三年」とよく言われますが、3年どころか1年にも満たない社会人1年生は、転職できないのでしょうか? 今回は採用担当者の目線から見た、新卒1年以内の転職のメリット、デメリットをご紹介します。

「第二新卒」として歓迎してくれる企業は数多くある

まずはメリットからご紹介しましょう。社会人1年目での転職では「第二新卒」(※一般的に新卒1年目〜3年目を指す)として扱われ、実は求人自体は非常に多くあります。企業がこうした採用を積極的に行う背景には、

  • 新卒学生と同様に若く、素直さがある
  • 新しい環境でも柔軟に仕事に取り組んでくれる
  • 今後の成長に期待ができる

など第二新卒への期待があり、前向きな印象で捉えられることは少なくありません。第二新卒は新卒採用と近しい、いわゆる「ポテンシャル採用」としての意味合いが強いと言えます。つまり、若いということが武器になるのです。

また、採用を行う企業の立場からすると、社会人としてのマナーや心構えなど、採用後の最低限の教育を既に受けており、自社の教育コストが下げられるというのも魅力として感じられる1つのポイント。社会人1年目でも、これまでの研修で積極的に学び、任された仕事にも実直に取り組んでいたとしたら、上記のような期待は満たせる可能性が高くなるでしょう。

転職者にとっては、早期にキャリアチェンジをすることで、新卒入社組と大きく差を作らず、キャリア形成ができるというのも大きなメリットとなります。そのため、このタイミングでの転職が功を奏すことも少なくありません。

一方、「石の上にも三年」を重視する企業も

次にデメリットの部分をご紹介しましょう。第二新卒を歓迎する企業がある一方で、やはり「石の上にも三年」というスタンスの企業もあるため、必ずしも新卒1年目での転職が成功するとは限らないという点は、事前に理解が必要です。

このようなスタンスの企業の場合、

  • 仕事上、明確な強みを持っている人を採用したい
  • 採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか

などと考えていることが多く、やはり早期離職が転職のネックになってしまいます。

また、新卒入社者の定着率が高い人気企業の場合には第二新卒をわざわざ採用しなくとも、十分に若手社員がいるというケースもあります。となると、転職において自分が目指す企業では門戸が開かれていないということもありえます。

さらに、自身のキャリア形成という視点から言えば、大きなリスクがあることにも注意が必要です。例えばこの転職で、「この会社もやっぱり自分に合わない!」となると、この先も短期離職を繰り返す結果にもなりかねません。

転職する前に、もう一度立ち止まって考えよう

以上のように、新卒1年以内での転職はメリット・デメリットの両面があります。今後のキャリアを大きく左右する選択になるので、まずは一度立ち止まって、本当に今転職が必要なのかを考えましょう。

特に、仕事内容、人間関係、給与、就労環境などに不満があっての転職の場合、それが本当に我慢や解決できないことなのか見つめ直す必要があります。

採用担当者からすると、以下のようなポイントについて転職者を見極め、慎重に採用を検討するのが一般的です。

  • どんな環境下であったとしても、自分のできる限りの努力はしてきたか
  • 不満に思うポイントは本当に解決できないのか、一時的なことではないか、甘えではないか
  • 仕事に対して、前向きな姿勢を持っての転職なのか
  • 新卒採用と比較して、第二新卒として基本的なスキルを身につけているか、仕事での成功体験があるかなど、採用メリットがあるのか

このように、やや厳しい目線で判断されることが多いと言えるでしょう。その一方で、正当な理由や前向きな仕事への意欲があれば高い評価を受けることも少なくありませんので、自分の状況を冷静に考えて、転職を検討してみてくださいね!