「仕事がつまらないから転職したい」。そう考えてしまうのは主体性がないからという話

就職活動を経て今の会社に入社したのはいいものの、毎日上司から指示を受けて働いているだけで、基本的に仕事はつまらないという人、少なくないのではないでしょうか。

中には「つまらないから転職をしたい」「次の仕事を探そう」。そう思い立って行動をしている人もいることでしょう。でもよく思い出してください。一度はあなたが選んだ会社であり仕事です。

ほんの少しで構いません。ちょっとだけ立ち止まって、今の仕事がつまらないと考えるに至った背景を考えてみませんか?

そもそも、なぜ仕事がつまらないと感じるのだろうか

たしかに状況によっては新たな環境を求め転職をするのも選択肢の1つです。

しかし、なぜ仕事をつまらないと感じるのか。その要因を明確にしなければ、転職をしてもまた同じ結果を繰り返してしまう可能性が高いでしょう。

というのも恐らく、世の中には万人が面白いと感じる仕事はありません。適材適所や得意不得意によっても異なり、何より働く人の価値観によって仕事のやりがいは大きく左右されるからです。

そして何よりも主体性を持たず、上司や先輩に指示されたことだけをしていては、どんな職場に行っても面白味ややりがいを感じることはできません。

逆に考えると、その仕事に対してこだわりやプライドを持ち、主体性を持って行動すればどんな仕事でも何かしらの面白味は見出せるでしょう。

身動きが取りづらい中でも主体性に働くために意識したいポイント

とはいえ、立場や環境によって自分の行動が制限されているから、自主性や主体性を持って動くことが難しい、身動きが取りづらいと考える人も多いと思います。

もちろん仰りたいことは分かります。ただこの主体性を持つという話は、上司や会社の指示を無視しろという意味ではありません。与えられた仕事に対して、自分なりの主体性やこだわりを持ったほうがいいということです。

同じ仕事をするとしても「言われたことを言われたままにする人」と「言われたことに対して自分なりに考え、より効果的な手段を見出す人」では、仕事の成果も上司からの評価も大きく変わります。

会社や上司としても、本来は指示を出さずとも自分たちが期待する以上の結果を出してくれるほうが理想的なのです。

会社が認める範囲で主体性を持つには、次のポイントに意識を向けてみるといいでしょう。

  • 自分に与えられた仕事の役割と意味を知る

  • 自分の仕事や会社が、社会においてどのような立場にあるのかを理解する

  • 自分が上司や社長だったら、どんな部下や従業員を評価するかを考える

  • 自分が担当する仕事において、どうすれば効率的かつ誰にも迷惑をかけないか

以上のポイントを意識しながら仕事を行えば、指示通りに働くだけでは味わえないやりがいと充実感を得ることができるでしょう。

「主体性がある×結果を出せる」は貴重な人材

常に自分の仕事と役割を理解し、会社や上司の期待を超える仕事をしていれば、当然ながら社内評価にもつながっていきます。

社内での昇進や昇給はもちろん、今より条件の良い企業への転職という道も見えてくるでしょう。

人と人が集まり「会社」という1つの集団でビジネスを行う以上、主体性を持って結果を出せる人材は貴重な存在です。

どのような会社でも必要とされますし、働く上での要望や条件なども通りやすくなります。要は会社にとって「どれだけ価値がある人材か」ということです。

スキルや経験も価値を左右するスコアの1つではありますが、同じ条件の人材が2人いればより主体性を持って行動できる人が優遇されるでしょう。

いきなりすべてを実行するのは難しいかもしれませんが、現状「仕事がつまらない」と感じている人は、ぜひ今回の方法を試してみてくださいね。

まとめ

人にとって仕事や会社はあくまで「環境」であり「外部要因」です。その仕事にやりがいを見出せるかどうかは、外部の要因ではなく自身の価値観や考え方によって決まります。

  • 収入が安定していればいい

  • 指示通りのことだけをしていたい

これらの考えを持ったまま、仕事に面白味や主体性を持つのは非常に困難です。まずは「自分の仕事が何のためにあるのか」について考えてみてはいかがでしょう。もしいろいろと考えた上で、それでも仕事がつまらないと感じたのであれば、それは転職を考えるタイミングなのかもしれません。

日刊キャリアトレック編集部
日刊キャリアトレック編集部です!