「石の上にも3年」はもう古い?外資系コンサルを新卒1年目で辞めてハッピーになった話

takano01

転職したいけど、いい仕事が見つからない。どの会社に入ればよいか分からない。そんなキャリアに悩む20代ビジネスパーソンのために、8000名の転職相談を受けたキャリアコンサルタント高野秀敏氏が転職のウラ側をお見せします。

「最初に入った会社では、石にかじりついても3年はがんばれ」そう言われた時代もありました。実際、今もその通りだと考える人は多いでしょう。しかし私は、入社した会社があわないと感じたらすぐ辞めたほうがいいと思います。なぜなら、無理をしながら辛抱するより、さっさと決着をつけて、新しいキャリアを目指したほうがよほど有意義だからです。

若手ならすぐに辞めてもマイナスにならない

Women1

もちろん、ただ嫌で辞めたというのは問題ですが、きちんとした理由があれば、今の転職市場では短期で退職した人に対して、それほどのマイナスにはなりません。

現在は求人も多く売り手市場ですから、若手であればポテンシャル採用で入社できる可能性が非常に高いのです。これは高学歴や一流企業出身といったキラキラな経歴の方だけでなく、どの業界出身の方にも同じことが言えます。

ですから若いうちであれば1回は1年程度で辞めても許されるでしょう。ただ、それ以上になると「ジョブホッパー」と根なし草的な見方をされてしまいます。2社目で腰を落ち着けて働ける会社にたどりつけるよう気をつけてください。

「石の上にも3年」が無意味なケースも

Man1

最近は新卒採用であっても、高い年収を提示する企業があります。実力主義が前提にあるからでそれだけ要求される成果も厳しいということです。

実際、会社が要求するだけの成果を挙げられない場合は、試用期間の6カ月で雇用が打ち切りになります。事実上の解雇ですね。もちろん初年度から高い年収を提示されるのは魅力ですし、実際、要求された成績をクリアできる人もいます。

しかし、学生から社会人になったばかりでは、なかなか成果を出せないのも事実。人数をたくさん採用してハードな要求に応えられる人材を残すという方針なのでしょう。その手の企業に入社して「石の上にも三年」と歯をくいしばっても、良い結果は得られません。

外資系コンサルを新卒1年目で辞めてハッピーになった話

Men1

例えば外資系戦略コンサルファームに新卒で入社したAさん(23)。誰もが憧れるような有名企業に入ったものの、わずか1年足らずで転職を決意しました。もともと経営者志望だったAさん。ところが学生時代のスタートアップでのインターン経験を通し、自分が今すぐ経営者として成功できる何かを持っているわけではないことに気付きました。そこで卒業時はひとまず就職を希望したのです。

Aさんにとって就職活動は楽勝でした。スタートアップで社長の滅私奉公をしていたため、社長の強みでもあったクライアントや投資家と渡り合う術を自然と体得。

  • 相手に自分をどう見せるか
  • 嘘はダメだが事実や数字に基づき、多少は盛って話す
  • 性格は暗くてもビジネスシーンでは明るく振る舞う

主に上記3点をマスターしたことで面接は余裕で突破、外資系戦略コンサルファームに入るのは難しいことではありませんでした。

ところが、入社してからは甘くありません。スタートアップと違い、コンサルの仕事はスピードだけでなくより深い分析や正確さが求められました。Aさんはなんとか喰らいついていたものの、会社についていくのがやっとというレベル。正直なところ、しんどいというのが実情でした。

ちょうどその時、B社が某マッチングアプリに興味を持っているという情報をAさんは耳にします。そのアプリはAさんが学生時代に関わっていたもので、リアルなユーザーがいるB社であれば、自分の力がいかせると考えました。更にB社にはコンサル出身者が社内におらず、社長がAさんに会いたがっているという話も。そこでAさんが社長に会ってみたところ、社長自身は感性も素晴らしく時代のトレンドを掴んでいる人でした。ただし企業としては、アプリやウェブに弱くデータドリブンな組織でもなかったのです。

ですから、ウェブにも強く戦略コンサルファームでの経験もあるAさんは、B社からするとすぐにでも入社して欲しい人材でした。給与は今ほど出ないものの、上場も視野に入れているため、時期が来たらストックオプションも用意すると。ただし上場を目指すにあたり、リアル事業だけでは難しいので、一緒にアプリ事業をやって欲しい。そのためにも他の役員も納得する活躍をして欲しいと社長に懇願されたのです。

新卒として入社してから1年も経っていないのに転職しても良いのだろうか。周囲に相談すると、せっかく良いところに入ったのだしもう少し我慢したら?こんな有名企業をすぐに辞めるなんて……など、石の上にも三年といった内容のアドバイスを受けることも多々ありました。確かに転職するにはまだ早いかもと多少は悩みましたが、総合的に考えた結果、戦略コンサルファームよりもB社の方が成長できると判断。まだ1年目ではありましたが転職を決めました。幸いなことに今B社は利益がかなり出ており投資ができる状況。Aさんもあの時に転職して本当に良かったと話しています。

最後に

あわないところで無理をするより、早く見切りをつけて、自分らしく働ける会社を早く見つけたほうがいいでしょう。

リストラや倒産など会社都合で退職した場合もハンディはあまりありません。不自然に隠そうとせず、率直に状況を説明してください。ハードな職場で働いた経験を歓迎する会社もあります。とは言え1年以内の離職は経営者や現場社員からすると印象が良くはないため、むやみやたらに転職を繰り返すことは避けるべきでしょう。

参考資料:3月の転職求人倍率は1.74倍 – リクルートキャリア