聞くだけで人生観が変わる日本語版の公式TED動画21本

ted japanese

こんにちは、町田美奈子です。英語が得意じゃない方によく聞かれる「TED見たいんだけど英語聞くのが大変で……」という声。

でも大丈夫! TEDには日本語吹き替えされてるもの、日本人が喋っているものなど、日本人でも理解しやすいスピーチがたくさんあるんです。

今回は日本語版のTED動画を21本ご紹介。朝の支度をしながら、料理をしながら。ラジオ感覚で気軽に触れてみてはいかがでしょうか。

TED 日本語音声版動画 21選

1. 堀江 貴文(実業家)「Space will be the place for everyone」

見どころ

「宇宙は誰にでも当たり前にいける場所になるべきである」という考えの元、堀江氏自身が力を注いでいる「宇宙ビジネス」の展望と施策について語る。

2. 猪子 寿之(チームラボ創業者、代表取締役)「日本文化と空間デザイン~超主観空間~」

見どころ

マリオはなぜ世界でヒットしたのか? 日本独自の空間認識を例に挙げながら、クリエイティブと文化の関係性について紹介。

3. 松山 大耕(臨済宗大本山 妙心寺 退蔵院 副住職)「Reasons for religion」

見どころ

「日本とインドの仏教の違いはカレーに似ている」クリスマスと正月を祝うなど、複数の宗教を信仰するような行動をとる日本独自の寛容な宗教観について僧侶の松山氏が語る。

4. レネ・ダイグナン(エコノミスト、映像作家)「耳を傾けて」

見どころ

ダイグナン氏は日本の高い自殺率の真の原因究明に挑むドキュメンタリー映画『自殺者一万人を救う戦い』を撮影、各国の国際映画賞を受賞。自殺を食い止めるにはどうすべきか。

5. イェスパー・コール(エコノミスト、国際金融アナリスト、投資家)「Fasten your Seatbelt」

見どころ

日本が経済発展するのに必要なものとは何か? 日米バブルの違いを紐解きながら、日本経済の未来が明るい4つの理由について語る。

6. ジョン・クルーグ(慈善事業家)「大富豪はあなたの中に」

見どころ

「人生の成功」とは仕事で成功することなのか? 海外の成功事例を引用しながら「善い行い」を評価軸にした、新たな成功の方式について語っている。

7. 川口 盛之助(テクノロジー・コンサルタント、サブカルチャー・イノベーション・エキスパート)「日本が世界に誇る先進トイレ事情について」

見どころ

マドンナ、レオナルド・ディカプリオなど日本のトイレ環境の虜になった世界の著名人は数多い。日本が誇るトイレ文化と最新トイレについてさまざまな事情を紹介。

8. LJリッチ(音楽家、BBC司会者)「Glitching」

見どころ

絶対音感をもち、風の音だけでなくビルの音まで音楽に聞こえ、しかもそれを即興で演奏できるLJリッチ氏が環境音のピッチにあわせて音を重ね、拡張現実技術を使ったアプリ、Glitchingについて紹介している。

9. キョン・ラー(テレビジャーナリスト、国際特派員)「Human Insight」

見どころ

CNNのジャーナリストであり、東日本大震災の被災地を取材したラー氏。被災地の実態を伝えたラーさんの胸うたれるスピーチに、同時通訳スタッフも思わず声を震わせる。おすすめしたいスピーチ。

10. オーウェン・ロジャーズ(デザイン会社IDEO共同経営者)「Design?」

見どころ

商品やサービスにおいてデザインの果たす役割が変化していくなか、今求められている「デザイン」とはどういうものなのか、なぜ日本のデザインは素晴らしいのかをデザイン会社IDEO経営者のロジャーズ氏が語る。

11. 古荘 貴司(株式会社日本情報化農業研究所 代表取締役)「To face problems as an engineer」

見どころ

「農業者とはエンジニアである」無農薬・無化学肥料栽培による栽培方法について研究し、難しいと言われていたキャベツの無農薬栽培に成功した古荘氏が未経験者でもできる無農薬栽培について語る。

12.  松岡 恭子(建築家、スピングラス・アーキテクツ主宰、NPO法人福岡建築ファウンデーション理事長)「Bridging 多様性をつなぐもの」

見どころ

優れたデザ インが育つには、それを育む土壌づくりが不可欠だと考え、 日ごろ気付かずに通り過ぎている街の名建築を巡り紹介する、一般市民向けの福岡・近現代建築ツアー「MAT Fukuoka」を、2009年から主宰、好評を博して来た。その思いについて語っている。

13. ララ・スタイン(TEDxグローバルディレクター、プロデューサー、パフォーマー)「TEDxTokyo」

見どころ

グローバル TEDx(テデックス) ディレクター、プロデューサー、パフォーマーであるスタイン氏が TEDx がどのように作られ、進化し、世界中に広がったのかについて紹介している。※マイクのトラブルで最初1分間は英語音声のみ

14. ジョン・クルーグ(イレネー共同創設者、作家)「フィランソロパンク」

見どころ

世界の公衆衛生やを糞尿問題はじめとした社会問題の解決に取り組んできたクルーグ氏が、世界に変革を起こすため、フィランソロフィー(慈善活動)とパンクロックを組み合わせた「フィランソロパンク」という造語ができた経緯とそれに必要な要素について語っている。

15. マリアン・グッデル(バーニングマン主催者)「バーニングマンについて」

見どころ

ビーチの焚き火から始まった砂漠で開催される巨大イベント「バーニングマン」。同イベント主催者グッデル氏が、参加者に“自立”を促す精神とその魅力について語る。

16. アルバロ・セデーニョ・モリナリ(グリーン成長提唱者、紛争転換活動家)「バイオリテラシー」

見どころ

生物を理解するという「バイオリテラシー」。。地球上の環境や生物とのかかわりについて意識し、環境汚染を止めるために人々ができること、意識の持ち方について語っている。

17. グンター・パウリ(ZERIファウンデーション代表 国連大学学長顧問)「夢を越えて- イノベーティブビジネスが変える社会」

見どころ

人生でできる最高のこととは「自分の夢を越えるということ」。貧困・失業をなくし、廃棄物の概念をなくす、循環型社会のビジネスモデル「ブルーエコノミー」とは何かを紹介している。

18. マイケル・メイヤ・キング(スマイル・キッズ・ジャパン創設者、CEO)「Against All Odds」

見どころ

ALT(外国語指導助手)が中心となり児童養護施設への交流訪問を中心にさまざまな支援活動を行うスマイル・キッズ・ジャパン創設者のキング氏が、活動内容とそこに対する思いについて語っている。

19. 植松 努(株式会社植松電機 専務取締役)「Hope invites」

見どころ

「どうせ無理」は人間の自信と可能性を奪ってしまう恐ろしい言葉である。希望や夢を失い諦めかけた植松氏が自信を、夢を取り戻すために何をしたのか。気の利いた言葉や派手なスライドもテクニックもない。あるのは静かな情熱だけ。夢を諦めた、諦めてしまいそうな大人にこそ聞いてほしいスピーチ。

20. マイケル・リンデンマイヤー(Eirene共同設立者)「トイレは世界を救う」

見どころ

公衆衛生、介護ケア、デザインを軸としたイノベーションの創出を行い、開発途上国のトイレにおける衛生や教育問題に取り組むトイレット・ハッカーズも共同創立したリンデンマイヤー氏が語る「トイレから学ぶ世界の救い方」

21. アズビー・ブラウン(建築家、アーティスト、作家)「The Edo Approach」

見どころ

日本の建築を学んだアズビー・ブラウン氏が、水がいらないトイレ、売れる排泄物など「江戸時代」に学ぶ、最強のエコシステムについて語っている。

まとめ

TEDに登壇する人のスピーチはどれも新しく学びが多いものばかり。なかには自分の人生観すら変えるようなものもあります。時間のあるときにぜひ!

町田 美奈子

ライター。高校卒業後、ニューヨークの大学に入学。都内でAirbnbホストをしており、外国人観光客との関わりが多い。