【外資/大手/広告】営業(アカウントチーム):ディレクター

株式会社TBWA HAKUHODO(株式会社ウィンスリー)

ヘッドハンター求人

仕事内容

・TVCM制作
・メディアプラン
・イベント等の企画立案
・提案
・進行
業務比率: TVCM制作(50%)、メディアプラン(30%)、イベント等(20%)

◇広告代理店出身者で、デジタル経験、英語力があり、今後外資系でキャリアを積みたい方にお勧めのポジションです。
◇グループの中核となる代理店の一つであり、ブランディング/クリエイティブの領域においてトップクラスの実力を誇ります。ご自身の専門性を高め、広告/クリエイティブを中心に据えて、クライアントの課題解決を行いスキルを高めて行きたい方、広告営業としての実績を上げていきたい方には非常に適した案件となります。

応募条件

▼求める条件
【必須条件】
・総合広告会社での経験必須
・英語力ビジネスレベル必須

2006 年に博報堂 60%、外資系大手 40%出資のジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社です。
傑出したクリエイティビティで数々の広告賞を受賞、大型アカウントを持つことで有名。
名高いブランディングエージェンシーでデジタル担当営業として、他で得ることのできない素晴らしいご経験を積むことができます。

必須経験:
広告代理店/デジタルマーケティング経験者

契約社員 ※2年目以降正社員登用有り

9:30~19:00
社会保険(雇用保険・厚生年金・健康保険・労災)完備
福利厚生 財形貯蓄制度、団体定期福祉保険、会員制福利厚生サービス、他
土・日・祝日・年末年始、バースデイ休暇、年次有給休暇等

募集要項

募集職種
給与

年収600~900万円

勤務地

東京都

企業概要

会社名 株式会社TBWA HAKUHODO
業種
  • 専門商社
事業内容

2006 年に博報堂 60%、TBWA ワールドワイド 40%出資のジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社です。博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」「パートナー主義」をベースにしたクリエイティブ力や研究開発力、博報堂グループのネットワークを活用した質の高いメディアサービス、プロモーションサービスと、TBWA がグローバル市場で駆使してきた「ディスラプション(破壊的創造)」メソッドを中心としたコアアイディアを導き出す独自のノウハウを融合させた、質の高いソリューションを創造し提供することで、クライアントのビジネスの成長に貢献しています。

TBWA HAKUHODO は、設立後 7 年間で急速な成長を続け、「International Agency of the Year」(米国で最も
権威ある広告・マーケティング誌『Advertising Age』より 2012 年受賞)、「Agency Head of the Year」
(『Campaign Asia-Pacific』誌 北アジア部門 2011 年受賞、日本部門 2013 年受賞)、「Creative Agency of the
Year」『( Campaign Asia-Pacific』誌 北アジアのサブ・リージョナル部門 2010、2011 年受賞、日本部門 2012、
2013 年受賞)など数々の広告賞を受賞しています。

ヘッドハンター名 株式会社ウィンスリー
設立 2012年 11月
代表者 代表取締役 黒瀬 雄一郎
資本金 5,000,000円
従業員数 10人未満
本社所在地 〒106-0032

港区六本木4-8-7

六本木三河台ビル5階

厚生労働大臣許可番号 13-ユ-305810
特色・得意分野など 株式会社ウィンスリーは、デジタルマーケティング業界・広告業界に完全に特化した人材エージェントです。
小職、並びにメンバーも同業界にて長年従事してきています。

小職は、電通系のデジタル系広告代理店を立ち上げ、10年近く営業まわりの統括を行なってきました。
その後2011年に、デジタル系広告代理店、コンサルティング会社 株式会社ウィンスリーマーケティングを立ち上げています。

長年の同業界での圧倒的な知見と経験値、人脈は他の人材コンサルタントにはない強みだと思っています。

案件もクローズド案件、やトップから直接もらうものも多く、マッチする候補者ですと、書類はミスマッチ無くパスでき、面接も1回〜2回で終了するものが多いです。

同業界にてご活躍されてきた方に対して、圧倒的なサポートができるエージェントを目指して日々精進しています。

【ご紹介クライアント事例】
・電通、博報堂グループ正社員案件
・ADK、東急エージェンシー、読売広告社、朝日広告社 他総合広告代理店案件
・大手外資系広告代理店(Ogilvy、ビーコン、JWT、アヴァス、ワンダーマン他)
・大手デジタル系 制作会社(IMJ、ネットイヤー、スパイスボックス他)
・大手PR会社(電通PR、ベクトル、トレンダーズ、インテグレート、ビルコム他)
・コンサルファーム デジタル部門(アクセンチュアデジタル、デロイトデジタル他)
・リクルートグループ
・IPO前スタートアップ企業(ストックオプション付与)
・外資系アドテク カントリーマネージャー事案


以上何卒よろしくお願いいたします。

ページトップへ