情報セキュリティスペシャリスト

株式会社マクロミル(株式会社ウィンスリー)

ヘッドハンター求人

仕事内容

個人情報保護を主眼に置いた情報セキュリティ事務局の運営事務全般に、責任者もしくは専任者として携わっていただきます。

具体的には、・・・

当社に登録する個人会員の登録個人データ、または、顧客から取扱を受託する個人情報、についての安全管理および適切な利活用に関するマネジメントシステムの企画、運営、点検および経営者への報告、情報管理リスクに関する提案です。
企画運営に関しては、社内の業務フロー、情報システムの構成を理解することができ、必要に応じてシステム管理部門、業務部門、法務部門への提案調整が必要になる場合もあります。

また、取引先との監査対応(受託者として、および、再委託先へ)、プライバシーマーク認証審査への対応、新規事業の企画等における情報セキュリティあるいは個人情報取扱倫理に関する検討や助言も期待されます。
社内の各部門に対する情報セキュリティ意識やリテラシーの啓蒙および教育活動の実施も管掌していただきます。
内部監査部門、情報システム部門と連携して監査業務の一部を実施したり、内部統制活動の機能を担うことも考えられます。

経験もしくは知識に自信のない分野については、従来からの担当マネジャーの補佐役として実務を経験していただき、いずれ責任者として独り立ちしていただくことを目指します。

年収:年収:400~600万円程度を想定

標準勤務時間帯10:00~19:00  ※フレックスタイム制(コアタイム11:00~16:00)

給与 年収:ご経験・スキルを考慮して決定いたします。(半期年俸制)
昇給・昇格 昇格年1回(7月)、昇給年2回(1月、7月)
賞与 年2回(2月、8月/利益連動制)

■勤務手当て
深夜残業手当
通勤交通費(全額支給)
休日出勤手当

■各種インセンティブ
各種MVP制度による報酬

休日・休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、GW、夏季・年末年始、年次有給休暇(初年度10日)、慶弔休暇、出産・育児休暇
※年間休日は120日以上です。
※リフレッシュ休暇付与

福利厚生 各種社会保険完備(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
各種保養施設(北海道、蓼科、軽井沢、東京、京都、神戸、福岡など)やスポーツ施設、レストランなどの優待利用、慶弔金支給

応募条件

▼求める条件
■Must条件
・社内関係部署との折衝、顧客企業の監査担当者の対応を円滑に進められる高いコミュニケーション能力
・情報セキュリティマネジメントシステム、または個人情報保護マネジメントシステムの運用に関する体系的な理解(審査対応に限りません)
・ITセキュリティに関する知識、または関心と吸収力
・マルチタスクを処理できる、事務処理能力の高い方
・基本的なPC操作(メール、Excel、Powerpoint)の出来る方 
・マーケティング、マーケティングリサーチに興味のある方

■Want条件(求める人物像)
・内部監査、業務監査、情報セキュリティ監査(審査)の経験
・ITセキュリティのリスクアセスメント実務の経験

募集要項

募集職種
給与

年収400~600万円

勤務地

東京都

選考プロセス
応募ボタンからご応募ください

企業概要

会社名 株式会社マクロミル
業種
  • その他
  • WEB・インターネットサービス
事業内容

本社:東京都港区
設立:2000年
資本金:93億円以上
事業内容:
インターネットリサーチ
マーケティングコンサルティング

ヘッドハンター名 株式会社ウィンスリー
設立 2012年 11月
代表者 代表取締役 黒瀬 雄一郎
資本金 5,000,000円
従業員数 10人未満
本社所在地 〒106-0032

東京都港区六本木4-8-7

六本木三河台ビル5階

厚生労働大臣許可番号 13-ユ-305810
特色・得意分野など 株式会社ウィンスリーは、デジタルマーケティング業界・広告業界に完全に特化した人材エージェントです。
小職、並びにメンバーも同業界にて長年従事してきています。

小職は、電通系のデジタル系広告代理店を立ち上げ、10年近く営業まわりの統括を行なってきました。
その後2011年に、デジタル系広告代理店、コンサルティング会社 株式会社ウィンスリーマーケティングを立ち上げています。

長年の同業界での圧倒的な知見と経験値、人脈は他の人材コンサルタントにはない強みだと思っています。

案件もクローズド案件、やトップから直接もらうものも多く、マッチする候補者ですと、書類はミスマッチ無くパスでき、面接も1回〜2回で終了するものが多いです。

同業界にてご活躍されてきた方に対して、圧倒的なサポートができるエージェントを目指して日々精進しています。

【ご紹介クライアント事例】
・電通、博報堂グループ正社員案件
・ADK、東急エージェンシー、読売広告社、朝日広告社 他総合広告代理店案件
・大手外資系広告代理店(Ogilvy、ビーコン、JWT、アヴァス、ワンダーマン他)
・大手デジタル系 制作会社(IMJ、ネットイヤー、スパイスボックス他)
・大手PR会社(電通PR、ベクトル、トレンダーズ、インテグレート、ビルコム他)
・コンサルファーム デジタル部門(アクセンチュアデジタル、デロイトデジタル他)
・リクルートグループ
・IPO前スタートアップ企業(ストックオプション付与)
・外資系アドテク カントリーマネージャー事案


以上何卒よろしくお願いいたします。

ページトップへ