◆コンサル経験者歓迎◆ITコンサルタント募集/国民生活や社会基盤にイノベーションをもたらす仕事ができます!

アクセンチュア株式会社

◆コンサル経験者歓迎◆ITコンサルタント募集/国民生活や社会基盤にイノベーションをもたらす仕事ができます!

アクセンチュアは世界53カ国200都市以上に約44万2000名の従業員を擁する、世界最大級の総合コンサルティングファームです。ストラテジー、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズをエンド・ツー・エンドで提供する企業として、お客様の変革や持続的な価値創出を支援しています。あらゆる業界や業務プロセスに関する専門知識と技術力を背景に、ビジネスとテクノロジーの新しい動向をとらえ、世界中でお客様を支援しています。

仕事内容

公共サービス・医療健康本部にて、国民生活や社会基盤にイノベーションをもたらすことを目指し、大小様々なプロジェクトに携わっていただきます。

官公庁、地方自治体、教育機関、医療機関など、公共分野で最新テクノロジーや弊社のグローバルネットワークで培ってきた業界の知見・実績を活かし、IT企画立案・コンサルティングから、開発、推進、評価などのサービスを提供していきます。
※業界経験は問いませんので、公共系のご経験・知識がなくてもご安心ください!

入社後、皆様の成長をバックアップする社内環境・体制が整っており、プロジェクトメンバーもサポートいたしますので、中途入社の方でも安心してキャッチアップできます!

【業務詳細】 
・業務およびシステム将来像の策定 
・業務およびシステム要件の定義・最適化 
・業務およびシステムアウトソーシングの計画策定
・システム計画の立案 
・システムの設計・開発・テスト 
・システム開発における各種支援 
・システム開発プロジェクトの第三者評価 
・IT部門の改革・強化 
・ITコストの削減計画立案 

【やりがい】
・社会が抱える様々な課題を解決していける仕事です。自らの仕事を通じて、自分自身や家族、全ての国民の生活に影響をあたえる醍醐味・やりがいを感じられます。
・クライアントよりも業務内容を熟知し、戦略立案を立てる必要があり、一度任せられたら裁量権を持って進めることができます。
・プロジェクトの多くが公共性の高い案件のため、社会に対し貢献していることを実感できます。

【圧倒的な規模・スケールの大きい仕事ができます!】
・本ポジションの仕事では、国家が推進する政策や大規模プロジェクトを多く支援しています。
・クライアント、ベンダー、連携機関、国民、と関係者が多岐にわたる中で、それぞれのニーズや思いを一つにまとめて形にしていく主要な役割を通じ、多くのやりがい・スキル・経験を得られます。

【グローバルな活躍の場】
・弊社の強みはグローバルなネットワークです!本ポジションの仕事は、一見、ドメスティックに見えるかもしれませんが、実はとてもグローバルに仕事ができるポジションです。
・日本の各省庁においても、弊社のグローバルネットワークを使って、海外政府の先進事例をより積極的に取り込んでいます。また、全世界に展開している弊社の連携事例は年々多くなってきており、プロジェクトによっては、海外を飛び回るチャンスもあります。

契約期間:期間の定め無
試用期間:有(6か月)
就業時間:09:00-18:00(休憩1時間)
休日:土日、祝日
残業:有
年収:430万円〜1800万
年収備考:スキル/経験等によって定まる職位に応じて年収が確定します
社会保険:健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険


【仕事のやりがい】
・社会が抱える様々な課題を解決していける仕事です。自らの仕事を通じて、自分自身や家族、全ての国民の生活に影響をあたえる醍醐味・やりがいを感じられます。
・クライアントよりも業務内容を熟知し、戦略立案を立てる必要があり、一度任せられたら裁量権を持って進めることができます。
・プロジェクトの多くが公共性の高い案件のため、社会に対し貢献していることを実感できます。

応募条件

▼求める条件
・ITコンサルティング経験3年以上
・社会人経験3年以上
▼歓迎条件
・パワーポイントやワード、エクセルを利用した、説明資料や提案資料の作成経験
▼求める人物像
・クライアントのことを考えたビジネスの判断ができる方
・新しいことにチャレンジする気持ちを持っている方
・途中で投げ出さないやりきる強い気持ちを持っている方
・下記いずれかに共感いただける方
 ー自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
 ーここで成長したあとは「次のステージ」も視野に入れている
 ーチャレンジに、手加減をしない
 ータフな状況も、先頭に立ち楽しめる情熱がある
 ー正しい判断のためには、上司との衝突も辞さない
 ー信念に基づき、主張し、実際にやりとげる
 ーチームワークの可能性を信じる
 ー多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている

募集要項

待遇・福利厚生

【諸手当】
・時間外勤務手当

【福利厚生】
・財形貯蓄
・各種法人会員及び契約施設・ホテル
・各種クラブ活動

【教育制度】
国内外を通じて各人のキャリアパスに応じて、OJTによる教育プログラムを実施しています。
世界的に高水準のサービスを提供するため、全世界に複数のトレーニングセンターを有し、新入社員から経営者クラスに至るまで、全メンバーが、幅広い専門教育を受けています。
2009年度にはトレーニングおよびプロフェッショナル育成に8億ドル近くを費やし、1人当たり平均67時間のトレーニングを提供するなど、社員の育成に絶え間なく資金を惜しまず投入しています。

募集職種
採用予定人数

11人以上

給与

非公開

※経験・スキルを考慮の上、当社規定により優遇いたします。

休日休暇

【休暇】
・年末年始
・年次有給休暇(初年度12日)
・傷病休暇
・結婚休暇
・配偶者の出産休暇など

勤務地

東京都 ※プロジェクトによっては地方・海外に出張する可能性はあります。 東京都 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅下車(13番出口)徒歩2分
・銀座線ホームより徒歩10分
・南北線でお越しの場合、銀座線ホーム経由が便利です。

雇用形態

正社員

選考プロセス
応募ボタンからご応募ください

アクセンチュア株式会社が募集しているその他の求人

企業概要

【想像を超える自分に出会おう。】より大きなチャンス、大きなチャレンジ、大きなゴールをもたらす企業に加わりませんか。

アクセンチュアは、約44万2000名の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。

■実績
世界中の大手企業および政府機関と幅広く関係を築き上げるとともに、さまざまな規模の組織と協働しています。フォーチュン100社のうちの92社、同500社の3/4以上の企業がアクセンチュアのお客様です。期待に確実に応えることでアクセンチュアとお客様の関係はさらに強化・拡大しています。例えば、2010年度のお客様とのお取引規模上位100社のうち99社が5年以上、92社が10年以上アクセンチュアとの関係を継続しています。

アクセンチュアを差別化する強みはさまざまですが、最も特徴付けるのは下記の点です。

・幅広い業界専門知識
・業務改革アウトソーシング(BTO)の専門知識
・技術革新とその導入に携わってきた実績(研究・開発費に年間約3億ドルを投資)
・進化し続ける多様性なサービス内容
・社員の育成への長期的な投資
・実績のある経験豊かな経営陣

会社名 アクセンチュア株式会社
設立 1995年 12月
代表者 代表取締役社長 江川 昌史
業種
  • コンサルティング・シンクタンク
資本金 350,000,000円
従業員数 3,000人~10,000人未満
特徴
  • 外資系企業
  • 女性が活躍
  • グローバル展開中
事業内容

【Accenture Strategy】
ビジネスとテクノロジーを融合させることでビジネス価値を創造する戦略パートナーです。ビジネス、テクノロジー、オペレーション、ファンクションの各戦略領域における高い専門性を掛け合わせ、各業界特有の環境をふまえた戦略の立案と実行を通してお客さまの変革を支援します。
【Accenture Consulting】
19の産業分野で合わせて40を超える業界にフォーカスしており、各業界に特化した経験と理解とで専門性を高めたコンサルタントの集団です。企業変革の方法論や、斬新で画期的なアイデアを提示するだけではありません。それをお客さまと一緒になって実行し、変革を成し遂げる情熱と能力を備えています。

【Accenture Digital】
豊かな顧客体験や革新的なプロセスを創造あらゆる「人」「モノ」をつなぎ、すべての事象を可視化し得るデジタルのパワー。Accenture Digitalは、そうしたデジタルの力を巧みに用い、お客さまが新たな価値を生み出すための最良のパートナーとして機能します。

【Accenture Technology】
先端テクノロジーの研究開発やテクノロジー・プラットフォームのアライアンス企業とのパートナーシップを土台にした「イノベーション&エコシステム」と、SIを核とする「テクノロジー・デリバリー」の両輪を備え、お客さまのグローバル戦略を支援しています。

【Accenture Operations】
さまざまな業界・業務に特化したBPOのみならず、クラウド・テクノロジーの実装やインテリジェントなITインフラ構築によって、デジタル時代に求められるスピード経営を支援します。お客さまは業務・IT一体型アウトソーシングとなる“As-a-Service”を利用することで、イノベーションや市場展開スピードを加速することが可能です。

本社所在地 〒107-8672
東京都 港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
その他事業所

赤坂インタ―シティ
〒107-8672
東京都港区赤坂1-11-44

東京ソリューションセンター
〒104-0054
東京都中央区勝どき1-13-1
イヌイビル・カチドキ(Inui Building Kachidoki)

アクセンチュア・イノベーション・ハブ 東京
〒108-0073
東京都港区三田1-4-1
住友不動産麻布十番ビル

みなとみらいオフィス
〒220-8691
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 
MMパークビル

関西オフィス
〒530-0005 
大阪府大阪市北区中之島2-2-2 
大阪中之島ビル

京都オフィス
〒600-8008
京都府京都市下京区四条通烏丸東入ル長刀鉾町8
京都三井ビルディング

北海道デリバリー・センター
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通1丁目南8番10号
白石ガーデンプレイス4F

福島イノベーションセンター
〒965-0006
福島県会津若松市一箕町大字鶴賀字上居合134-5

熊本BPOセンター
〒860-0806
熊本県熊本市中央区花畑町12-24
熊本フコク生命ビル

沿革
1953年
電子情報システムの開発と統合のサポート業務を行うコンサルティング業務を米国で開始。

1961年
アジア太平洋地域へ業務を拡大。

1962年
日本で業務を開始。

1989年
従来のビジネスであった税務・会計ビジネスからコンサルティング部門を分離独立。「経営と情報」のプロフェッショナルとして経営革新を推進する新会社(アクセンチュア株式会社の前身)を正式に設立。同時に東京事務所を開設。ビジネス・インテグレーションのコンセプトを確立。

1995年
日本において株式会社設立。

1996年
勝どきソリューション・デリバリーセンター設立。

1997年
ビジネス・インテグレーション・メソドロジーを発表。

2000年4月
アクセンチュアとマイクロソフトの共同出資によるマイクロソフト・プラットフォームに特化したテクノロジーコンサルティング&デリバリーの会社アバナードを設立。

2001年1月
アクセンチュアに社名変更。

2001年6月
日本法人をアクセンチュア株式会社に社名を統一。

2001年7月
アクセンチュア(グローバルグループ)、ニューヨーク証券取引所に上場。

2002年8月
アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社を設立。

2003年3月
アクセンチュア大連デリバリー・センターを開所。

2005年7月
アバナード日本法人を設立。

2006年11月
北海道札幌市にデリバリーセンターを開所。

2008年3月
大阪府大阪市にアクセンチュア株式会社 大阪オフィス(現関西オフィス)を開所。

2008年4月
株式会社ソピアの全株式を取得。

2008年11月
アクセンチュア株式会社 経営管理本部を横浜市みなとみらいに移転。

2011年6月
京都府京都市にアクセンチュア株式会社 京都オフィスを開所。

2011年8月
福島県会津若松市にアクセンチュア 福島イノベーションセンターを設立。

2012年5月
アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社および株式会社ソピアを
アクセンチュアに統合。

2014年10月
熊本県熊本市にアクセンチュア株式会社 熊本BPOセンターを開所。

アクセンチュア株式会社が募集しているその他の求人

社員インタビュー

システムコンサルタント コンサルタント 2015年入社

【前職では経験できなかった業務や、習得できなかったスキル。自分の努力と会社の手厚いサポートが成長を後押ししてくれています。】

※2015年にアクセンチュアへ転職。
前職ではシステムインテグレーションの研究開発部門にてテストツールの研究開発などを担当。現在は国策の導入支援に伴う新業務定義や教育支援を行う。

Q: 業務におけるやりがいは?
自分たちが作成した資料が実際にお客様のWebページに掲載される等、お客様先で活用されているのを見ると、私たちが検討を重ねた成果が実際に人を動かしている、と業務に対する責任感を感じるとともに、私は大きな国家政策に携わっている一員なのだな、とやりがいを感じます。

Q: 入社当初の不安・壁の乗越え策は?
私は大学から前職まで一貫してコンピュータ科学が専門でしたので、コンサルタントに転身するにあたりSE時代には求められなかった「お客様の業務にどう立ち向かうか」について不安はありました。しかし、クライアントに対し深い知識をもち、不足部分があればもの凄いスピードでキャッチアップする周りの社員に刺激を受け、私も知識の吸収につとめることができました。

Q: 組織の好きなところは?
ダイバーシティに富んでいる点です。社内を見渡すと、新卒で入社した方、同業種から転職されてきた方、異業種から転職されてきた方など、様々なバックグラウンドを持った人がいて、考え方の多様さに驚かされる日々を送っています。
また、資格取得について組織的なサポートが手厚くあります。例えば、情報処理技術者試験の学習計画策定支援や、論文添削といった支援まで受けることができます。モチベーションになる点は、ただ資格の取得を制度的にサポートしているのでなく、きちんと社内で活用する環境があり、評価をするカルチャーも根付いているところです。

社員インタビュー

システムコンサルタント マネジャー 2007年新卒入社

【結婚を機に働き方を改革。社員各々が自分でキャリアの方向性を決める会社です。】

※主に中央省庁のSIプロジェクトでのPMO業務や、システム部門への技術的支援といった業務に従事。現在は女性管理職として国家プロジェクトにてプロジェクト運営を担う。

Q: 業務におけるやりがいは?
「社会インフラでもある中央省庁等のシステムに携わっている」という実感が得られるところです。特に業務設計や要件定義といった工程では、政策が一国民としての自分の生活に立ち現れるまでの、例えば役所での窓口対応や、国民に対していつ何を通知するのか等、制度の設計や運用に関わるので、そういったやりがいを感じやすいですね。

Q: 組織の好きなところは?
トレーニング・教育の観点に力を入れているところです。特にスタッフレベルに対しては、キャリアの始めの段階でしっかり基礎力を付けてもらうための制度や取り組みに注力しています。単純に枠組みだけ作って終わりということでなく、マネジャー以上の間で日々取組みの成果や課題などを共有をして、カウンセリーに還元するといった試みをしています。
また、プロジェクトで一緒になったことがないメンバーでも、公共サービス・医療健康本部の何かしらの集まりで会ったことがあるといったことが多く、ネットワーキングが活発なところもアットホームで気に入っています。

Q: ワークライフバランスを保つコツは?
私は20代の頃はとにかく早く成長したくて仕事があるだけやってしまう、というスタイルだったのですが、結婚を機にライフの時間の比重を増やすように変えました。例えば、毎朝目標の帰宅時間とタスクを決め、「もうちょっとできそう…」と思ってもズルズル仕事せずに「終わったら帰る」ように気を付けています。休日も基本的には仕事をしないようにし、プライベートに時間を使い、オンとオフをきっちり分けるようにしています。

社員インタビュー

システムコンサルタント シニア・マネジャー

※新卒で国内大手Sierに入社し、自治体システムの開発などを担当したのち10年前にアクセンチュアに転職。システム設計開発プロジェクトのアプリケーション開発責任者や、各種営業活動を経験し、現在は主に大規模プロジェクトにおけるプロジェクト責任者を担っている。

Q: 業務におけるやりがいは?
前職で培ったシステム経験と、アクセンチュアに来てから磨きをかけたコンサルティングスキルの両方を上手く駆使して、お客様や他社との調整ごとが成功した時に、非常に喜びを感じます。

Q: ワークライフバランスを保つコツは?
私は様々な属性や特徴を持った社員が個々の適性や状況に合った環境で、やりがいを持って仕事できることが理想だと考えています。
私のプロジェクトにはワーキングマザーの社員がいます。その方がまだ妊婦だった時に大雪が降った時には自宅勤務にできるよう調整し、育休からの復帰前には彼女の自宅近くの子育てセンターに赴き、復帰するにあたっての相談に乗りました。私にも娘が二人いるので、その子達が大人になった時には今よりもっと育児と仕事を両立しやすい世界になっていてほしいという思いもあり、そのために自分が今できることはワーキングマザーの成功事例を積み重ねていくことだと考えています。

Q: 将来の仲間へ一言
転職当初は、早くコンサルティングスキルを身に付けなければと必要以上にプレッシャーを感じていたと思います。しかし、熱心に教えてくれる上司や、背中で語る上司、仕事では関わっていないのによく飲みに連れて行ってくれる上司などに力強く支えてもらいました。
アクセンチュアのプロジェクトは、コンサルティング案件であってもシステム開発と密接な関係を持ったものが多いです。自身のこれまでの経歴を十分生かしつつ、現業を通じてコンサルティングスキルを身に付けていくことができる素晴らしい環境だと思います。

ページトップへ