マネジメントコンサルタント|素材・エネルギー本部

アクセンチュアはグローバルの総合コンサルティング企業としては世界最大級の規模の会社で、現在53か国に拠点があり、全世界で44万2000人の仲間が働いています。その中で日本法人は9500人超の規模となっています。

その中で私たち「Resource(素材・エネルギー)本部」は、素材・化学・エネルギー業界のクライアントを担当する部門で、生活のインフラをビジネスとしているお客様を支援しています。2年前にエネルギーが自由化したことをきっかけにビジネス自体の改革がスタートしている業界です。

具体的には業界自体の再編(M&A)に伴う統合支援や、工場やプラントにデータアナリティクスやIoT、AI活用を取り入れる案件、今後のエネルギーについての未来を考える案件、海外展開についての支援など、お客様からの相談増加と共に急成長している部門です。

仕事内容

素材・エネルギー業界のクライアント企業に対して、
 ①全社・事業戦略や成長戦略(新規事業、M&A、海外Entry等)
 ②デジタル戦略(IoT、人工知能等)
 ③機能戦略(SCM、経営管理、組織・人材育成、営業改革等)
の立案から変革の実行支援まで、幅広い経営課題に応えるコンサルティング業務に従事しています。

特に近年は、以下のようなテーマに多く取り組んでいます。
 ・全社デジタル・トランスフォーメーション支援
 ・石油・化学業界のグローバル進出支援
 ・電力・ガス自由化に対する企業変革支援

我々は戦略を描くだけでなく、クライアント企業が様々な困難を乗り越えて実際に成果を出し、それを継続・定着できるようになるまで、真のビジネスパートナーとして長期的なコミットメントを持って取り組んでいます。

その為に、若手の内からクライアントのCxO始め経営層、役員、事業部長クラスの方々をカウンターパートとして働く機会が豊富であり、同時にクライアントの幅広いステークホルダーを巻き込んで改革を推進していくことが求められます。

また、近年のデジタル・トランスフォーメーションのように、個々のクライアントを支援するのみならず、クライアント横断で、日本の素材・エネルギー業界全体の構造変革を進めていくことも目指しています。

応募条件

▼求める条件
【必須(MUST)】
以下のいずれかのご経験をお持ちの方
・経営コンサルティング会社のご経験者
・事業会社の経営者、経営企画、事業企画のご経験者
・ベンチャーキャピタル、事業再生ファンド等での、経営に携わる業務のご経験者
・ITコンサルティング会社等での、全社横断の変革業務のご経験者
・MBAホルダーの方
▼歓迎条件
【歓迎(WANT)】
・経営コンサルティングスキル全般(仮説立案、調査・分析、資料作成、プレゼン、対クライアント力、等全般のスキル)をお持ちの方
・電力、ガス、石油、化学、素材業界での実務・コンサルティング経験をお持ちの方
・SCM、業績管理、組織・人材育成、営業改革といった機能戦略立案経験3年以上の方
・ビジネスレベルの英語力
▼求める人物像
求める人物像】
・ロジカルに考えることができ、地頭の良い方(知識がない領域でも通用する応用力のある方)
・敷かれたレールの上を走るだけでなく、自らレールを敷くことが出来る方
・困難で未知の課題に挑み、粘り強く考え抜き、クライアントを動かすことが出来る方
・経営者視点で考え、相手に合わせてコミュニケーションし、クライアントを巻込み、動かせる方
・プロフェッショナルとしての高いコミットメント、責任感、目標、成長意欲のある方

募集要項

募集職種
採用予定人数

11人以上

給与

年収500~1800万円

勤務地

本社 東京都 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR

雇用形態

正社員

選考プロセス
応募ボタンからご応募ください

この求人に興味がある人は、こんな求人にも興味があります

もっと見る

アクセンチュア株式会社が募集しているその他の求人

企業概要

【想像を超える自分に出会おう。】より大きなチャンス、大きなチャレンジ、大きなゴールをもたらす企業に加わりませんか。

アクセンチュアは、約44万2000名の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。

■実績
世界中の大手企業および政府機関と幅広く関係を築き上げるとともに、さまざまな規模の組織と協働しています。フォーチュン100社のうちの92社、同500社の3/4以上の企業がアクセンチュアのお客様です。期待に確実に応えることでアクセンチュアとお客様の関係はさらに強化・拡大しています。例えば、2010年度のお客様とのお取引規模上位100社のうち99社が5年以上、92社が10年以上アクセンチュアとの関係を継続しています。

アクセンチュアを差別化する強みはさまざまですが、最も特徴付けるのは下記の点です。

・幅広い業界専門知識
・業務改革アウトソーシング(BTO)の専門知識
・技術革新とその導入に携わってきた実績(研究・開発費に年間約3億ドルを投資)
・進化し続ける多様性なサービス内容
・社員の育成への長期的な投資
・実績のある経験豊かな経営陣

会社名 アクセンチュア株式会社
設立 1995年 12月
代表者 代表取締役社長 江川 昌史
業種
  • コンサルティング・シンクタンク
資本金 350,000,000円
従業員数 3,000人~10,000人未満
特徴
  • 外資系企業
  • 女性が活躍
  • グローバル展開中
事業内容

【Accenture Strategy】
ビジネスとテクノロジーを融合させることでビジネス価値を創造する戦略パートナーです。ビジネス、テクノロジー、オペレーション、ファンクションの各戦略領域における高い専門性を掛け合わせ、各業界特有の環境をふまえた戦略の立案と実行を通してお客さまの変革を支援します。
【Accenture Consulting】
19の産業分野で合わせて40を超える業界にフォーカスしており、各業界に特化した経験と理解とで専門性を高めたコンサルタントの集団です。企業変革の方法論や、斬新で画期的なアイデアを提示するだけではありません。それをお客さまと一緒になって実行し、変革を成し遂げる情熱と能力を備えています。

【Accenture Digital】
豊かな顧客体験や革新的なプロセスを創造あらゆる「人」「モノ」をつなぎ、すべての事象を可視化し得るデジタルのパワー。Accenture Digitalは、そうしたデジタルの力を巧みに用い、お客さまが新たな価値を生み出すための最良のパートナーとして機能します。

【Accenture Technology】
先端テクノロジーの研究開発やテクノロジー・プラットフォームのアライアンス企業とのパートナーシップを土台にした「イノベーション&エコシステム」と、SIを核とする「テクノロジー・デリバリー」の両輪を備え、お客さまのグローバル戦略を支援しています。

【Accenture Operations】
さまざまな業界・業務に特化したBPOのみならず、クラウド・テクノロジーの実装やインテリジェントなITインフラ構築によって、デジタル時代に求められるスピード経営を支援します。お客さまは業務・IT一体型アウトソーシングとなる“As-a-Service”を利用することで、イノベーションや市場展開スピードを加速することが可能です。

本社所在地 〒107-8672
東京都 港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
その他事業所

赤坂インタ―シティ
〒107-8672
東京都港区赤坂1-11-44

東京ソリューションセンター
〒104-0054
東京都中央区勝どき1-13-1
イヌイビル・カチドキ(Inui Building Kachidoki)

アクセンチュア・イノベーション・ハブ 東京
〒108-0073
東京都港区三田1-4-1
住友不動産麻布十番ビル

みなとみらいオフィス
〒220-8691
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 
MMパークビル

関西オフィス
〒530-0005 
大阪府大阪市北区中之島2-2-2 
大阪中之島ビル

京都オフィス
〒600-8008
京都府京都市下京区四条通烏丸東入ル長刀鉾町8
京都三井ビルディング

北海道デリバリー・センター
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通1丁目南8番10号
白石ガーデンプレイス4F

福島イノベーションセンター
〒965-0006
福島県会津若松市一箕町大字鶴賀字上居合134-5

熊本BPOセンター
〒860-0806
熊本県熊本市中央区花畑町12-24
熊本フコク生命ビル

沿革
1953年
電子情報システムの開発と統合のサポート業務を行うコンサルティング業務を米国で開始。

1961年
アジア太平洋地域へ業務を拡大。

1962年
日本で業務を開始。

1989年
従来のビジネスであった税務・会計ビジネスからコンサルティング部門を分離独立。「経営と情報」のプロフェッショナルとして経営革新を推進する新会社(アクセンチュア株式会社の前身)を正式に設立。同時に東京事務所を開設。ビジネス・インテグレーションのコンセプトを確立。

1995年
日本において株式会社設立。

1996年
勝どきソリューション・デリバリーセンター設立。

1997年
ビジネス・インテグレーション・メソドロジーを発表。

2000年4月
アクセンチュアとマイクロソフトの共同出資によるマイクロソフト・プラットフォームに特化したテクノロジーコンサルティング&デリバリーの会社アバナードを設立。

2001年1月
アクセンチュアに社名変更。

2001年6月
日本法人をアクセンチュア株式会社に社名を統一。

2001年7月
アクセンチュア(グローバルグループ)、ニューヨーク証券取引所に上場。

2002年8月
アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社を設立。

2003年3月
アクセンチュア大連デリバリー・センターを開所。

2005年7月
アバナード日本法人を設立。

2006年11月
北海道札幌市にデリバリーセンターを開所。

2008年3月
大阪府大阪市にアクセンチュア株式会社 大阪オフィス(現関西オフィス)を開所。

2008年4月
株式会社ソピアの全株式を取得。

2008年11月
アクセンチュア株式会社 経営管理本部を横浜市みなとみらいに移転。

2011年6月
京都府京都市にアクセンチュア株式会社 京都オフィスを開所。

2011年8月
福島県会津若松市にアクセンチュア 福島イノベーションセンターを設立。

2012年5月
アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社および株式会社ソピアを
アクセンチュアに統合。

2014年10月
熊本県熊本市にアクセンチュア株式会社 熊本BPOセンターを開所。

アクセンチュア株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ