<急募!超上流テクノロジーコンサルタント>CIO直轄の案件多数!IT/Digitalの力で世界一流企業の変革を実現しませんか?

アクセンチュア株式会社

IoT、Big Data Analytics、AI等、先端テクノロジーを活用し、日本を代表する大企業のDigitalizationを支えるテーマが多くあります!

アクセンチュア コンサルティングは5つの業界別組織に分かれています。
これは各業界への深い知見・専門性を持つアクセンチュアのプロフェッショナルたちが、業界別に特化した付加価値の高いサービスを提供するために最適化された体制です。
そのうち「通信・メディア・ハイテク本部」は、業界のお客様企業へ先端のテクノロジーや海外の新しいソリューションの提供を通じて、経営課題の解決に取り組んでいくアクセンチュアの最前線に位置する部署です。
スペシャリストで構成されたチームの一員となることで、明日の日本を築き上げていく経験を積むことができます。

仕事内容

Accenture Consulting 通信・メディア・ハイテク業界部門(CMT)に配属となり、大手通信事業者、大手電機メーカー、メディア・エンターテイメント事業者のクライアントに対する、IT戦略立案・実行支援をお任せします。

[具体的には]
多くの仕事がCIO直轄の案件であり、クライアントのビジネス成長・創出に向けて、IT/デジタルをどう活用していくか、クライアントと共に、その戦略を立案します。アドバイザリー型のコンサルティングに留まらず、クライアントと協業して新たなビジネスの立ち上げも実施しています。

◆プロジェクト事例◆
①日本最大級のコングロマリット企業の次世代グローバルITをデザインするプロジェクト
個別受注生産から量産、モノ売りからサービス売りなど多岐に渡る事業体において、その事業成長をグローバルで支えるITプラットフォームの在り方およびその実現を加速させるコーポレートIT部門の在り方を構想。

②AIに支えられたチャットの世界など、テクノロジービジョンを企画構想するプロジェクト
NTT CommunicationsとはCOTOHAの国内販売・導入推進について協業。

③次世代の高度分析基盤を企画構想するプロジェクト
従来の構造化データの分析に加えて、機械学習や深層学習、ソーシャルデータを活用した高度分析基盤の企画立案。

④Technology Led Innovationを実現するIT組織の在り方を策定するプロジェクト。
これまでの“事業成長を支えるIT”に留まらず、”事業創出をリードするIT“を実現するためにIT組織の構造や持つべきCapabilityは何か、人材育成やガバナンス体系の整備など打つべき施策は何か、変革方針を策定。

◆Accentureの強み◆
・デジタルやテクノロジー、BPOなどの実行部隊を持ち、単なるアドバイザリーに留まらず、クライアントの変革を共に実現するパートナーになれること(協業や合弁会社設立などの形態を取ることも)。アクセンチュアが成長を続けている理由です。
・特定の“製品”を持たず、中立的な立場で、クライアントの経営/ビジネス課題の解決にフォーカスできること。
・グローバルの知見や事例の活用、グローバルネットワーク自体の活用(他オフィスとの連携)により、グローバルスケールの変革を実現できること。
・多くのアライアンス(マイクロソフトとの合弁会社運営、SAP社との次世代ERP共同開発など)、グローバルのイノベーションセンターなどにより、テクノロジー自体に強いこと。

◆組織構成◆ 
CIOへのIT戦略全体のアドバイザリーポジション、
NewIT(Cloud、Security、ブロックチェーン等)といった領域特化型のアドバイザリーポジションを合わせて、
全体で100名ほどのコンサルタントが従事しております。

◆関西でグローバル大規模PJTに携われます◆
関西圏に住み続けながら、関西PJTに長期的に携わることが可能ですので、関西でグローバル展開する大規模PJTに携わりたい方であれば、ぜひ一度お話させてください。また、今後も更にビジネスを拡大していく為、事業が成長していく面白さも感じられます!

◆女性でも安心して活躍でき、自由にキャリア形成が出来る環境です◆
・女性社員率28.5%、育児休暇取得率98.3%、有給取得率78.6%と、女性でも働きやすい職場です!
・部門内でのキャリアアップももちろん、一人ひとりの希望・適正に応じて他部門にわたる異動も可能です。異動できるポジションはなんと全世界15000ポジション!可能性は無限大です。

◆グローバルへの挑戦機会も豊富です◆
・世界120カ国に展開する弊社には、企業の世界展開を支援するプロジェクトが増えており、先端のトレンドとナレッジを吸収しながら成長できる環境があります。
・また、今回の募集に英語力は問いませんが、語学力向上に向けた、世界各国のオフィスで働くメンバーとトークセッションができる「Language Buddy Program」等、様々な研修プログラムがあるのが一つの魅力です。

【仕事のやりがい】
IT/デジタルがビジネス成長のみならずビジネス創出を牽引する時代にあって、テクノロジーコンサルタントはTechnology Led Innovationをリードすることが出来るポジションです。
テクノロジー自体への深い造詣、クライアントの業界動向および経営課題への深い洞察の両方が求められ、クライアント企業の大きな変革の立案および実行支援に携わることが出来ます。
新興国含めたグローバル化の進展、デジタルディスラプターへの対応、IoTやアナリティクス、AIといった先端テクノロジーの活用など、エンタープライズITを取り巻く環境はますます複雑化しており、常に新たなチャレンジを求める方に最適なポジションです。
短期間に多くのクライアントのビジネス/ITを俯瞰できるため、事業会社のCIOを目指している方のキャリア形成の場にも最適です。

応募条件

▼求める条件
  • 業務プロセス
※通信・メディア・ハイテク業界と関連のない業界の方でも、興味関心があればご応募ください
<ポテンシャル採用(ジュニアポジション)>
■社会人経験3年以上
■ビジネスレベルの日本語
■IT/Digitalに関わるキャリアを積んでいきたい方
※開発業務経験者、ソリューション提案営業経験者の方でもWelcomeです

<経験者採用(シニアポジション)>
■IT戦略、およびITガバナンス関連のコンサルティング経験 
■複雑かつ難易度の高いSIのPMO経験(大手Sier、SEとして経験がある方はWelcomeです)
■チームマネジメント経験(10名~数十名規模)
※クライアントとのリレーションが強いと尚可
▼歓迎条件
■AI、Analytics、IoTなど先端技術のビジネス活用方策の策定経験
■クラウドサービス(IaaS、PaaS、SaaS)、S/4 HANAのソリューション提案・プランニング・導入経験
■セキュリティ領域における戦略・方針の策定経験
■英語を用いたグローバルプロジェクトの実施経験

※英語力はあれば尚可。現時点なくてもキャッチアップできればOKです。
▼求める人物像
■論理的思考力・洞察力、コミュニケーション力等、コンサルタントの基礎的能力がある方
■新しい分野・困難な課題に対し、自ら成長できるチャンスと捉えることができる方
■前例のない課題に対しても、どのように対応したらよいのか自分なりに考え抜いて行動に移せることができる方
■社内外の様々なスキルを持った人を巻き込み、物事を進めるためのコミュニケーションを率先して取ることができる方
(コンサルティングファームでの実務経験は不問)

募集要項

待遇・福利厚生

住宅手当:自身名義(持家/賃貸)年間36万円、他者名義(持家/賃貸)年間12万円
     ※マネージャ以上については支給はございません。

保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

福利厚生:従業員株式購入プラン、財形貯蓄制度、退職年金制度、各種法人会員および契約施設・ホテル、各種クラブ活動、産業医による健康相談室、カウンセリング支援制度、カフェテリアプラン

諸手当:住宅手当、時間外勤務手当、修士手当、出張手当、資格取得補助 ※交通費実費支給 

就業時間

09:00 ~ 18:00
フレックスタイム制
標準労働時間帯 9:00~18:00 (標準労働時間8時間)

募集職種
募集背景

事業拡大に伴い、積極的に仲間を募集しております!
----------------------------------------------------
契約期間:期間の定め無
試用期間:有(6か月)
就業時間:09:00-18:00(休憩1時間)
休日:土日、祝日
残業:有
年収(基本給):450万円〜1,800万
その他手当:住宅手当、賞与、時間外勤務手当
※スキル/経験等によって定まる職位に応じて年収・手当が変動します。
※月給等詳細につきましては、ご面談の際にお伝えさせていただきます。
社会保険:健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険
----------------------------------------------------

採用予定人数

6-10人

給与

年収450~1800万円

※経験・スキルを考慮の上、当社規定により優遇いたします。

休日休暇

完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始、年次有給休暇(初年度12日)、傷病休暇、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合含む)、ボランティア休暇など

勤務地

本社 東京都 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅下車(13番出口)徒歩2分
• 銀座線ホームより徒歩10分
• 南北線でお越しの場合、銀座線ホーム経由が便利です。

全国、関西(京都/大阪)など

関西でのプロジェクトもございます。
ご希望の方は関西オフィス所属として、関西中心の勤務も可能です。

関西オフィス アクセス:
地下鉄御堂筋線、京阪本線「淀屋橋」駅下車 徒歩4分
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車 徒歩6分
京阪中之島線「大江橋」駅下車 徒歩1分

雇用形態

正社員

選考プロセス
【STEP 1 応募】
応募ボタンからご応募ください
【STEP 2 1次面接】
【STEP 3 2次面接】
* 場合によって3次面談もございます。

アクセンチュア株式会社が募集しているその他の求人

企業概要

【想像を超える自分に出会おう。】より大きなチャンス、大きなチャレンジ、大きなゴールをもたらす企業に加わりませんか。

アクセンチュアは、約44万2000名の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。

■実績
世界中の大手企業および政府機関と幅広く関係を築き上げるとともに、さまざまな規模の組織と協働しています。フォーチュン100社のうちの92社、同500社の3/4以上の企業がアクセンチュアのお客様です。期待に確実に応えることでアクセンチュアとお客様の関係はさらに強化・拡大しています。例えば、2010年度のお客様とのお取引規模上位100社のうち99社が5年以上、92社が10年以上アクセンチュアとの関係を継続しています。

アクセンチュアを差別化する強みはさまざまですが、最も特徴付けるのは下記の点です。

・幅広い業界専門知識
・業務改革アウトソーシング(BTO)の専門知識
・技術革新とその導入に携わってきた実績(研究・開発費に年間約3億ドルを投資)
・進化し続ける多様性なサービス内容
・社員の育成への長期的な投資
・実績のある経験豊かな経営陣

会社名 アクセンチュア株式会社
設立 1995年 12月
代表者 代表取締役社長 江川 昌史
業種
  • コンサルティング・シンクタンク
資本金 350,000,000円
従業員数 3,000人~10,000人未満
特徴
  • 外資系企業
  • 女性が活躍
  • グローバル展開中
事業内容

【Accenture Strategy】
ビジネスとテクノロジーを融合させることでビジネス価値を創造する戦略パートナーです。ビジネス、テクノロジー、オペレーション、ファンクションの各戦略領域における高い専門性を掛け合わせ、各業界特有の環境をふまえた戦略の立案と実行を通してお客さまの変革を支援します。
【Accenture Consulting】
19の産業分野で合わせて40を超える業界にフォーカスしており、各業界に特化した経験と理解とで専門性を高めたコンサルタントの集団です。企業変革の方法論や、斬新で画期的なアイデアを提示するだけではありません。それをお客さまと一緒になって実行し、変革を成し遂げる情熱と能力を備えています。

【Accenture Digital】
豊かな顧客体験や革新的なプロセスを創造あらゆる「人」「モノ」をつなぎ、すべての事象を可視化し得るデジタルのパワー。Accenture Digitalは、そうしたデジタルの力を巧みに用い、お客さまが新たな価値を生み出すための最良のパートナーとして機能します。

【Accenture Technology】
先端テクノロジーの研究開発やテクノロジー・プラットフォームのアライアンス企業とのパートナーシップを土台にした「イノベーション&エコシステム」と、SIを核とする「テクノロジー・デリバリー」の両輪を備え、お客さまのグローバル戦略を支援しています。

【Accenture Operations】
さまざまな業界・業務に特化したBPOのみならず、クラウド・テクノロジーの実装やインテリジェントなITインフラ構築によって、デジタル時代に求められるスピード経営を支援します。お客さまは業務・IT一体型アウトソーシングとなる“As-a-Service”を利用することで、イノベーションや市場展開スピードを加速することが可能です。

本社所在地 〒107-8672
東京都 港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
その他事業所

赤坂インタ―シティ
〒107-8672
東京都港区赤坂1-11-44

東京ソリューションセンター
〒104-0054
東京都中央区勝どき1-13-1
イヌイビル・カチドキ(Inui Building Kachidoki)

アクセンチュア・イノベーション・ハブ 東京
〒108-0073
東京都港区三田1-4-1
住友不動産麻布十番ビル

みなとみらいオフィス
〒220-8691
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 
MMパークビル

関西オフィス
〒530-0005 
大阪府大阪市北区中之島2-2-2 
大阪中之島ビル

京都オフィス
〒600-8008
京都府京都市下京区四条通烏丸東入ル長刀鉾町8
京都三井ビルディング

北海道デリバリー・センター
〒003-0022
北海道札幌市白石区南郷通1丁目南8番10号
白石ガーデンプレイス4F

福島イノベーションセンター
〒965-0006
福島県会津若松市一箕町大字鶴賀字上居合134-5

熊本BPOセンター
〒860-0806
熊本県熊本市中央区花畑町12-24
熊本フコク生命ビル

沿革
1953年
電子情報システムの開発と統合のサポート業務を行うコンサルティング業務を米国で開始。

1961年
アジア太平洋地域へ業務を拡大。

1962年
日本で業務を開始。

1989年
従来のビジネスであった税務・会計ビジネスからコンサルティング部門を分離独立。「経営と情報」のプロフェッショナルとして経営革新を推進する新会社(アクセンチュア株式会社の前身)を正式に設立。同時に東京事務所を開設。ビジネス・インテグレーションのコンセプトを確立。

1995年
日本において株式会社設立。

1996年
勝どきソリューション・デリバリーセンター設立。

1997年
ビジネス・インテグレーション・メソドロジーを発表。

2000年4月
アクセンチュアとマイクロソフトの共同出資によるマイクロソフト・プラットフォームに特化したテクノロジーコンサルティング&デリバリーの会社アバナードを設立。

2001年1月
アクセンチュアに社名変更。

2001年6月
日本法人をアクセンチュア株式会社に社名を統一。

2001年7月
アクセンチュア(グローバルグループ)、ニューヨーク証券取引所に上場。

2002年8月
アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社を設立。

2003年3月
アクセンチュア大連デリバリー・センターを開所。

2005年7月
アバナード日本法人を設立。

2006年11月
北海道札幌市にデリバリーセンターを開所。

2008年3月
大阪府大阪市にアクセンチュア株式会社 大阪オフィス(現関西オフィス)を開所。

2008年4月
株式会社ソピアの全株式を取得。

2008年11月
アクセンチュア株式会社 経営管理本部を横浜市みなとみらいに移転。

2011年6月
京都府京都市にアクセンチュア株式会社 京都オフィスを開所。

2011年8月
福島県会津若松市にアクセンチュア 福島イノベーションセンターを設立。

2012年5月
アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社および株式会社ソピアを
アクセンチュアに統合。

2014年10月
熊本県熊本市にアクセンチュア株式会社 熊本BPOセンターを開所。

アクセンチュア株式会社が募集しているその他の求人

社員インタビュー

通信・メディア・ハイテク本部マネジング・ディレクター 2004年4月入社

◆入社のきっかけ
大学在籍時より、IT活用のもと企業を変革できるコンサルタントになりたいと考えていました。そのために、技術の限界を知らなければならないと考え、大手SIに入社。企画営業やシステム開発の工程経験を複数回経験した後で、コンサルティングファームへの転職を決意、最も面接官の「人がら」に共感できたアクセンチュアを選びました。

◆テクノロジーコンサルタントとしてのやりがい
ITというコアの専門性を持ちながら、お客様のビジネス変革を実現できる点です。
テクノロジーによって、人の働き方を変えたり、事業収益を生み出す仕掛けを考え、お客様と一緒に実行していくことに大きなやりがいを感じています。
例えば、ある海外の総合エンタメ企業では、CSOの発案から事業基盤を含む全ての情報インフラをパブリッククラウドに移行させ、抜本的な費用構造変革に挑戦しています。
また、ERPなど従来型手法で時間のかかる開発分野と、アジャイル開発でスピーディにWebサービスを提供する分野を分けて両立する “マルチスピードIT”というIT運営手法にも注目が集まっています。RPAやAIといった先端技術を活用しつつ、UI/UXも今までにない利便性を提供できるようになりました。
そうした時代の先を行くプロジェクトが多数存在するのもアクセンチュアの魅力だと考えています。

◆アクセンチュアで学べたこと
コンサルタントは、コミュニケーションのプロでなければならないと考えています。
課題を見つけ解決策を“考える力”、お客様を説得する“話す力”、最適なメッセージを“書く力”など、コンサルタントとして身に着けたコミュニケーション力は、どの会社でも役立つと思います。
また、アクセンチュアという会社自身が長期に渡り成長を続けているグローバル・パイパフォーマンス・カンパニーであり、その経営モデルを体感できることも大きな醍醐味です。

ページトップへ