【財務会計プロフェッショナル】国内外のメンバーファームと密な連携を活かし、会計士として幅を広げるための、部門を越えた機会を数多く創出しています

PwCあらた有限責任監査法人

<監査部、アドバイザリー部など、希望に応じて幅広い業務にチャレンジして頂くことが可能>

PwCあらた有限責任監査法人は、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務をわが国の市場環境に適した形で提供しています。

◆監査+αの価値提供
当法人では会計のみならず企業の説明責任すべてを業務範囲と考えています。財務諸表監査・内部統制監査だけでなく、ITセキュリティ・コンプライアンス・ガバナンス・サステナビリティ・統合報告などとアドバイザリー業務の拡大を進めています。

◆私生活とバランスの取れる新しい働き方
子育て、介護、家庭、キャリアアップのための個人の時間を大切に考え、健康で豊かな生活ができるように制度やイベントなどで支援しています。社内を見渡してみると女性社員も多く「仕事に追われるだけでなく働き方を見直したい」という動機で入社した人も多数。監査は2~5人の少人数チーム制で進めるため、主体的にスケジュールや進行管理ができます。

◆「PwCあらた」から広がる新しいキャリア
当法人では強みである PwCとの密な連携を活かし、会計士としての幅を広げるための部門を越えた機会を数多く創出しています。自らの意志で法人内での異動はもちろん、PwCコンサルティング合同会社、PwCアドバイザリー合同会社、PwC税理士法人間の移籍・異動を申し出ることのできるOEP制度や、異動・転籍をしないままプロジェクトベースで他部門の業務を経験することもできます。2018年度は99名の職員がこの制度を利用してキャリアの幅を広げています。
また2012年5月には、閑散期の週3日勤務や3ヵ月間の休職が可能な制度を導入。 将来に向けて自分の時間を有効に使う語学の習得や、資格取得、育児に注力したりと自身の志向に応じた多様なキャリアを描くことができます。

キャリアパスが多彩な環境で自身のスキルとキャリアを広げませんか?

仕事内容

以下、いずれかの業務を担当していただきます。ご希望に応じて幅広い業務にチャレンジしていただくことが可能です。

[監査部]
部署が業種ごと分かれていますが、国内、国外では分かれていません。自身の興味のある業種で専門性を高めていくことで、より品質の高いサービスを提供できるとともに、グローバルな案件にも携わりやすい環境になっています。
・財務諸表監査
・内部統制監査
・各種証明・保証業務

[アドバイザリー部]
会計領域を中心とした様々なアドバイザリー業務を提供しています。財務報告作成支援の他、海外進出支援や国際金融規制への対応支援など、企業の多様化、グローバル化に伴い、アドバイザリー業務も多岐に展開しています。 国内外のメンバーファームとの共同プロジェクトも多く、多様なバックグラウンドのメンバーとともに多くの経験を積むことができます。

・国際財務報告基準(IFRS)および米国会計基準(USGAAP)にもとづく財務報告作成アドバイス業務
・財務報告体制・プロセス構築アドバイス業務
・J-SOX およびUS-SOX 法への対応支援業務
・海外進出支援
・国際金融規制対応支援 等

【会社・仕事の魅力】
■グローバルな環境
世界的に展開するクライアントと日々対峙しており、海外とのコミュニケーションは日常的に行われています。オフィスには海外のメンバーファームのスタッフも多く在籍し、業務や交流を通じてコミュニケーションがとれる環境にあるのも大きな特徴です。

■海外キャリア支援
若手から積極的に海外経験を積むことができるフィールドをさらに増やしています。世界の第一線で活躍する存在を早い段階で育てることで、グローバル対応力のさらなる強化を目指していきます。
・社外語学学校支援(国内英語学校の費用を半年間最大10万円まで補助)
・英語プログラム(選抜者の方を対象として、マンツーマンレッスンなどに参加)
・海外語学研修、海外赴任 等

■多様なキャリアパス
国内外のメンバーファームとの密な連携を活かし、会計士としての幅を広げるための部門を越えた機会を数多く創出しています。
・OEP制度 自ら異動希望を提出できる公募制の異動支援プログラム。社内はもちろん、 メンバーファーム、及び国内外部機関への希望も可能です。

応募条件

▼求める条件
・公認会計士資格をお持ちの方
・公認会計士試験全科目合格者の方
・米国公認会計士(全科目合格者 または 科目合格者)をお持ちの方
▼歓迎条件
・英語力

募集要項

待遇・福利厚生

契約施設・ホテル・スポーツクラブ等割引利用、各種クラブ活動(PwC Funs)等

就業時間

09:15 ~ 17:15
フレックスタイム制度

募集職種
募集背景

事業拡大による増員のため

採用予定人数

若干名

給与

年収500~1400万円

休日休暇

リフレッシュ休暇、傷病休暇、特別試験休暇、慶弔休暇、出産/育児/介護関係休暇・休職(産前産後休暇、育児休職、育児特別休暇、子の看護休暇、介護休職、介護特別休暇)

勤務地

本社 東京都 千代田区大手町1‐1‐1 大手町パークビルディング
その他の勤務地
■大阪オフィス(大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー24F)
■名古屋オフィス(愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ38F)

-大阪事業所

大阪府大阪市北区

-名古屋事業所

愛知県名古屋市中村区

雇用形態

正社員

選考プロセス
応募ボタンからご応募ください

企業概要

PwC Purpose:「社会における信頼を築き、重要な課題を解決する」

会社名 PwCあらた有限責任監査法人
設立 2006年 7月
代表者 代表執行役 木村 浩一郎
業種
  • 監査法人・会計事務所・税理士法人・税理士事務所
資本金 1,000,000,000円
従業員数 1,000人~3,000人未満
特徴
  • 中途入社者50%以上
  • 女性が活躍
  • グローバル展開中
事業内容

PwCあらた有限責任監査法人は、世界157カ国・753拠点(都市)に223,000人以上のスタッフを有するPwCのグローバルネットワークを活かして、世界中の知識や経験、 ソリューションを共有。 常に新しい視点から、時代に即した実践的なアドバイスを提供しています。(※2016年6月末現在)
そして、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務を、わが国の市場環境に適した形で提供しています。
"Technology in the PwC Audit"と称し、積極的かつ継続的なIT投資により、高品質、効率性、洞察、そして本質を捉えた監査を実現しています。

本社所在地 〒100-0004
東京都 東京都千代田区大手町1‐1‐1 大手町パークビルディング
その他事業所

名古屋オフィス
〒450-6038
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ38F

大阪オフィス
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー24F

福岡オフィス
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル4F

PwCあらた有限責任監査法人が募集しているその他の求人

社員インタビュー

システム・プロセス・アシュアランス部 Senior Manager

PwCあらた有限責任監査法人は監査法人でありながら、アシュアランス(監査)業務だけでなく、同じ部門内でアドバイザリー(コンサルティング)業務も行っています。これが、最大の特徴であり、強みといえるでしょう。

ひと昔前まで、リスクマネジメントやコンプライアンスといえば金融機関や通信等のいわゆる規制産業に限った関心事でしたが、いまや一般の事業会社においても、システム障害や情報漏えいへの意識が急速に高まっています。そこで求められるアドバイザリーはアシュアランスに近い性質を持ったものであり、私たちがアシュアランス業務を通じて培ってきたシステム・業務プロセス・データ・組織に関する幅広い知見が武器になります。

また、IT企業が金融系サービスに参入するなど、既存の枠組みを超えてサービスを提供する企業も増えてきています。それに伴い、こうした企業は新たな管理体制の構築やレギュレーションへの対応を迫られるわけですが、ここでも、多くのステークホルダーについて理解している当法人の強みが生きてくるのです。

アシュアランスとアドバイザリーの両方を手がけているということは、個人のキャリアにとっても有益です。アドバイザリーは、クライアントが抱える課題を「自分ごと」として捉えて変革していくような経験ができる業務。一方で、明確な指針に基づいて行うアシュアランスは、会社のどこを見ればいいのかという視点を身に付けられる業務。その両方を並行して経験することが、双方に良い影響を与え、個人のキャリアに幅をもたらしてくれるのです。

ページトップへ