Product Marketing Specialist Professional Brand

大手化粧品会社(株式会社ウィンスリー)

ヘッドハンター求人

仕事内容

日本国内および、アジアマーケットにおけるプロフェッショナル事業(サロン様向けヘアケア・ヘアカラーなど)の拡大と、特にアジアにおける積極的なブランド育成に向けたマーケティング業務の企画と推進を担っていただきます。

Main areas of responsibility:
•国内およびアジア市場において、お客さまであるヘアサロンとエンドユーザーのニーズを的確に捉え、顧客満足度を高めることのできるプロフェッショナル商材の開発と商品企画をリードする
•研究開発部門、Beauty Consultant部門および資生堂美容室など社内関連部門とのシナジーを活かし、業界に向けて新たな提案を可能とする、ハード&ソフトの開発にあたる
•自社プロフェッショナルブランドの国内、アジアに向けた商品からマーケティングまで一連の年度計画、長期計画を策定する
•年次の売り上げ目標達成のため、新製品定着と既存品育成のための情報発信を各Region Marketに対して提供する
•自社ブランドへのロイヤルティ向上と、お客さまのビジネス成長に寄与するサロンメニューや技術指導などのサービスパッケージ、カウンセリング手法の開発と展開
•日本国内だけでなく、海外マーケットにおいて、消費者インサイト・市場環境の変化・各市場における最新トレンド・競合状況を踏まえたブランドマーケティングの推進をリードする
•サロン業界におけるトレンドや、外部OEM先・原材料メーカなどに関する情報を収集し、各Regionとのコミュニケーションを積極的にリードしながら、ステークホルダーとのプロジェクトを推進する
•外部への業務委託先の選定にあたっては、条件等を精査し決定するなど、マーケティングコストの低減を図り、営業利益確保に貢献する

応募条件

▼求める条件
プロフェッショナル業界の実態を十分に理解、把握し、サロン様に求められる商品や情報提供等に対するノウハウ、スキルを十分に有する方を募集します。
•5年程度のプロフェッショナル業界における、ブランドマーケティングの製品開発または、戦略構築経験およびそのプロジェクトマネジメント経験、もしくは営業経験も含む同等の経験を有すること
•プロフェッショナル用商材もしくはヘアケア製品についての知識が深く、また様々なジャンルのトレンドに敏感なこと
•プロフェッショナル商材の企画・設計から使用方法、ソフト情報の構築ができること
•業界に幅広い人脈、ネットワークを保有し、外部シナジーを取り込めるコミュニケーション力
•ビジネスレベルの日本語力と英語力
•多様な文化におけるコミュニケーション経験とチームに対して、自身の専門性を展開することで共に成長していく意思を持てること

・ プロ向け商材の製品の開発経験と、処方に係る知識
・ B2B2Cの業界での経験 があれば、さらに望ましい

募集要項

募集職種
給与

年収400~700万円

勤務地

東京都

選考プロセス
応募ボタンからご応募ください

企業概要

会社名 大手化粧品会社
業種
  • 日用品・インテリア
事業内容

所在地:東京都中央区
資本金:600億円以上
主な事業内容:
・化粧品の製造・販売事業
・医薬品の製造販売事業

ヘッドハンター名 株式会社ウィンスリー
設立 2012年 11月
代表者 代表取締役 黒瀬 雄一郎
資本金 5,000,000円
従業員数 10人未満
本社所在地 〒106-0032

東京都港区六本木4-8-7

六本木三河台ビル5階

厚生労働大臣許可番号 13-ユ-305810
特色・得意分野など 株式会社ウィンスリーは、デジタルマーケティング業界・広告業界に完全に特化した人材エージェントです。
小職、並びにメンバーも同業界にて長年従事してきています。

小職は、電通系のデジタル系広告代理店を立ち上げ、10年近く営業まわりの統括を行なってきました。
その後2011年に、デジタル系広告代理店、コンサルティング会社 株式会社ウィンスリーマーケティングを立ち上げています。

長年の同業界での圧倒的な知見と経験値、人脈は他の人材コンサルタントにはない強みだと思っています。

案件もクローズド案件、やトップから直接もらうものも多く、マッチする候補者ですと、書類はミスマッチ無くパスでき、面接も1回〜2回で終了するものが多いです。

同業界にてご活躍されてきた方に対して、圧倒的なサポートができるエージェントを目指して日々精進しています。

【ご紹介クライアント事例】
・電通、博報堂グループ正社員案件
・ADK、東急エージェンシー、読売広告社、朝日広告社 他総合広告代理店案件
・大手外資系広告代理店(Ogilvy、ビーコン、JWT、アヴァス、ワンダーマン他)
・大手デジタル系 制作会社(IMJ、ネットイヤー、スパイスボックス他)
・大手PR会社(電通PR、ベクトル、トレンダーズ、インテグレート、ビルコム他)
・コンサルファーム デジタル部門(アクセンチュアデジタル、デロイトデジタル他)
・リクルートグループ
・IPO前スタートアップ企業(ストックオプション付与)
・外資系アドテク カントリーマネージャー事案


以上何卒よろしくお願いいたします。

ページトップへ