【経験不問/東証一部上場】事務系総合職

非公開(ベースメントアップス株式会社)

・首都圏でトップクラスシェアを誇る戸建事業、マンション開発事業、不動産流通事業を柱とした総合ディベロッパーです。
・創業から16年目にあたる2013年に東証一部上場、その後も右肩上がりに成長を続け、2017年度9月期の売り上げ予測は3000億円です。
・過去9年間で売上額は約15倍、経常利益70倍。現在不動産ディベロッパー業界9位の業績です。
・過去6年間での平均売上成長率は30%と、全業界の東証一部上場企業中1位となっています。
・成長率が平均1%と言われている不動産業界にも拘らず、日本トップクラスの成長企業です。今後さらに2020年までに5000億円達成を目指し、業界5位に入ることを目標にしています。
・自己資本当期純利益率(ROE)33.7%、自己資本比率31.1%と、財務体質も優良な水準にあります。
・最近では、織田裕二さんや奈々緒さん、大谷翔平さんなどをCMに起用しており、営業活動はもちろんのこと広告戦略にも力を入れ、日本一の不動産会社に向けて急成長しています。
・東洋経済記事にて「平均年齢が20歳代でいちばん平均年収が高い会社」として取り上げらています。

ヘッドハンター求人

仕事内容

東証一部上場企業グループの同社で事務系総合職として、同社の住まいを契約された顧客へ住まいを引渡しする際の各種手続き事務業務全般や入居者説明会などの運営サポートも担当します。
【具体的な業務】
・マンション/開発の契約関連業務
・住宅ローンに関する各種手続き(金融機関とのやりとりなど)
・物件内覧会・入居者説明会のスケジュール調整・準備など
※お客様や金融機関とのやり取りはありますが、営業活動はありません。
【会社の魅力】
・同社は2013年に東証一部に上場を果たしました。
東証への上場という厳しい監査基準を満たした上での上場であり、就業環境は改善されました。時短勤務の導入や女性活躍推進など社内で様々な取り組みが始まっています。
・年収1,000万円突破率は入社3年目で30%、5年目で60%と圧倒的です。更にチーム一丸となってモチベーション高く達成しようとする社風が強い会社です。平均的な日本の上場企業の成長率が2〜3%と言われる中で、直近6年の成長率30%を記録しており、飛ぶ鳥を落とす勢いで業界1位へと近づいています。
【やりがい】
1.個人の力を最大限評価してもらうことのできる環境です。年に4回の評価審査があるため、年に4回キャリアアップのチャンスがあります。昇格スピードも速く、1年〜3年でマネジメントラインに上がることも珍しくありません。自身の頑張り次第で全面的にバックアップされる環境が整っています。
2.同社では、住まいの紹介→提案・内見・契約→引渡しの一連の流れを、分業体制を整えて対応しています。この最後のフェーズに携わるのが事務系総合職の役割です。身につけられるローンの知識などはほかに変えがきかないもののため、事務として出世・キャリアアップを実現していけます。 書類などの不備なくテキパキと業務を進めることが大切なポジションです。

応募条件

▼求める条件
【必須要件】
・就業経験が2社までの方
※未経験歓迎、事務経験不問です

募集要項

待遇・福利厚生

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、確定拠出年金(401K)、従業員持ち株会、総合福祉団体定期保険、慶弔見舞金、ベルズファミリークラブ、ビックカメラ×オープンハウス社員限定カード、資格取得褒賞金、東京不動産業健康保険組合、健康診断の充実、インフルエンザ予防接種補助、キャリア選択制度、各種表彰制度、社有社宅、マイホーム購入サポート

就業時間

09:30 ~ 19:00

募集職種
募集背景

会社の急成長に合わせ、年々急増する物件の引渡し数に対応していくため、引渡しに関する手続きなどの事務業務を行う総合職の募集を行います。

給与

年収378~500万円

休日休暇

【年間休日数:104日】
シフト制休日(隔週休2日制)、GW休暇(連続5日間)夏季休暇(連続11日)、年末年始休暇(連続14日間)、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、特別休暇

勤務地

東京都

雇用形態

正社員

企業概要

会社名 非公開
業種
  • 不動産・住宅・建材・エクステリア
事業内容

東京23区内の新築戸建仲介トップの実績を誇る東証1部上場企業です。
1.主力製品・サービス
 1)不動産売買の代理・仲介事業
 2)新築戸建分譲事業
 3)マンション開発事業
 4)不動産投資事業
 5)不動産金融事業
2.収益モデル
 個人向けの戸建・マンション・収益不動産の販売による収益
3.強み
 同社は1997年に不動産仲介事業からスタートした「独立系」不動産会社で、
 東京23区など大都市圏を中心に製販一体のビジネスモデルを構築しています。
 堅調な消費動向や東京オリンピックへの期待感もあり今期は更なる売上拡大を予想しています。
 (売上5,000億円を目指しさらに人材への投資とM&Aを含めた事業拡大へと進んでいます。)
 ※子会社のオープンハウス・ディベロップメントが土地・建物を開発し、親会社のオープンハウスが
 販売を行うというビジネスモデルです。
 1)他社に競り負けない「用地仕入れ力」
  業界においてキモとなる「用地を仕入れる」という業務においては、他社より高価格帯で仕入れる、
  決済スピードの早期化(他社であれば、社内稟議に1週間以上かかるものを、同社では2~3日で対応)
  という差別化を打ち出し、用地の仕入れスピードを早めています。
 2)「狭地」の有効活用
  東京23区や他の人口密集エリア(横浜・川崎地区など)においては仕入れる土地の広さに限りがあり、
  通常であれば、他社が活用しにくい狭地も、同社では3階建てという建築方法(活用方法)を用いて
  差別化を図っています。
  ※競合大手は、郊外の分譲住宅(販売区画数が多いのもの)を中心とした販売戦略を取るため、
  この領域においては大手とのバッティングはしません。
 3)安定した「新規物件の供給」
  月間200棟の新規物件を安定供給しており、営業にとっても常に新しい物件を提案することができ、
  顧客接点を持てる機会に恵まれています。

ヘッドハンター名 ベースメントアップス株式会社
本社所在地 〒150-0043

東京都渋谷区渋谷一丁目8番8号

新栄宮益ビル4階

厚生労働大臣許可番号 13-ユ-307735

ページトップへ