【金融系オペレーション】 IT×金融/フィンテックベンチャー

Tranzax株式会社

ファイナンスを、チャンスに! 革新的なIT×金融のプラットフォーム=電子記録債権で企業間の取引を電子金融化するFinTechベンチャーです。 あなたもTranzaxに参加しませんか。

最新のFinTechプラットフォームである電子記録債権を取り扱うことが国から認められているのは当社を含めて5社だけです。他の4社は3メガバンクの子会社と全国銀行協会が運営する会社です。Tranzaxは、唯一の独立系電子記録債権事業者です。
ベンチャーですが、3メガバンクの子会社と同じ資格を有しています。
特別な特許も保有しており、これからの独自のサービス展開にはいろいろな方面から期待が寄せられています。
大手企業との提携も数多く進んでいます。
メディアでも頻繁に取り上げられ、注目度もたいへん高くなっています。

一緒にビジネスを立ち上げて、成功を分かち合いましょう!

仕事内容

【業務詳細】
■電子記録債権の各種入力オペレーション
■お客様からのお問い合わせ対応
■資料作成 など


【仕事のやりがい】
【ポジションの魅力】
これまでにない新しいFintechサービスを提供することで、顧客企業に新しい価値を提供します。日本の金融を変革することにチャレンジできるポジションです。現在最も注目を集めるFintech分野の最先端の業務に携わり、ベンチャーならではの成長を体感できる魅力あるポジションです。
ベンチャーなので、和気あいあいと楽しくクリエイティブに仕事をしていきましょう!

応募条件

▼求める条件
【必須経験】
■金融機関における事務経験
▼歓迎条件
【歓迎経験】
■パワーポイントでの資料作成経験
■コールセンターなどでのお客様問い合わせ対応業務経験
▼求める人物像
【求める人物像】
■積極的で明るい対応ができる方
■勉強意欲の高い方
■自ら問題提起ができ、意欲的に解決策を講じれる方
■社会を変革するような新しい取り組みにチャレンジしたいと考えている方

募集要項

待遇・福利厚生

ビジネス書購入補助(1冊5,000円までのビジネス書は会社費用にて購入可能、尚、書籍の所有者は会社となります)

就業時間

08:50 ~ 17:50

募集職種
募集背景

事業拡大に伴い、人員を増強するため

採用予定人数

3-5人

給与

年収300~560万円

試用期間3か月

休日休暇

アニバーサリー休暇、リフレッシュ休暇(土日を含めて連続9日間を年に1回)

勤務地

本社 東京都 東京都港区虎ノ門1-12-9 スズエ・アンド・スズエビル6F
東京メトロ銀座線虎ノ門駅から徒歩3分、東京メトロ日比谷線霞ヶ関駅から徒歩10分、都営三田線内幸町駅から徒歩10分

雇用形態

正社員

選考プロセス
応募ボタンからご応募ください
  • 1次面接は、代表取締役社長、人事担当、2次面接は、担当役員、所属部署メンバー

Tranzax株式会社が募集しているその他の求人

企業概要

ファイナンスをチャンスに。

Tranzaxは中小企業金融を刷新することを期待された新たなIT金融のインフラ制度です。
近年、金融は高度に発達しましたが、中小企業、ベンチャー企業向けの金融スキームはあまり進歩がありませんでした。弊社は電子記録債権を活用した新たな金融サービスを提供することで、スマートな金融を実現します。
社会性の高い新たなITサービスを一緒に立ちあげませんか。
モチベーションの高い方を待っています。

会社名 Tranzax株式会社
設立 2009年 7月
代表者 代表取締役社長 小倉 隆志
業種
  • コンサルティング・シンクタンク
資本金 1,764,225,000円
従業員数 10人~30人未満
特徴
  • ベンチャー企業
  • 資金調達1億円以上
  • 上場目指す
  • 女性が活躍
事業内容

■電子記録債権に関する事業の企画・運営会社

・電子記録債権に関する調査、研究開発
・電子記録債権に関するコンサルティング
・電子債権記録機関設立のプロモーション
・電子債権記録機関の運営体制の構築、システム設計

本社所在地 〒105-0001
東京都 東京都港区虎ノ門1-12-9 スズエ・アンド・スズエビル6F

代表者紹介

小倉 隆志

小倉 隆志代表取締役社長

1986年4月 一橋大学社会学部卒業後、野村證券株式会社に入社。
2002年6月 株式会社エフエム東京入社
2004年4月 株式会社エフエム東京 執行役員経営企画局長
グループの再編と成長戦略を担当。放送と通信の融合の先鞭を取り、
2004年10月 モバイルIT上場企業ジグノシステムを買収。
2007年4月 株式会社CSK-IS執行役員就任。福岡市ユビキタス特区のデジタル放送実証実験、電子記録債権に関する研究開発に取り組む。
2009年7月 株式会社日本電子記録債権研究所を設立、代表取締役社長に就任。2016年、Tranzax株式会社に社名変更。

Tranzax株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ