データと感性で消費・体験のワクワクを作りだすマーケティングコンサルタント募集中!

株式会社シンクエージェント

消費者の行動心理を考えるのが好き。ネットが好き。買い物が好き。ITテクノロジーが好き。そんなメンバーが集まって小売業全体を盛り上げようとしています。あなたも仲間に入りませんか?

机の上データの分析ばかりで、評論家の様に振る舞う。私たちはこの姿勢を最も嫌っています。

購買データから分かることはあくまで過去でしかなく、今は現場にあり、だからこそ未来は消費者の心理を深くまで読み解くことで見出すことができると思っているからです。

なぜこの数値が出ているのか?本当にそうなのか?そうであるならばなぜなのか?正解はデータを眺めていてもわかりません。データから読み解いた事実を現場に行って自分の目で確かめる。その姿勢がなく、正論をいくら書き連ねても人を動かすことはできません。

私たちはロジックとリアルと感性から得た仮説を元に 企業の消費・購買にフォーカスして双方がより豊かになるための具体的な施策・ソリューションを提供しています。

さらに、伴走者としてコンサルティングするだけにとどまらず、自社サービスとして「SCreen SHOP」を開発しました。ECサイトの利便性とリアル店舗のVMDから得られる衝動の両方を併せ持った次世代小売店舗です。

どうすればもっと買い物がワクワクする体験になるのか、新しい店舗の形で安定して収益化できるのかを考え続けています。

そんな当社は、社員数5名のまだ小さな組織。 旧来の常識やルールにとらわれず、消費者と企業にとって良いと思うことはどんどん取り入れていこうという社風で、上下関係はなく、考えること・仲間と議論することが好きなメンバーが集まっています。 プレイヤーとしての裁量が大きい環境なので、経験がなくても想いや意欲がある方は大歓迎です!

マンパワーに頼ってきた小売・流通業界を、企画とテクノロジーの力で変革する。 正解がない世界だからこそ、一緒に考えていきませんか?

仕事内容

小売業・流通業界を中心に、幅広い業界のクライアントのプロジェクトに調査・企画段階から深く入り込み、次世代の戦略をサポートしながら、クライアントと一緒に企業や商品・サービスを育てていただきます。

【具体的な仕事内容】
■プロジェクトの性格に応じたアウトプット
・マーケティング調査、データ分析
・商品や営業の改革プランの立案
・新規サービスの立ち上げ
・小売業や大規模商業施設のCRM・オムニチャネル戦略、MD開発

プロジェクトによっては、クライアントの内部会議にもファシリテイターとして参加し、社内の改革プロジェクトの支援なども行います。

【主な事業領域】
■ID-POSデータ分析、CRM戦略
■MD戦略
■オムニチャネル戦略
■新規事業企画 など

【プロジェクト例】
■大手通販企業様のECサイトカテゴリ再編成のご支援
■百貨店企業様の食品系通販の購買行動分析、顧客セグメント分析、CRM戦略立案のご支援
■アパレルSPA企業様のバイヤー向けシステム開発のご支援
■位置情報を用いた出店計画のご支援
■新規事業の戦略立案のご支援 など

【この仕事の魅力】
★「戦略を描くこと」「システムを作ること」のどちらもできる、市場価値の高いコンサルタントに成長!
戦略立案とその運用を分業している企業が多い中で、当社はどちらも大事にし、一貫して対応しています。そのため、大手コンサルティングファームと同等のコンサルティングスキルに加えて、新規事業の企画・推進力やIT分野と商品企画分野の橋渡しもできる、クロスファンクショナル(部門横断的)なコンサルティングのノウハウも身に付けることが可能!クライアントの業界・業種も多岐にわたるため、幅広い方面での知見も養えます。

★少数精鋭のフラットな組織体制で、課題解決に専念できる!
当社は社員数10名に満たない小さな組織ですが、クライアントとカスタマーにとって最適な解をみんなで追求しているため、上下関係や余計なしがらみは一切なく、考え議論することに打ち込める環境です。
また、プロジェクトは2~3人で推進するケースが多く、一人あたり3~4プロジェクトを掛け持つこともあるので、特定の上司に付くのではなく、ほとんどの同僚とタッグを組むことができ、視野も広がります。

【仕事のやりがい】
変化の激しい流通小売業のど真ん中で、最新のITテクノロジーの用途開発や、マーケティングシナリオの設計など、事業の核となる領域に関われます。

応募条件

▼求める条件
◆下記のいずれかに該当する方◆
・事業会社にてMD/商品企画経験者
・事業会社にてマーケティング・CRM経験者
・事業会社にて法人向け営業経験者
・事業会社にて経営企画、事業企画、サービス企画などの経験者
・コミュニケーション能力、論理的思考能力、チームワーク力に長けた方
▼歓迎条件
・ECサイトやSNSなどのオンライン事業開発の経験をお持ちの方
・ネットビジネスや業務系システム開発、プロデュース経験をお持ちの方
・コンサルティングファームにてコンサルタントまたはアソシエイトとしての業務経験者
▼求める人物像
・自立心・独立心があり、仕事に対する積極性をお持ちの方
・行動を起こすことを恐れないチャレンジ精神をお持ちの方
・最適解を見つけ出すために考え続けることが好きな方
・業界の常識や前例にとらわれず、柔軟に考えられる姿勢をお持ちの方

募集要項

待遇・福利厚生
就業時間

10:00 ~ 19:00
フレックス制です。

募集職種
募集背景

事業拡大に際して、コンサルタントおよびその候補者(アソシエイト)が不足しているため。

採用予定人数

若干名

給与

年収350~800万円

※経験・年齢等を考慮の上、優遇します。
※年俸制/給与改定年1回(6月)

休日休暇

・各種特別有給休暇(慶弔休暇、介護休暇等)

勤務地

本社 東京都 港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー8F
<アクセス>
東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王駅」から徒歩4分
東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩5分

雇用形態

正社員

選考プロセス
【STEP 1 応募】
応募ボタンからご応募ください
【STEP 2 書類選考】
【STEP 3 面接】
  • 面接は複数回実施予定です。履歴書をなぞるように話をする堅苦しい面接ではなく、お互いの考えや意見がわかるようなディスカッションができればと思っています。
    「少し話を聞いてみたい」という方も、ぜひ一度オフィスに遊びに来てください!

この求人に興味がある人は、こんな求人にも興味があります

もっと見る

株式会社シンクエージェントが募集しているその他の求人

企業概要

会社名 株式会社シンクエージェント
設立 2007年 2月
代表者 代表取締役 樋口 進
業種
  • その他
資本金 40,010,000円
事業内容

・データ分析とビジネス活用
・オムニチャネル・マーケティング戦略
・新ビジネスモデル開発
・小売業販売支援
・MD(商品)戦略とカテゴリマネジメント
・顧客行動マーケティング

本社所在地 〒107-0052
東京都 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー8F

代表者紹介

樋口 進

樋口 進代表取締役

株式会社シンクエージェントが募集しているその他の求人

社員インタビュー

コンサルタント 福島・27歳

「シンクエージェントは、ネットで簡単にモノが売れない時代に、リアル行動履歴と連携して新しい小売りのスタイルを切り拓こうとしている。コンサルは未経験だけど、チャンスがあるなら話を聞いてみたい!」と思い、当社に入社しました。
当社はクライアントとカスタマーにとって、最適な解は何なのかをまっすぐに考えている会社。上下関係もなく、チームになって本質的なことだけを議論している点が、私はとても気に入っています。
今は百貨店や商業施設のディベロッパー、通販業界のお客様に対して、購買データ分析とMD構成計画、オムニチャネル戦略立案、デジタルツール導入検討などのご提案を主に任せてもらっていますが、小売業の新しい取り組みの支援ができることに日々やりがいを感じています。
お買い物は誰にとっても極上の体験であるべきだと考えているので、これからもクライアントとカスタマーが出会う売り場でのコミュニケーションを全力で支援し、「買ってよかった」「出会えてよかった」という体験を少しでも多く創出したいと思います。

社員インタビュー

代表取締役 樋口 進・53歳

戦略を描くだけ。システムを構築するだけ。
それ、本当にお客様のためになりますか?

流通小売企業向けのコンサル畑でキャリアを積んできた代表の樋口。シンクエージェントを立ち上げる時、こんなことを考えていました。我々の業界には2種類の会社がある。上流の戦略を描く会社と、運用する会社。上流の戦略を描く会社は、描くだけで、現場の具体的なところはタッチしない。運用会社は描かれた戦略にしたがって運用をおこなうが、現場のことをわかっていないプランだと愚痴をこぼしがちだ。

結果、現場のモチベーションが上がらず、余計な工数がかかりコストがかさむ。業務が分断されすぎているせいで、責任ややりがいだけでなく、お客様メリットまでも分断されていることに気づく。

描くことと、つくること。この2つがセットで考えられれば、企業と消費者、みんなが満たされる全体プランを描けるはずだ。未来につながる発展的運用ができるはずだ。革新的なことにチャレンジできるはずだ。大きな視野を持ち、お客様のベネフィットを最大化すること。シンクエージェントは「描くことと、つくること」どちらも大事にしている。結果として、お客様の笑顔だけでなく、自分たちのやりがいも増える。

そんな業界をしていく変えていく必要がある。

本質は、これからの時代の生活者がどう生きるべきか?豊かな生活とはいったい何なのか?その価値観にフィットするインフラ、商品、サービス、ライフスタイル、コミュニケーション手段の創出です。
最近の若者はモノを買わなくなったと良く言われますが、それは価値の置き方が単純消費ではなくなったということです。しかし彼らもあまりに多様化した市場の中で、『何を選び取るべきか?』の軸に飢えている気がします。それを供与するために一つの定型的な手法に安住することなく、『豊かさの定義』からやりなおさなければなりません。

ページトップへ