こちらの求人は2018/11/09に掲載が終了しています。

成長を続ける東京カメラ部でソーシャルメディア運用とプロセス改善の仕事をしませんか。国・自治体・大手企業のソーシャルアカウントを運用し、多数のフォトコンテスト事務局も担う東京カメラ部での運用マネージャー

東京カメラ部株式会社

国内外の大手企業や国・地方自治体をクライアントに持つ少数精鋭の実力派集団の中で、確実に力をつけることができます

東京カメラ部株式会社は、大手企業や国・地方自治体のFacebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアアカウントの運営受託サービスが主な事業です。

当社と他運営受託サービス事業者との大きな違いは、単にクライアントアカウントの運営代行を行うだけでなく、当社自らが自社アカウントである審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」をゼロから立ち上げ、設立から2年ほどで日本最大級規模まで成長させている実績とノウハウにあります。

総ファン数370万人超まで成長させた自社アカウント「東京カメラ部」を日々運営していることで、自社アカウント内で様々なトライアンドエラーが可能となり、独自に
1)著名ブランドでなくても、ソーシャルアカウントで多数のファンを集める
2)巨大コミュニティーを円滑に運営する
3)キャンペーンを効果的に運営する
ノウハウを蓄積し、今現在も日々磨き上げ続けています。これにより、海外事例に頼らない最先端のノウハウをクライアントに提供することができます。

また、当社は日本最大級の審査制写真投稿サイトというプラットフォームを運営することで、写真・カメラをこよなく愛する創造力あるコミュニティーと深い関係や、写真好きの20代女性を中心とする感度が高い層とのつながりを構築し、更にはそうした高感度層の写真に対する延べ8億人を超える評価データを築き上げてきました。
これにより、スマートフォン、ソーシャルメディアにおけるプロモーションでは成功の鍵を握る「写真」の有効な選定、拡散を支援することができます。

最先端のソーシャルメディア運営ノウハウと、ソーシャルメディアプロモーションにおけるキーコンテツである「写真」に関する造詣の双方を活かすことで、スマートフォン時代に最適化されたプロモーションを行えるのが当社です。

仕事内容

・FacebookやInstagram、Twitterなどのソーシャルアカウントの運営業務プロセスの分析・改善・設計・管理
・上記運営用に自社開発しているシステムの仕様策定と開発チームとの調整
・各種キャンペーン、イベントの運営管理
・当社主催で年1回行う「東京カメラ部写真展」の運営管理

主要取引先は、家電メーカー、カメラメーカー、航空業界、金融、広告代理店、旅行代理店など多種多様な業界の大手企業、および国・地方自治体です。


【入社してからの流れ】
入社後はOJT研修にて、東京カメラ部の仕事内容を学んで頂きます。社内システムの使い方、ソーシャルアカウントの運営方法を学んで頂き、運営をしていただくとともに、業務見直し・プロセス改善のマネージャーロールをお任せします。

【仕事のやりがい】
小さな会社ですが、大手企業や国・地方自治体のパートナーとして仕事ができます。
急成長分野で論理的思考を求められるため、日々新しい刺激、学びを得ることができます。
新しい提案を歓迎される環境で自分の可能性を試すことができます。

応募条件

▼求める条件
  • プロモーション
・現状の業務プロセスを理解した上で、論理的な思考に基づいてゼロベースからプロセスを見直せる方
・営業チームリーダー、開発チームリーダーを中心と前向きで建設的な議論ができる方
・変化を歓迎し進化を追求できる方
・お客様や同僚と、リアルの場・web上どちらででも円滑な人間関係を築けるコミュニケーション能力がある方
・FacebookやInstagram、Twitterなどのソーシャルメディアを使うことに抵抗がない方
▼歓迎条件
・写真を好きな方
・FacebookやInstagram、Twitterなどのソーシャルメディアを日常的に活用している方
・ワード、パワーポイント、エクセル中級以上のスキルをお持ちの方
▼求める人物像
ソーシャルメディア活用の最先端に関わりたい、変化に富んだ業界でワクワクする仕事がしたい、大手企業クライアントや国・地方自治体が活性化することに寄与したい、業務プロセス改善をリードしたい、とお考えの方の応募をお待ちしています。

募集要項

待遇・福利厚生

・近所手当(会社から2駅以内に住む場合は、月額3万円支給)
・スポーツジム手当(希望者にはゴールドジム会員権を提供)
・ランドセル贈呈式(お子さんが小学校に入学する際に会社からランドセル、またはランドセル相当の商品をプレゼントします)

就業時間

09:00 ~ 18:00

募集職種
募集背景

事業拡大に伴い、戦力を強化するため

採用予定人数

若干名

給与

非公開

※ご経験・能力に応じて決定いたします
※2年目からは、成果が年収に反映されます
※試用期間:6ヵ月間 (雇用条件に変更なし)

休日休暇

※但し、イベント実施日には、交代制で土日に出勤していただく可能性があります

勤務地

本社 東京都 東京都渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビルB棟4F
「明治神宮前駅」より徒歩3分・「原宿駅」より徒歩7分

雇用形態

正社員

選考プロセス
【STEP 1 応募】
応募ボタンからご応募ください
【STEP 2 書類選考】
【STEP 3 1次面接】
マネージャークラスによる面接です。
【STEP 4 最終面接】
役員、社長による面接です。(当日か後日、SPIを受検いただきます)

企業概要

がんばる人、みんなが幸せになれる会社

当社は「結果」だけでなく「努力」も評価しますが、特に評価するのは、「努力を不要にする努力」です。付加価値の最大化を目指して、慣習に流されることなく、倫理と現実と理屈を優先して、常に現状を疑い、新しい取り組みと改善に務め続けているため、若手の活躍の場が豊富な会社です。(社員平均年齢:29.8歳、常勤役員含む全体平均年齢:33.7歳)

また、当社が事業を展開する、ソーシャルメディアマーケティング領域は変化が激しく、新しい学びが常にある環境です。特に当社は自社で運営する東京カメラ部という日本最大級の審査制写真投稿サイトがありますから、多様なチャンレンジが可能です。この運営を通じて得られるノウハウ、ネットワークは、安定的な運営が優先されるお客様のソーシャルアカウントの運営だけでは得にくいソーシャルマーケティング分野で最先端のものとなるため、刺激を求めるタイプの方でも決して飽きることはないでしょう。

さらに、顧客が大手企業宣伝部・広報部、官公庁、大手代理店であることや、代表が夜の会食を好まないこともあって、いわゆる「接待営業」は少なく、女性も安心して営業として活躍しやすい会社です。その結果として、執行役以上の常勤役員男女比率: 5:5という構成となっています。

こうした価値観、環境を好み、実直に、コツコツと、理屈を大切に、チームで仕事が出来る方は、きっと当社で楽しく仕事ができますので、ぜひ応募なさってみてください。

会社名 東京カメラ部株式会社
設立 2007年 1月
代表者 代表取締役 塚崎 秀雄
業種
  • WEB・インターネットサービス
  • イベント・デザイン・印刷・映像・音響
  • その他
資本金 128,525,000円
従業員数 10人~30人未満
特徴
  • ベンチャー企業
  • 売上成長率130%以上
  • 資金調達1億円以上
  • 上場目指す
  • 中途入社者50%以上
  • 女性が活躍
事業内容

■Facebookページ、Instagramアカウント、Twitterアカウント立ち上げ・運用サービス
■地方創生マーケティング支援
■訪日(インバウンド)、海外旅行(アウトバウンド)マーケティング支援
■ブランド、プロダクトマーケティング支援
■ブロガー向け商品モニター・イベントサービス
■フォトコンテストサービス
■コンテンツ生成・写真作品活用サービス
■写真展サービス
■画像管理システム提供サービス

本社所在地 〒150-0001
東京都 渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビルB棟4F
沿革
2007.01 会社設立
2007.06 デジタル家電のクチコミに特化したソーシャルブックマークサービス「みんなのポスト(みんぽす)」オープン
     事業所拡張のため、東京都渋谷区千駄ヶ谷5-29-11ナカニシビル6Fに事業所を移転
2007.09 出井伸之氏が代表をつとめるクオンタムリープ株式会社とコンサルティング契約を締結
2007.10 デジタル家電、及びゲームレビューを書いているブロガー様に、無料での商品貸し出しを正式に開始
     エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社等大手VCからの出資を受け入れ資本金が6,800万円に
2008.03 エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社等大手VCからの出資を受け入れ資本金が1億2,800万円に
2009.02 プライバシーマーク取得
2009.03 モノフェローズ制度運用ポリシーを制定
2011.03 事業所拡張のため、東京都渋谷区千駄ヶ谷4-27-1 神宮外苑ビル3Fに事業所を移転
2012.06 Facebookページ「東京カメラ部」オープン
2013.06 「東京カメラ部2013写真展」を「B1F FORUM GALLERY」にて開催。会期2日間で約1000人が来場
2014.06 「東京カメラ部2014写真展」を「渋谷ヒカリエ」にて開催。会期13日間で約1万7000人が来場
2014.09 事業所拡張のため、東京都渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビル3Fに事業所を移転
2015.06 「東京カメラ部2015写真展」を「渋谷ヒカリエ」にて開催。会期19日間で約6万人が来場
2015.07  Instagramアカウント「東京カメラ部」本格運営開始
2015.08 東京カメラ部とその分室の総ファン数100万人を達成
2016.01 月刊「アサヒカメラ」(2016年2月号)に「東京カメラ部10選2015全作品」が掲載
2016.06 「東京カメラ部2016写真展」を「渋谷ヒカリエ」にて開催。会期4日間で延べ約2.7万人が来場
2016.07 東京カメラ部とその分室の総ファン数200万人を達成
2017.03 社名を東京カメラ部株式会社に変更
2017.05 「東京カメラ部2017写真展」を「渋谷ヒカリエ」にて開催。会期9日間で延べ約4.5万人が来場
2017.10 事業所拡張のため、東京都渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビルB棟 4Fに事業所を移転
2018.04 東京カメラ部とその分室の総ファン数が、370万人を達成
2018.05 日本テレビ「NEWS ZERO」に東京カメラ部2018写真展 in Hikarie登場
2018.05 「東京カメラ部2018写真展」を「渋谷ヒカリエ」にて開催。会期10日間で延べ約5.9万人が来場
2018.06 環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結

代表者紹介

塚崎 秀雄

塚崎 秀雄代表取締役

東京証券取引所、A.T. カーニー(戦略コンサルタント)、ソニー(商品企画統括)を経て、2007年に現東京カメラ部株式会社を起業。
カリフォルニア大学バークレー校経営大学院卒(ハーススクールMBA’98)

東京カメラ部株式会社が募集しているその他の求人

キャリトレはレコメンド機能であなたにぴったりの求人を提案する転職サイトです。

ページトップへ