ビッグデータ分析基盤エンジニア

ソフトバンクグループのIT戦略会社(株式会社ウィンスリー)

ヘッドハンター求人

仕事内容

■職務内容の概要
・顧客向けの分析基盤プロジェクトの提案や導入、当社サービスの
 ビッグデータ分析基盤の開発を担当いただきます。
■具体的な職務内容
・データ基盤に関する全体設計
 対象データの性質やユーザーの利用用途をヒアリングし、
 最適なデータ基盤構成を設計する
・データ最適化
 顧客データを活用するために、ETLツールなどを用いてデータの
 最適化変換を行う

【この仕事の魅力】
・最新のテクノロジーをフル活用したご提案など、ご自身が最適だと思える
 環境を設計、実証し、お客様にご提案できる環境が整っています。
・会社で今最も注力しているソリューションの1つですので、新事業立ち上げ
 のような面白みと、勢い、スピード感を日々感じることができます。
・事業の成長や、自身の仕事の貢献度を肌で体感しながら、自分なりの
 考えとアイディアで勝負ができる点は、非常に大きなやりがいになります。
・新しいこと難しいことへどんどんチャレンジできる環境があります。

応募条件

▼求める条件
・テーブル設計からSQL開発経験が3年以上ある方。
・talend、商用ETLツールなどを用いてデータ変換やデータ最適化作業を
 行った経験がある方。

・データ基盤および関連ミドルウェアの経験
 (fluentD Hadoop/Spark ElasticSearch Kafka etc)
・NoSQLデータベースの経験(SQL Oracle MongoDB Cassandra etc)
・パブリッククラウドサービスの経験(Azure AWS)
・アプリケーションの経験(Pyshon C# Ruby etc)
・提案資料作成とプレゼン経験
・Microsoft Azure上での開発経験
 (Visual Studio を用いた開発経験 etc)
・プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダー経験
【人物像】
・新しいこと、困難なことに意欲的にチャレンジできる方。
・自ら手を動かし、また社内他部門・外部パートナーと連携するなどをして
 アイディアを形にできる方。
・お客様と深いリレーションを構築できるコミュニケーション能力をお持ちの方

募集要項

募集職種
給与

年収500~800万円

勤務地

東京都

選考プロセス
応募ボタンからご応募ください

企業概要

会社名 ソフトバンクグループのIT戦略会社
業種
  • WEB・インターネットサービス
事業内容

設立:1990年
所在地:東京都新宿区
事業内容:
・データアナリティクス
・ECサービス
・セキュリティソリューション
・ITインフラソリューション
・クラウドソリューション
・システムインテグレーション

ヘッドハンター名 株式会社ウィンスリー
設立 2012年 11月
代表者 代表取締役 黒瀬 雄一郎
資本金 5,000,000円
従業員数 10人未満
本社所在地 〒106-0032

港区六本木4-8-7

六本木三河台ビル5階

厚生労働大臣許可番号 13-ユ-305810
特色・得意分野など 株式会社ウィンスリーは、デジタルマーケティング業界・広告業界に完全に特化した人材エージェントです。
小職、並びにメンバーも同業界にて長年従事してきています。

小職は、電通系のデジタル系広告代理店を立ち上げ、10年近く営業まわりの統括を行なってきました。
その後2011年に、デジタル系広告代理店、コンサルティング会社 株式会社ウィンスリーマーケティングを立ち上げています。

長年の同業界での圧倒的な知見と経験値、人脈は他の人材コンサルタントにはない強みだと思っています。

案件もクローズド案件、やトップから直接もらうものも多く、マッチする候補者ですと、書類はミスマッチ無くパスでき、面接も1回〜2回で終了するものが多いです。

同業界にてご活躍されてきた方に対して、圧倒的なサポートができるエージェントを目指して日々精進しています。

【ご紹介クライアント事例】
・電通、博報堂グループ正社員案件
・ADK、東急エージェンシー、読売広告社、朝日広告社 他総合広告代理店案件
・大手外資系広告代理店(Ogilvy、ビーコン、JWT、アヴァス、ワンダーマン他)
・大手デジタル系 制作会社(IMJ、ネットイヤー、スパイスボックス他)
・大手PR会社(電通PR、ベクトル、トレンダーズ、インテグレート、ビルコム他)
・コンサルファーム デジタル部門(アクセンチュアデジタル、デロイトデジタル他)
・リクルートグループ
・IPO前スタートアップ企業(ストックオプション付与)
・外資系アドテク カントリーマネージャー事案


以上何卒よろしくお願いいたします。

ページトップへ