【使用技術も柔軟に選択】成長を続ける東京カメラ部。フルスタックで自社サービスを開発するWebエンジニア募集!

東京カメラ部株式会社

国内外の大手企業や国・地方自治体をクライアントに持つ少数精鋭の実力派集団の中で、会社の成長と自分の成長を実感できます。

・受託開発は行っていません。
・エンジニアの服装は自由です。
・ベンチャー企業にありがちな徹夜はありません。
・仕事を効率化するシステムや道具には投資を惜しみません。特に、エンジニアは好きな4Kモニター、キーボード、マウスを選べます。
・広めの机とダブルモニター、スペックの高めのPC、好みのマウスやキーボード、椅子はリープチェアといった道具を全社員に提供しています。
・オフィスは主要駅から近いにもかかわらず静かな環境です。周りには美味しいランチスポットが沢山あります。
・台風や公共交通機関の大幅な乱れなどが発生した際には適宜柔軟な出勤体制をとっています。

仕事内容

・日本最大級の審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」を支える、社内向けSNS運営システムの設計、開発、運用
・大手企業、官公庁向けのSNS運営システムの設計、開発、運用
・Webサービスの設計、開発、運用

【仕事の環境】
取締役を含めて15名という少数精鋭主義の会社です。社員には分析や業務の仕組み化などの創意工夫が必要な仕事のみを担当してもらい、単純な工数が必要な仕事は極力外部にお願いをするか社内でシステム化することで、社員一人あたりの付加価値を最大化して、社員の給与・福利厚生面を充実させながらの成長を目指しています。

企業文化としては、「理屈として正しい努力をする人が報われる」ことを重視しています。

「誰が言った」よりも「何を言った」が優先されますし、「結果としてどうなったか」だけでなく「何をした」かを高く評価します。また、結果につながらなくとも理屈として正しい挑戦をしたのであれば評価をされ、たとえ年の途中でも昇格・昇給しており、その結果として、社員平均年齢:29.8歳、全体平均年齢(役員含む):33.7歳、役員男女比率: 5:5という役職員の構成となっています。

また、顧客が大手企業宣伝部・広報部、官公庁、大手代理店であることや、代表が夜の会食を好まないこともあって、いわゆる「接待営業」は少なく、女性も安心して営業として活躍しやすい会社です。

なお、社員の創造性を高めるために必要な投資は積極的に行っています。例えば、近所手当(家賃月額3万円補助)の支給により通勤という付加価値を生み出さない時間の削減や、最新PC環境の整備、披露しにくい椅子の用意など、社員の要望に応じて職場環境を改善し続けています


【仕事のやりがい】
◆自社サービス中心の開発を行います
370万人のファンがいる日本最大級の審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」は自社開発システムにより支えられています。主にこのシステムを社内のメンバーと一緒に開発していただきます。また、東京カメラ部のシステムは自社だけでなく大手企業のソーシャルメディア運営にも活用されています。自分が作ったシステムが、370万人を超える写真愛好家の方々の楽しみを増やしたり、大手企業のプロモーションを成功に導いたりといった大きな成果を実感できる仕事です。

応募条件

▼求める条件
  • プログラミング
  • システム開発
  • SE
  • サーバ
  • SQL
  • システムエンジニア
  • 自社サービス
・Web開発 実務1年以上
・Ruby on Rails もしくは PHP 実務1年以上
▼歓迎条件
Ruby on Rails、PHP、PostgreSQL、Apache、CentOS、AWS等での開発経験がある方は歓迎いたします。
特にプログラミングスキルの高い方は歓迎いたします。
また、画像処理や動画関連の要素技術を持っている方も歓迎いたします。
▼求める人物像
・論理的に物事を考えられ、ユーザや社内の要望をシステム化できるレベルに落とし込むことができる方。
・できない理由ではなく、どうしたらできるようになるかを考えられる方。
・社会人として、きちんと情報共有ができるコミュニケーション能力(主に文章で)を持っている方。
・嘘をつかず、困ったときにはすぐに助けを求められる方。
・人を責めるより、問題を攻めて解決策を模索する方。

募集要項

待遇・福利厚生

・近所手当(会社から2駅以内に住む場合は、月額3万円支給)
・スポーツジム手当(希望者にはゴールドジム会員権を提供)
・ランドセル贈呈式(お子さんが小学校に入学する際に会社からランドセル、またはランドセル相当の商品をプレゼントします)

就業時間

09:00 ~ 18:00

募集職種
募集背景

事業拡大に伴い、戦力を強化するため

採用予定人数

若干名

給与

非公開

※ご経験・能力に応じて決定いたします
※2年目からは、成果が年収に反映されます
※試用期間:6ヵ月間 (雇用条件に変更なし)

休日休暇

※イベント実施日には、交代制で土日に出勤していただく可能性がありますが、ここ数年ではオフィス移転時に1日だけあったくらいの頻度です。

勤務地

本社 東京都 東京都渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビルB棟4F
「明治神宮前駅」より徒歩3分・「原宿駅」より徒歩7分

雇用形態

正社員

選考プロセス
【STEP 1 応募】
応募ボタンからご応募ください
【STEP 2 書類選考】
【STEP 3 面接】
マネージャークラスによる面接です。(面接者・回数は、場合によって変わります。)
【STEP 4 最終面接】
役員、社長による面接です。
  • ※最終面接までに、SPIを受検いただきます。

この求人に興味がある人は、こんな求人にも興味があります

もっと見る

企業概要

がんばる人、みんなが幸せになれる会社

当社は「結果」だけでなく「努力」も評価しますが、特に評価するのは、「努力を不要にする努力」です。付加価値の最大化を目指して、慣習に流されることなく、倫理と現実と理屈を優先して、常に現状を疑い、新しい取り組みと改善に務め続けているため、若手の活躍の場が豊富な会社です。(社員平均年齢:29.8歳、常勤役員含む全体平均年齢:33.7歳)

また、当社が事業を展開する、ソーシャルメディアマーケティング領域は変化が激しく、新しい学びが常にある環境です。特に当社は自社で運営する東京カメラ部という日本最大級の審査制写真投稿サイトがありますから、多様なチャンレンジが可能です。この運営を通じて得られるノウハウ、ネットワークは、安定的な運営が優先されるお客様のソーシャルアカウントの運営だけでは得にくいソーシャルマーケティング分野で最先端のものとなるため、刺激を求めるタイプの方でも決して飽きることはないでしょう。

さらに、顧客が大手企業宣伝部・広報部、官公庁、大手代理店であることや、代表が夜の会食を好まないこともあって、いわゆる「接待営業」は少なく、女性も安心して営業として活躍しやすい会社です。その結果として、執行役以上の常勤役員男女比率: 5:5という構成となっています。

こうした価値観、環境を好み、実直に、コツコツと、理屈を大切に、チームで仕事が出来る方は、きっと当社で楽しく仕事ができますので、ぜひ応募なさってみてください。

会社名 東京カメラ部株式会社
設立 2007年 1月
代表者 代表取締役 塚崎 秀雄
業種
  • WEB・インターネットサービス
  • イベント・デザイン・印刷・映像・音響
  • その他
資本金 128,525,000円
従業員数 10人~30人未満
特徴
  • ベンチャー企業
  • 売上成長率130%以上
  • 資金調達1億円以上
  • 上場目指す
  • 中途入社者50%以上
  • 女性が活躍
事業内容

■Facebookページ、Instagramアカウント、Twitterアカウント立ち上げ・運用サービス
■地方創生マーケティング支援
■訪日(インバウンド)、海外旅行(アウトバウンド)マーケティング支援
■ブランド、プロダクトマーケティング支援
■ブロガー向け商品モニター・イベントサービス
■フォトコンテストサービス
■コンテンツ生成・写真作品活用サービス
■写真展サービス
■画像管理システム提供サービス

本社所在地 〒150-0001
東京都 渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビルB棟4F
沿革
2007.01 会社設立
2007.06 デジタル家電のクチコミに特化したソーシャルブックマークサービス「みんなのポスト(みんぽす)」オープン
     事業所拡張のため、東京都渋谷区千駄ヶ谷5-29-11ナカニシビル6Fに事業所を移転
2007.09 出井伸之氏が代表をつとめるクオンタムリープ株式会社とコンサルティング契約を締結
2007.10 デジタル家電、及びゲームレビューを書いているブロガー様に、無料での商品貸し出しを正式に開始
     エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社等大手VCからの出資を受け入れ資本金が6,800万円に
2008.03 エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社等大手VCからの出資を受け入れ資本金が1億2,800万円に
2009.02 プライバシーマーク取得
2009.03 モノフェローズ制度運用ポリシーを制定
2011.03 事業所拡張のため、東京都渋谷区千駄ヶ谷4-27-1 神宮外苑ビル3Fに事業所を移転
2012.06 Facebookページ「東京カメラ部」オープン
2013.06 「東京カメラ部2013写真展」を「B1F FORUM GALLERY」にて開催。会期2日間で約1000人が来場
2014.06 「東京カメラ部2014写真展」を「渋谷ヒカリエ」にて開催。会期13日間で約1万7000人が来場
2014.09 事業所拡張のため、東京都渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビル3Fに事業所を移転
2015.06 「東京カメラ部2015写真展」を「渋谷ヒカリエ」にて開催。会期19日間で約6万人が来場
2015.07  Instagramアカウント「東京カメラ部」本格運営開始
2015.08 東京カメラ部とその分室の総ファン数100万人を達成
2016.01 月刊「アサヒカメラ」(2016年2月号)に「東京カメラ部10選2015全作品」が掲載
2016.06 「東京カメラ部2016写真展」を「渋谷ヒカリエ」にて開催。会期4日間で延べ約2.7万人が来場
2016.07 東京カメラ部とその分室の総ファン数200万人を達成
2017.03 社名を東京カメラ部株式会社に変更
2017.05 「東京カメラ部2017写真展」を「渋谷ヒカリエ」にて開催。会期9日間で延べ約4.5万人が来場
2017.10 事業所拡張のため、東京都渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビルB棟 4Fに事業所を移転
2018.04 東京カメラ部とその分室の総ファン数が、370万人を達成
2018.05 日本テレビ「NEWS ZERO」に東京カメラ部2018写真展 in Hikarie登場
2018.05 「東京カメラ部2018写真展」を「渋谷ヒカリエ」にて開催。会期10日間で延べ約5.9万人が来場
2018.06 環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結

代表者紹介

塚崎 秀雄

塚崎 秀雄代表取締役

東京証券取引所、A.T. カーニー(戦略コンサルタント)、ソニー(商品企画統括)を経て、2007年に現東京カメラ部株式会社を起業。
カリフォルニア大学バークレー校経営大学院卒(ハーススクールMBA’98)

東京カメラ部株式会社が募集しているその他の求人

ページトップへ