【ヘルスケア政策・事業開発コンサルタント】クライアントは国や自治体、ヘルスケア関連企業◆地域医療の推進や介護分野のIoTなど、安心して暮らせる社会づくりの一端を担えるやりがいある仕事です!

株式会社メディヴァ

社会問題に対し革新的な取組みを行える土壌がある当社。2000年より数多くの改革に挑み、ハーバード大学をはじめとする多くの機関から表彰されています。日本国内だけではなく海外からも注目されている企業です。

メディヴァは「患者視点の医療改革」を理念に掲げ、
2000年にマッキンゼー出身のコンサルタントと医師が設立した会社です。

医療のあるべき姿を実現するために、パイロットとなる医療機関や
介護施設を立上げ、ハンズオンで現場マネジメントも行ってきました。
創業から17年で社員150名。私たちが目指す社会の実現のために更に、
社会課題に対する事業創造を担っていく仲間が必要だと考えています。

今回募集するヘルスケア政策や事業開発に取り組むコンサルタントは、
国や自治体に向けての政策立案やそのための調査分析を行っています。
他にも、ヘルスケアに新規参入する企業や、これから在宅医療の分野に取組む
医療法人に対し、患者や医療従事者の視点からマーケティング等により、
戦略策定や実行支援を行っています。

この案件に携わるチームには、医師、看護師、理学療法士などの医療資格を持つ
メンバーや、外資系コンサル、厚労省、金融機関、IT等の多様なバックグランドを
持つ20~40代のメンバーが集まっています。
多様な価値観や経験が融合することで、新しい価値の創造につながるものだと
考えています。

ますます高まるクライアントニーズに応えるべく、新しい人材を増強して、
更に数多くの多様な課題解決と変革に取り組んでいきたいと考えています。

私たちと一緒に、ビジネスの力で
医療改革をおこし日本が抱える社会問題を解決していきませんか。
明るい未来を創っていきましょう!

仕事内容

・国や自治体、ヘルスケア関連団体の
  政策立案に関連する調査やコンサルティング
・主に事業開発テーマを中心とした
  企業向けの調査やコンサルティング
・上記に関する
「調査、分析、ドキュメント策定、プレゼンテーション」

具体的には-

◎国や自治体に向けて、在宅医療や地域包括ケア、
 地域医療の推進、認知症に対応した街づくり、
 介護分野のIoT対応などについて政策立案や、
 検討のベースとなる調査分析を行っています。
 内閣府や厚労省、経産省や千葉県、横浜市など
 がクライアントです。

◎ヘルスケアに新規参入する企業や、在宅分野に
 取組む企業や医療法人に対し、患者や医療従事者
 の視点からマーケティング等により、戦略策定や
 実行支援を行っています。

 近年では、機械メーカーの介護ロボット参入や、
 新しい治療技術の普及戦略策定、医療従事者向けの
 情報サービス等を手掛けています。

取組む案件は難易度が高い内容のものもありますが、
一人ひとりのメンバーは自分達が取組んだことで
社会がよくなっていく醍醐味を感じています。

【仕事のやりがい】
・常に実戦的に考え、実行する中で身に付く、高い総合力
・試行錯誤しながら走り、問題があればそこを改善していく
 スピード感ある職場
・経営陣と社員との距離がとても近くフラットで、
 一社員の裁量が大きい、働き方の自由度も高い環境

~ 改革を完遂する力が養える仕事です! ~

当社の特徴は、常に目的とする成果を出すために
「自分の頭で考える」ことを求めています。

そのためには慣習や前例に固執せず本質を見極め、
具体的プランに落としこみ、失敗や障害から逃げずに
実行と検証を繰り返すことが必要です。

世の中の諸問題を解決したい気概がある方、
早く成長したいお気持ちがある方、
ご応募をお待ちしております。

応募条件

▼求める条件
1. 医療介護業界を問わず、コンサルティングファームや
   調査会社等で、調査分析報告を3年以上経験された方
2. 国や自治体で医療・介護分野の政策立案・実行に
   3年以上の経験をお持ちの方
3. ヘルスケア関連業界の企業で、経営企画ないし
   事業企画を3年以上、経験された方
<1~3のいずれかは必須です>
▼歓迎条件
◎プロジェクトマネジメントの経験を有する方、
  特に歓迎いたします。
◎調査プロジェクトを主体的に
  設計・運営するスキルをお持ちの方も歓迎します。
(調査票設計や分析、ドキュメンテーション等)
▼求める人物像
◎ヘルスケアの分野に強い興味をお持ちの方
◎今後、新しい価値の創造に向けて取り組んでいきたい志をお持ちの方
◎論理的な思考力とコミュニケーション力
◎ExcelないしSPSSのスキル、及び定量的な思考力
◎高い成長意欲と学習意欲をお持ちの方

▼実績・受賞歴の紹介
◎メディヴァとしての実績
 ■2001年度「グッドデザイン賞」
 ■2007年度第1回「ハイサービス⽇本300選」
 ■Japan Venture Awards 2010 中⼩企業庁⻑官表彰
 ■⽇経ソーシャルイニシアチブ⼤賞ファイナリストに選出
 ■経済産業省が推進する2018年
 「健康経営優良法人(ホワイト500)」に選定

◎代表⼤⽯としての実績
 ■⽇経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2007
 ■ハーバード・ビジネス・クラブ・オブ・ジャパン
  Business Stateswoman of the Year2014

大石は先日、落合陽一氏・小泉進次郎氏の共同企画
『平成最後の夏期講習(社会科編) -
  人生100年時代の社会保障とPoliTech』
(ニコニコ生放送)に出演。
8月1日にはその動画がYoutubeに公開されました。

大石は「人生100年の幸せな老後」について講義をし、
その後「高齢者が最期まで可能な限り自立して、
社会参加しながら、幸せに過ごすにはどうすれば良いのか?」
をテーマとしたグループ・ディスカッションに、
チームファシリテーターとして参加しました。

▼メディヴァを知るには?
医療機関、行政、企業、介護施設をクライアントに、
国内、そして世界で事業を展開している当社。
ホームページでは様々な取組みの紹介、
代表大石やコンサルタントのブログを掲載しています。
人事ブログは、「会社の様⼦を知るのにすごく役⽴った」
とよく⾔っていただけます。ぜひご覧ください。

募集要項

待遇・福利厚生

※交通費:上限4万円/月

就業時間

09:30 ~ 18:30
フレックスタイム制
クライアントの勤務形態によって調整が必要な事があります

募集職種
募集背景

クライアントニーズの高まりと事業拡充による増員募集です

採用予定人数

若干名

給与

年収430~800万円

年俸制 360万円~660万円+賞与年2回

休日休暇

5年、10年勤続表彰制度

メディヴァは、2017年より健康経営に取り組んでいます。
それに沿った範囲内での働き方を推奨しており、社員の健康を重視しています。
2018年には、経済産業省が推進する「健康経営優良法人(ホワイト500)」に選定されました。

勤務地

本社 東京都 東京都世田谷区用賀2-32-18 グレース用賀301
東急田園都市線「用賀」駅より徒歩3分

雇用形態

正社員

選考プロセス
【STEP 1 応募】
応募ボタンからご応募ください
【STEP 2 書類選考】
【STEP 3 1次面接】
弊社コンサルタントとお会い頂きます。遠方の方はSkypeやお電話等で対応可能です。
【STEP 4 2次面接】
人事責任者がお会い致します
【STEP 5 3次面接】
事業部マネージャーや役員がお会い致します
  • 場合により、スカイプ面接や2つの面接を同日設定するなど柔軟に対応致します。

株式会社メディヴァが募集しているその他の求人

企業概要

『医療界に革新を 新しい創造を 』

会社名 株式会社メディヴァ
設立 2000年 6月
代表者 代表取締役社長 大石 佳能子
業種
  • コンサルティング・シンクタンク
  • その他
  • その他
資本金 158,000,000円
従業員数 100~300人未満
特徴
  • ベンチャー企業
  • 中途入社者50%以上
  • 女性が活躍
  • グローバル展開中
事業内容

メディヴァは、トータル・ヘルスケア・コンサルティング&オペレーション・カンパニー (Total Healthcare Consulting & Operation Company)です。
病院やクリニックをはじめとした医療機関、介護施設、行政、企業をクライアントに、国内、そして世界で、事業展開しています。開業、経営支援から、ヘルスケア事業を手掛ける企業の戦略立案、事業サポート、地域・自治体モデルの構築まで、多様な業務をコンサルタントがサポートします。
2018年には、経済産業省が推進する「健康経営優良法人(ホワイト500)」に選定されました。

本社所在地 〒158-0097
東京都 東京都世田谷区用賀2-32-18 グレース用賀301

株式会社メディヴァが募集しているその他の求人

社員インタビュー

メディヴァの仕事に対する考え方を表す言葉の一つに『無人島に街を創る』というものがあります。

用意された場の中で、誰かに何かを言われて動くのではなく、自らが新しい領域を切り開いていこうという考え方を表しています。その言葉の通り、メディヴァの仕事の面白さの一つに、その気になれば自分で仕事を創り出しそれに携わっていけるという事があると思います。

私は元々“女性医療”や“医療の海外展開”といったことに興味があったのですが今はまさにその分野を自分のフィールドにできています。勿論新しいことに挑戦するには苦労がありますが、メディヴァには苦労があっても何処からともなく助けてくれる仲間も沢山います。患者視点でこれまでにない新しい価値づくりにどんどんトライしていける。それを皆で支え合う。そんな前向きな雰囲気がメディヴァにはあります。

ページトップへ